出典:産経ニュース

連日報道番組を騒がせている日本ボクシング連盟の山根明会長の悪事の数々。

報道の中には息子についても、不正にボクシング関係の重要なポストに就いているなどの事実が公表され、「親の七光り」「バカ息子」「こいつも同罪」などの批判の声が噴出しています。

スポンサーリンク

ボクシング協会が333人に告発される

 日本ボクシング連盟に対し、都道府県連盟の幹部や元選手ら関係者333人がスポーツ庁や日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会などに郵送で提出した告発状に、日本連盟が都道府県連盟に負担を指示している「オリンピック基金」など不透明な財務管理が複数指摘されていることが7月31日、明らかになった。告発文を提出した「日本ボクシングを再興する会」では、同基金は収支決算報告に記載がなく、使途が不明であるとしている。

日本連盟が17年に設立した「オリンピック基金」は各都道府県連盟、理事、専門委員、企業などに2017年度から毎年各10万円(企業は10万円、30万円)を負担するように指示したもの。発足時の文書によると、その目的は「世界のボクシング情報を収集し、その分析を図る。ならびに世界連盟との連絡および調整に努める」とされている。17年4月1日から東京五輪が行われる20年3月31日まで、計2000万円を目標にスタートした。

引用:デイリー

 

 あくまで任意参加の基金ではあるが、告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」のメンバーの一人は「実際に払っている人はいる」と言い、今回の告発に際しては「収支決算報告に記載がない基金。実質的な裏金づくりなので、証言できる人が少なかった」と説明する。数人の関係者から得た口座への振り込み控えを、証拠として告発文に添付したという。

助成金の不正流用が指摘された日本連盟だが、告発文では山根明会長の親族が関わるとされる試合用グローブの不透明な独占販売や、コーチに一度渡された遠征の手当ての一部が徴集されるような金銭問題が複数指摘されている。

今回の基金を運営する「オリンピック基金委員会」の委員も同会長の推薦を得た者のみで構成され、基金の使用方針は委員会で決定するとされている。「再興する会」のメンバーは「集めた金が、いくらあってどのように使われているのかわからない」とコメントしている。

引用:デイリー

スポンサーリンク

山根明会長は入院か?

この問題を受けて渦中の山根明会長が入院するという報道が出ています。

告発を受けた連盟の山根明会長は、1日から岐阜県で行われるインターハイに出席する予定だったが、連盟の関係者によると、以前から予約していた大阪府内の病院に入院したため、大会には出席しないという。

引用:日テレNEWS

権力者が不祥事などで都合が悪くなると入院することは、国民の大半が分かっていることであり、今回もその例に漏れないのではないかと見られています。

これだけの助成金の不正流用や、試合の判定への不正な介入、パワハラというよりも恫喝のような告発内容ですから、すでに説明責任だけでは済まないものになっている事態であります。

にも関わらず、記者会見などで謝罪などすら行わず入院するというのは、このまま辞職して逃亡を図ろうとしているのでしょうか。

本当に都合のいいやり方であり、フェアプレーが求められるボクシングのトップが最もフェアプレーをしないという皮肉な結果になりそうです。

スポンサーリンク

息子の渦中の人に

そんな中、連日報道では山根明会長の息子についても報道されています。

というのも、山根明会長の独裁政権の中で息子がボクシング関係の組織での重要なポストを与えられているのです。

その息子というのが山根昌守という人物です。

山根昌守について

出典:twitter

【名前】:山根昌守(やまね まさもり)

【出身地】:大阪府

【生年月日】:1964年9月27日

【年齢】:54歳

【身長】:170cm

【体重】:67kg

【学歴】:大阪市立十三中学校

▪山根昌守の肩書き

  • 専門委員会特別強化執行役
  • アンダージュニア委員会委員長
  • 女子ボクシング委員会副委員長(相談役)

もともとは自動車販売業として働いていたのですが、2012年ロンドン五輪で、金メダルを獲得した村田諒太選手のセコンドについている人物。

当然ボクシングの経験者なのかと思いきや、中卒でボクシングの経験は無しとのこと。

にも関わらず、オリンピックのセコンド、しかも決勝戦でセコンドに付くことは考えられません。

これは山根明会長の指示だったことが報道されており、彼の独裁的な運営方法が見え隠れするものであります。

試合の後には村田諒太選手が

「リングの横に敵がいた」

と話しており、当然ながら山根昌守の事を言っているものと思われます。

自動車販売業を営んでいた当時のブログがすでに流出していました。

スポンサーリンク

村田選手のコメントが重い

今回の日本ボクシング連盟が告発された問題で、村田諒太選手もコメントを発表しています。

その内容とは

「成松、大変な思いをしていると思います
選手のことを考えていたら、こんなことは絶対にあり得ない
彼の練習やキャリアに影響が出ないことを願うばかりです
そして、そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません
新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」

この中で「悪しき古き人間達」「そろそろ潔く辞めましょう」というコメントは非常に重いものです。

現役の世界チャンピオンのこのコメントで、昔からこのような行為が行われていたことが確定的になったと言ってもいいでしょう。

娘の情報や孫婿のセクハラ問題

山根昌守には娘さんがいることが分かっています。

娘は山根明会長の孫に当たる人物ですが、助成金を孫娘の口座に振り込ませていた疑惑が浮上しています。

さらに、試合用グローブの独占販売問題で振込先の名前が娘さんの名前だった時期もあったようです。

このことから、山根明会長の悪事の孫娘も加担していた可能性があるのです。

 

また山根昌守の娘はすでに結婚しており、その結婚相手は鈴木康弘という人物。

この人の経歴をまとめてみると

鈴木康弘のプロフィール

出典:デイリースポーツ

【名前】:鈴木康弘(すずき やすひろ)

【出身地】:北海道

【生年月日】:1987年11月25日

【年齢】:30歳

【出身大学】:拓殖大学

ロンドン五輪ではウエルター級の日本代表として出場し2回戦敗退。

その後近畿大学ボクシング部の監督を務めていましたが、セクハラ問題で解任されているのです。

ですが、この当時の報道で各メディアが実名で報道しましたが。その一週間後には一部メディアで実名が削除されておりました。

これも山根明会長の力で抑え込んだと見て間違いないでしょう。

ネット上の反応

▶この方、今年、日大のスポーツ科学部客員教授に就任したよね。連盟トップが特定大学から報酬もらうって、そりゃ公平な判定になるわけない。案の定おかしな判定連発で日大がリーグ優勝したし。

 

▶アマボクシング界のドン山根もついに年貢の納め時かな?反社会的組織のトップと昵懇の仲をいいことに今まではやりたい放題でしたからね。
日大田中理事長がやってきたことに似ています。文科相ももっと真剣に乗り出してこういう輩を一掃しなければ、同じ穴の狢とみられますよ。

 

▶こりゃやっとるな。犯罪になるかは知らんが、除名かなんかになるんかね?

 

▶アマチュアボクシングあるある。
連盟が推薦してる選手に有利な判定。

 

▶今までも悪い噂は絶えなかったけど参加の連盟関係者から退陣要求突きつけられて今回の告発だし、膿を出し切るためにもJSCや文科省にはどうか隅々まで審査・調査してもらいたい。

 

▶見た目からしてクロだな。

 

▶アマボクシングは明らかに不正な判定多いよ、こんな事が当たり前に成ってるから、強くならん!

 

▶ヤマネー
イラネー
私物化の帝王みたいやな
プロ協会とも仲悪いしな

最後まで読んでいただきありがとうございます。