出典:日刊スポーツ

雨上がり決死隊の宮迫博之(48)が、舞台「アイスベリーバグ」に主演し、キャパ300人の“小劇場デビュー”を果たすことが4日、分かりました。舞台への出演は、08年の「空中ブランコ」以来、10年ぶりとなります。

スポンサーリンク

宮迫博之が小劇場デビュー

 売れっ子となった今でも月イチで劇場に立ち、ネタを披露しているが、今回の舞台は役者・宮迫としてはキャリア最小規模の東京・渋谷の「CBGK シブゲキ!!」。殺人ミステリーの執筆に苦戦し、現実と虚構の区別が付かなくなっていく作家役を演じる。

宮迫と親交のある作家・えのもとぐりむ氏(32)が主宰する「ぐりむの法則」の新作。宮迫は「えのもとぐりむという才能に出会い、その作品に出ることができる幸せを堪能したい」と燃えている。公演は9月7~9日まで。

引用:デイリー

スポンサーリンク

宮迫博之出演の作品

スポンサーリンク

不倫が蒸し返される

宮迫博之さんにはかつて「オフホワイト不倫」として報道された不倫疑惑がありました。

出典:週刊文春

ネット上の反応

▶キャバ300人かと思った。

 

▶たいして面白い芸人でもないのに調子にのっていて、他の芸人に上から目線で鼻につく。
MCならもっと上手い芸人がいる。
なぜニーズがあるのか分からない。

 

▶不倫してもテレビに出れるって、イイよね。

 

▶舞台一本で頑張って下さい。

 

▶不倫認めない女々しい奴

 

▶キャパ300人、観客ネコ1匹(しかも大あくび)

 

▶自分が浮気をして奥さんを鬼嫁と呼ぶゲスい奴。

最後まで読んでいただきありがとうございます。