出典:ORICON STYLE

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の二人が売れっ子芸人らしからぬ、驚きの共生生活を披露したことが話題になっています。

阿佐ヶ谷姉妹の驚きの共生生活とは?

その理由とは何なのでしょうか。

今回は阿佐ヶ谷姉妹の共生生活とはについて書いていきます。

スポンサーリンク

六畳一間で二人暮らし、未だ未婚

阿佐ヶ谷姉妹の二人は売れっ子芸人ながらも未だに未婚で六畳一間の部屋に最近まで住んでいたそうです。

木村さんは渡辺さんを「お姉さん」と呼ぶ。いつもお揃いのピンクの衣装に身を包み、見た目もなんだか似ているふたりだが、実の姉妹ではない。

ともに40代半ばで未婚のふたりは、つい最近まで六畳一間のアパートで一緒に暮らし、今はお隣同士だ。

7月12日に共同生活をつづったエッセイ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売された。この本からは、ふたりが単に“仕事上の姉妹“という関係だけでなく、“家族“として関係を築いていることが伝わってくる。

「ひそかな夢は、今住んでいるアパートを姉妹で買い取って、母や独り者の友達とみんなで住むこと」

引用:ハフポスト

スポンサーリンク

#阿佐ヶ谷姉妹#似顔絵てんこ #この方達のネタに癒される(^o^)

てんこさん(@tenko.oota)がシェアした投稿 –

なぜ共生生活を?

共生生活とはをする理由について阿佐ヶ谷姉妹の二人は以下のように話しています。

エリコ 阿佐ヶ谷の私のアパートに、ミホさんが泊まって行くことが増えたのがきっかけです。ミホさんが自分の家に帰るまえに「ちょっと休憩」と言って寄るんです。そのまま寝ちゃって週5くらい泊まって行く時もあったから、週7もイケるんじゃないということで私の方から同居を提案しました。

それでも決断するには1、2年くらいかかりましたねぇ。

ミホ 一緒に住むのは、ちょっと嫌でしたね(笑)。帰る場所があるっていう前提で好きな時にいられると楽かなって思っていたから、ずっと一緒だと大変かなと思って。

引用:ハフポスト

もともとは休憩場所としてミホさんが宿泊するようになったようです。

その流れで週5回が6回に、7回にと増えていき、ついには共生することを選択したようです。

ですが、もっとも決断した大きな理由はお金の問題だったようです。

まだ売れてない頃だったため、一緒に住んだほうが金銭的にはもちろん、ネタの打ち合わせや練習もしやすいと考えたようです。

スポンサーリンク

阿佐ヶ谷姉妹に不満はなかったのか?

姉妹とうたっているものの、二人はまったくの他人同士。

共に生活することに不満はなかったのでしょうか?

住んでいたアパートはユニットバスだったため、どちらかがお風呂に入るとトイレに入れなかったそうです。

朝にどちらが先に風呂に入るか揉めたこともあるようですね。

一ヶ月ごとにお風呂の順番をきめたそうですが、ミホさんが全然守れず喧嘩になったことも。

ですが、お互いの苦手な部分を補完しながらの生活は、二人の芸人としての質を上げていったことで、大きくブレイクすることが出来たのではないでしょうか。

長年連れ添った夫婦は顔が似てくるといいますが、実際に姉妹ではない二人が顔が似ているのも、共生したことが良かったのかもしれませんね。

ネット上の反応

▶この2人、本当の姉妹じゃないのにホントよく似てるよね

 

▶叶姉妹と阿佐ヶ谷姉妹。同じビジネス姉妹でも、私は阿佐ヶ谷姉妹派です。ほのぼのする。

 

▶結婚する事がいい事でもない、未婚のおばさんで独身でも幸せに感じる事が身近にあるなら幸せでしょう。

近所の方にも恵まれてるし家族もその生き方を尊重してる様子。

 

▶阿佐ヶ谷姉妹好きだなぁ
実の姉妹だって一緒に住んだらもめ事だらけですからね。
勝手だけどお二人にはずーっと一緒に住んでいて欲しい笑

 

▶全然いいと思う!もっと人の暮らしが多様化してもいいくらい。無理に結婚して子供作って不幸な人を増やすより、こういう暮らし方の方が好感が持てます。世間体を気にせず、大事な人と暮らせる社会になった方が幸せな人が増えると思う。

最後まで読んでいただきありがとうございます。