出典:JNN

埼玉県川口市、東本郷の市道で自転車に乗った女性をひき逃げしたとして、小学校教頭・田中嘉明(たなか よしあき)容疑者(54歳)を逮捕しました。

自転車の女性をひき逃げした動機や顔画像,Facebookはあるのか?

結婚した嫁や子供はいるのか?教頭を務める小学校はどこなのか書いてきましょう。

スポンサーリンク

事件の詳細

乗用車で自転車の女性をはねて死亡させたとして、埼玉県警武南署は29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、同県川口市立本町小学校教頭の田中嘉明容疑者(54)=同県草加市長栄=を逮捕した。

「飲酒して運転していた。物に少し当たった程度の事故だと思っていた」と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は28日午前2時20分ごろ、川口市東本郷の市道で普通乗用車を運転中、自転車に乗っていたフィリピン国籍の飲食店従業員イトウ・ジョセフィン・ラメダさん(56)=川口市大竹=と衝突して死亡させ、救護せずに逃げた疑い。

同署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。田中容疑者が、前方の車道を走っていたラメダさんの自転車に追突したとみて調べている。ラメダさんは仕事を終えて帰宅途中だったとみられる。

引用:時事通信社

出典:JNN

スポンサーリンク

田中嘉明について

出典:TBS NEWS

【名前】:田中嘉明(たなか よしあき)

【年齢】:54歳

【住所】:埼玉県草加市長栄1丁目

【職業】:小学校教頭

【容疑】:自動車を運転中、自転車の女性と衝突し死亡させた疑い

【供述】:容疑を一部否認

自転車に乗っていたフィリピン国籍の飲食店従業員・イトウ・ジョセフィン・ラメダさんと衝突し死亡させたうえ、ひき逃げした田中嘉明容疑者。

自身が起こした事故にもかかわらず、救護せずにイトウさんを死亡させた、非常に悪質なものであります。

スポンサーリンク

事故の原因について

警察の調べに対して田中嘉明容疑者は

「飲酒して運転していた。物に少し当たった程度の事故だと思っていた」

と供述しております。

まず、飲酒しての運転はここ10年ほどで厳罰化されており、交通法違反の中でも非常に悪質な部類に入るものである。

さらに、事故を起こして物に少し当たっただけなどと供述し、救えた可能性もあった命を落とすことになったイトウさん。

しかもそんな事件を起こした人物が小学校の教頭だということも、ショッキングな出来事である。

スポンサーリンク

顔画像やFacebook

田中嘉明容疑者の顔画像やFacebookはネット上で特定されているのか調べてみた。

休日にもかかわらず、各報道機関で報じられている事件だが、顔画像については公開されていないようだ。

 

また、同様にFacebookやツイッター・インスタなどのSNSアカウントの有無について調べてみた。

すると、同姓同名のアカウントはあるのだが、住所や年齢、職業などの情報が欠けているものが多く、犯人のものだと特定するには至っていない。

今後、田中嘉明容疑者の顔画像やSNSの特定などされた場合、情報を追記していきたい。

どこの小学校?

小学校の教頭だと報じられている田中嘉明容疑者は、どこの小学校に勤務しているのだろうか?

調べてみると「埼玉県川口市立本町小学校」の教頭を務めていることが分かった。

出典:相和技術研究所

この学校には公式ホームページがあるのだが、教員の顔写真などはないようだ。

この学校が設立されたのは1873年と歴史の長い学校。

東北本線「川口駅」の近くにあるなど立地はかなりいいようだ。

この学校の口コミを見てみると

出典:https://www.minkou.jp

総合評価は4.11点と悪くない評価である。

またこの学校の情報をまとめてみると

  • 埼玉県で一番のマンモス校
  • 教育に力が入っている小学校
  • ルールが厳しい
  • 地域の代表校
  • 校舎が新しくてきれい

などの口コミ情報があった。

口コミを見渡した感じだと、特に悪い評判はなかったのだが、今回の田中嘉明の逮捕で、学校のイメージも悪いものになってしまうのではないだろうか。

嫁や子供の情報は?

田中嘉明には嫁や子供がいるのだろうか?

調べてみたが、SNSなどの特定が出来ていないため、結婚しているという情報は入っていない。

だが、年齢的には妻やかなり大きい子供がいてもおかしくない年齢だ。

事件現場について

今回の事件現場は「埼玉県川口市の市道」と報じられている。

教育者の犯罪

知っての通り田中嘉明容疑者は、子供たちに勉強や生活の様々な知識を教える教員という立場の人間だ。

当然、悪いことをしてはならないという教えは子供にするものであり、破った場合には叱るなどのしつけが必要なものだ。

しかしながら、教員・を束ねる立場である教頭にも関わらず、飲酒運転しひき逃げまでするなど教育者として言語道断だ。

この年齢まで教員として頑張ってきたのだとは思うが、そのすべてを0にどころか、大きなマイナスにするような今回の事件。

このような教員に子供が教わりたいとは当然ながら思わず、親としてもそれは同じだろう。

本当にありえない事件であり、救護していたら救えた命だったかもしれないと考えると、この男には相当な厳罰が与えられて当然である。

ネット上の反応

▶ 逃げ得は許さない。

 

▶子供の手本にならないといけない立場の人が何やってんだか

 

▶飲酒運転は懲役10年以上、ひき逃げは懲役20年以上とかに罰則強化すべきだ。

▶逃げ得は許されない

 

▶そんな言い訳が通じると思ったの?

 

▶子どもらにどう説明するんだ?
たとえかすり傷と思えても、逃げたらアウト。
子どもらにはきっちりと隠すことなく伝えて、しっかりと反面教師となってほしい。

 

▶飲酒してひき逃げ死亡事故か。ダメだこりゃ。

 

▶いくら酔っていたとはいえ本当に罪の意識があるなら、その場で降りて状況を確認するはず。
いろんな意味で逃げたのだろう。

 

▶逃げなかったら命は助かったかも
懲戒免職だろうが、そういう判断くらい最後につけて欲しかった
ましてや教師なら

 

▶仮に物に当たっても止まるだろう。
飲酒運転の可能性が高いので徹底的に追求してほしい。さらなる飲酒ひき逃げの厳罰化を希望します。

 

▶この二人の年齢が近いところが気になるところ
比較的近所に住んでいたわけだろう
本当に接点はなかったのか
酔っ払い運転に見せかけた殺人、という線は本当にないのか

 

▶ものに当たっただけならいいんですか?
じゃあ石でもぶつけてやりましょうか?
普通見ますよね?

 

▶教員らしからぬ行為逃げたのは拙かったね~
今まで築いた信用も仕事も退職金も全てがパー…

最後まで読んでいただきありがとうございます。