出典:ニューズウィーク

南米ベネズエラのマドゥロ大統領が4日、首都カラカスで開かれた軍の行事で演説中、爆発物を積んだ複数のドローンが爆発する事件がありました。

政府は大統領暗殺未遂とみているいます。。兵士7人が負傷したが、大統領は無事だったようです。AFP通信などが伝えたています。

スポンサーリンク

ドローン爆発で大統領を暗殺計画か?

この事件は各メディアがトップニュースで報じております。

南米のベネズエラで独裁的な政治姿勢をとるマドゥーロ大統領が軍の式典で演説中に、爆発物を積んだドローンの攻撃を受けました。大統領にけがはなかったものの、会場にいた兵士7人が負傷しました。

ベネズエラで4日、マドゥーロ大統領が軍の式典に出席して演説をしている最中に、突然、爆発音が響きました。

演説のもようは国営テレビで中継され、爆発音のあと並んでいた兵士が逃げ惑う姿が映し出されました。

ベネズエラ政府によりますと、現場では爆発物を積んだドローンが確認されたということで、演説中の大統領を上空から狙った攻撃だとみられています。

政府によりますと、大統領は無事だったものの、会場にいた7人の兵士が負傷したと発表しました。

また、マドゥーロ大統領もその後会見し「爆発は自分を狙ったものだ。調査を行い犯人グループの一部を逮捕している。これから事件の背後関係を追及していく」などと述べました。

ベネズエラでは、マドゥーロ大統領が独裁的な政治姿勢を続ける中で経済が混乱して極度のインフレに陥り、海外に脱出する人も後を絶たず、大統領に対する不満が高まっています。

引用:NHK

スポンサーリンク

瞬間の動画がこちら

ベネズエラの大統領が演説中にドローンが爆発した瞬間の動画がこちらです。

演説中に爆発音が聞こえ、大統領や周囲にいる人が上空を見上げています。

その瞬間、ボディーガードが一斉に出てきて、黒い布を広げて大統領を守る様子が鮮明に写っていますね。

大統領は演説を続けようとするも、ボディーガードの男性に囲まれ演説は中断。

ですが、周囲にいた兵士と思われる人物は大統領を放って一目散に逃げる様子が映っていることも違和感がありますね。

この動画は、メディアの方が撮影したものだったようですが、映像の終盤ではカメラがかなり左右にブレており、現場の混乱を物語っているようです。

スポンサーリンク

犯人について

今回の事件の犯人は逮捕されているのでしょうか?

報道によるとベネズエラの大統領が、この事件の後に記者会見を開き、すでに「犯人グループの一部を逮捕している」と語っています。

今回の事件との関連は不明ですが、過去に同じようなテロ事件を計画した人物は警察官で俳優だったという情報もあり、今回の事件との関連も気になるところです。

マドゥロ大統領は

「この攻撃の背後にいるのはフアン・マヌエル・サントスだと確信している」

と政治的に対立が続いているコロンビアの大統領を名指しで非難するなど、今後南米情勢に大きな波紋を呼びそうです。

犯人の名前や顔画像については公開されていませんが、今後公開され次第追記していきます。

スポンサーリンク

ネット上の反応

▶まだ良かったよ
迫撃砲だったら乙

 

▶ドローンは兵器利用がしやすいよね
何か積んで突っ込ませるだけでもいいし
対策できるのかな

 

▶便利の裏側で高いリスクも生じる
なんでもそうなんでしょうね

 

▶並んでいた兵隊が、爆音を聞いて、大統領の周囲に駆け寄るのではなく、
一目散に逃げていったのには笑った。

まあ、国民の支持を失った独裁者の末路は、おのずと決まっている。

 

▶暗殺の仕方が、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』を思い出させて驚いた。作品が世に出た当時はドローンなんてまだ知られてなかったが、作者の先見の明に驚かせる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。