出典:twitter

お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(38)が、7月31日に更新した自身のブログで、妻がベビーカーに双子の娘を乗せて買い物をしている際に受けた苦情について投稿しました。

スポンサーリンク

ノンスタ石田 憤慨したことを報告

レジで「人の迷惑って考えた事ある?」とクレームを受けたという石田の妻に対し、ブログのコメント欄やインターネット上では2日までに、「心ない言葉で、奥様が傷ついていませんように」など励ましのコメントが寄せられている。

石田は「優しい人でありたい」とエントリーし、双子用のベビーカーを押して買い物に出かけた妻が受けた苦情について記述した。妻は、会計のためレジに並んでいると、後ろにいた女性から「もうちょっと前行けないの?」と言われ「すみませんベビーカーなんで」と謝ったところ、舌打ちをされたという。

出典:スポニチ

 

会計後、レジを通過しようとしたが通路の幅が狭くてベビーカーが通り抜けできず、一旦売り場側に引き返そうとし「すみません、通してもらっていいですか」と声をかけたところ、またもクレーム。「ねぇ?いつもこんな事をしているの?人の迷惑って考えた事ある?そうやって双子で迷惑かける事分かってるんだからもう少しあたま使いなさいよ!買い物する時すら預ける人いないの?頼るところもないのに産むからこうなるのよ!」と、言われたと明かした。

これらの暴言に、石田は「なんなの?これ?」と怒り心頭。「迷惑かけているのはわかってますよ」とした上で「でも、そんなに言われなきゃいけないことですか?預けれなければ買い物もしたらダメ?産んでもダメってこと?いくらなんでもひどくないですか?」と憤りを隠さなかった。

出典:スポニチ

スポンサーリンク

近くにいた男性がおばさんを注意

近くにいた男性が当該女性に注意したとも伝え「(妻は)その優しさに救われたらしい。ほんと思った。優しい人でありたい」と心情を吐露。「双子のベビーカーが大体のエレベーターに入ることに手こずることや、レジや改札も通るの大変だったり歩道ですらギリギリなところがあることをわかって欲しいです。すみません。あまりにも悲しい気持ちになったもので…」と、ベビーカーを利用する側として周囲への理解を訴えた。

引用:スポニチ

スポンサーリンク

ノンスタ石田の憤慨理由をまとめてみる

ノンスタ石田が憤慨した奥さんの出来事をまとめてみました。

  • レジに並んでたら、知らないおばさんに「もうちょっと前行けないの?」って言われて「すみませんベビーカーなんで」って言ったら舌打ちされた
  • 幅が狭く通れないため一度出て回らないといけないため「通してもらえますか?」というと「人の迷惑考えたことある?」
  • 双子だと迷惑かけるんだから、人に預けるとか頭使いなさいと説教
  • 近くにいた男性がおばさんを注意

レジの後ろに並んでいたおばさんは急いでいたのか、それともなにかムシャクシャすることがあったのかわかりません。

ですが、小さい子供を連れた母親に対してここまで高圧的な態度をとるような人間は、年齢が上だという取り柄しかなく、何ら尊敬できる人間ではないでしょう。

失礼ながら「老害」という言葉がネット上でよく使われるが、こういった人のことを老害というんですよ。

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶注意した男性勇気あるなあ。凄い。

 

▶母親ってバス電車とか色々な所でそういう場面に出くわす。それを旦那に話した時に石田みたいに同じ気待ちで居てくれてるとこに救われる。

 

▶こうゆうこと言ってる人がいるってどんどんテレビとかで言って欲しい。

 

▶買い物の時くらい預かってくれる人いないの?って‥ほとんどの人がそんな都合のいい人が近くにいるわけないでしょ。

 

▶石田の奥さんの話はホントに酷いね。そこまで言わなくてもいいでしょうに。確かにこういう心無い人もいると思う。
人として恥ずべきことだと思う。

 

▶ベビーカーで狭い所を突き進んで相手をよけさせるような、お母さんもけっこういる。
どちらかがではなく、お互い譲り合う気持ちが必要ですね。

 

▶ベビーカー問題として話が大きくなるのは違うと思う。
おかしなやつに遭遇してしまっただけだ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。