出典:文春オンライン

バドミントンの桃田賢斗選手が、試合中に見せた好マナーが話題になっています。

男子シングルスで3年ぶり出場の桃田賢斗(23=NTT東日本)が、格下のウクライナ選手を2-0で下し、好発進しました。

その試合の中での好マナーがネット上でも話題になっております。

スポンサーリンク

桃田賢斗の好マナーが話題に

男子シングルスで3年ぶり出場の桃田賢斗(23=NTT東日本)が、格下のウクライナ選手を2-0で下し、好発進した。コートやショットの感触を確かめるだけでなく、相手側に落ちた球を拾うなど好マナーを披露。3年前よりひとまわり成長した姿で、日本男子初の頂点を狙う。

引用:日刊スポーツ

 

目の肥えた中国ファンは対戦相手が得点する度に温かい歓声を送った。それだけ力量差があっても桃田は力を抜かない。序盤に鋭いスマッシュなどで7連続得点するとリードを保ち、41分で勝利。あっさりとした初戦突破でも「緊張したが、最後は自分らしく楽しみながらプレーできてよかった」と喜びがあふれた。

銅メダルの15年大会以来3年ぶりの大舞台。試合後の行為に成長と余裕が表れていた。小さくガッツポーズをしてあいさつを済ませると、何かに気付き相手コートへ。自分が放ったウイニングショットの球を拾い、審判へと届けた。誰にアピールするわけでもない、ささやかなマナーだった。

引用:日刊スポーツ

 

違法賭博による無期限の出場停止処分が解け実戦復帰した17年5月。勝てばいい、とだけ思っていた過去の自分の言動を振り返り、丁寧におじぎすることで有名な奥原希望の「コートでのふるまいを見習いたい」と口にした。処分期間中、所属先の会社で働き、各地で子供たちに教えて学んだのは、多くの人に支えられ、応援してもらって初めて競技ができていたこと。何でもない球拾いに、その心の成長が詰まっていた。

中西コーチも、そんな桃田を「心も体も余裕があったのだと思います」と評した。この日はあえてギリギリのラインを狙うなどし、試合感覚を確かめた。「最後の最後、紙一重。それがインになるかアウトになるかで試合を左右する。そこをつかもうと思った」。見つめるのは、先に待つ強豪との激しい戦い。優勝候補として世界中のメディアから質問を受け「注目は期待の表れ。それを力に変えられるように」とうれしそうに話した。

引用:日刊スポーツ

スポンサーリンク

違法賭博が発覚した過去

桃田賢斗選手はバドミントンで世界ランク1位になりながら、東京都内での違法賭博が発覚し2016年のリオオリンピックへの出場を取り消されています。

出典:時事通信社

違法カジノ店での賭博行為をしたことに関し、記者会見で沈痛な面持ちを見せるバドミントン男子の桃田賢斗=2016年4月8日午後、東京都千代田区

バドミントン男子でリオデジャネイロ五輪でのメダル獲得が期待されていた桃田賢斗(21)=NTT東日本=と所属先の先輩の田児賢一(26)両選手が8日、東京都内で記者会見し、ともに違法カジノでの賭博を認めた上で、桃田選手は「リオ五輪がほぼ確定している中で、みんなの期待を裏切ってしまい申し訳ない気持ち」と謝罪した。

引用:時事通信社

この事件が発覚すると世間から大きなバッシングがあった桃田賢斗選手でした。

もともと若さからなのか、その素行の悪さが問題視されていた人物で試合でのマナーも決していい選手ではなかったのです。

ですが、今回の相手側に落ちたシャトルを拾う姿は心の成長とともに、余裕が感じ取れるものです。

やってしまったことは決して許されるものではありませんが、違法賭博事件が桃田賢斗選手を大きく成長させたのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶色々あったけど
結果を出せて良かった!
世界が注目してる選手です
応援しています

 

▶心技体、すべてが備わった選手になりましたね。
内面の輝きが表情にも出ていると感じます。
多くの人の応援をより一層の力に変えて頑張ってほしいです。

 

▶イメージは拭えないかもしれないが、このような積み重ねが大事

 

▶あのまま、リオに出て、メダルとか取ってしまってたら、もっと天狗で嫌な選手になってたのかも。
そういう意味では、あの経験は彼にとって、良かったのかもしれない。

 

▶自業自得とはいえアレで腐らずここまで戻ってきたのは立派だと思う。

 

▶回り道だったかもしれないが成長できていれば
いいんじゃないかい?

 

▶本人も問題起こす前の世界ランキング2位の時の自分と、今の自分が勝負したら、今の自分が必ず勝つと断言していましたね。

一体どれほどの努力をしてきたんだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。