出典:MBSラジオ

7月29日にMBSラジオが一時放送停止したことが話題になっています。

ラジオが一時放送停止になるとはかなり珍しい出来事ですが、原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

MBSラジオで一時放送停止する事態に

毎日放送(大阪市北区)は29日、アンテナに雷が落ち、近畿地方の大半で午前3時半ごろから午前6時10分までAM放送が停止した、と発表した。落雷による放送停止は同社が1951年にラジオ放送を開始して以来初めて。記録に残る放送停止は、2010年3月の人為的なミスによる約1分9秒のみだという。

同社によると、本社から予備の送信器を使用して代替放送したが、AM電波は大阪市内と北摂地域周辺にしか届かなかったという。兵庫県内をはじめ放送エリアである近畿地方の大半で「聞こえていないと思われる」と説明する。

大阪府高石市の高石送信所にある高さ144メートルのアンテナに雷が落ち、送信塔の真下にある絶縁パネルがショートしたといい、同社は落雷を放電する仕組みが機能しなかった原因を調べている。

引用:神戸新聞

スポンサーリンク

過去に一時放送停止になったことは?

過去にMBSラジオが一時放送停止になったことは記事にもあるように、2010年3月に起こった1分10秒ほどの停止だけだといいます。

たしかにラジオは緊急時にも聞けるように、災害時でも放送ができるようにされているものであります。

それが、雷の影響で一時放送停止してしまうとなると、原因は機器のなんらかの不具合だったのかもしれません。

2時間もの間放送停止になったこともかなり稀であり、避雷針などの設置があったのか気になるところです。

また完全に聞けなかったわけではなく、FMやインターネットラジオでは聞けたようです。

また、ここ最近の度重なる猛暑と大雨で、人間の体だけでなく機械にも不具合が出てもおかしくないですよね。

近代化してからは人間もそうですが、機械も経験したことない暑さですからね。

スポンサーリンク

MBSラジオについて

【本社】:大阪府大阪市北区茶屋町

【中継局】:生駒FM補完中継局

【開局日】:1951年9月1日

【放送種別】:;AMラジオ

出典:http://www.blue-style.com

ネット上の反応

▶ラジオでは聴けないけど、ラジコだと聴けるパターンか

 

▶へぇー髙石に送信所があるんだ。生駒かと思っていたよ。

 

▶土曜の夜の浜村淳は、ラジオ大阪のサタデーバチョンだろ

 

▶AMの送信所は通常平地に作る。山だと
電波飛びすぎて混信の原因になるし。

▶避雷針って役に立たないんだな

 

▶送信所の基盤が火でも噴いたんかな

 

▶MBSとABCは枚方市のあたりは微妙にノイズのって聞きづらかった。京都にも中継送信所があったはずだが。

▶聴取者からクレームが無かったのなら、誰も聞いてないか放送が無くても支障がなかったのだろう。
それにしても、放送局のある地域に避難勧告が出たらどうするんだろうな。避難しないのだろうか。

 

▶こんなの放送免許取り消しになるんじゃないの

 

▶ラジオじゃなくてテレビ局の方に落ちて欲しかったと思っているのは当方だけではないはず

▶避雷針つけてなかったのか
コスト削減したのか

 

▶2時間半もの放送事故ってなかなか無いよな

送信塔なんて避雷針みたいなものだから雷落ちるのは想定内なはずじゃないのか?

 

▶ショートして2時間半で再開できたのか?
2時間半で取り換えできたのか
それともスペアの設置機器にスイッチしたのか

 

▶2時間も停止したなら廃局にしろよ
誰も困らない

 

▶MBSなんて停波になっても
誰も関心示さないだろ

 

▶民放ラジオなんか、そのまんま停波で良いんじゃないか。番組中にも健康食品の通販やってて、CMか番組か分かんない状況なんだよね

 

▶台風だと雷は無いイメージだけど、
つか放送局が雷で停波とか、ハァ

最後まで読んでいただきありがとうございます。