出典:日本陸上競技連盟

日本陸上競技連盟の20年東京五輪へ向けたマラソン強化戦略プロジェクトリーダー・瀬古利彦(62)が、女性アナウンサーにセクシャルハラスメント発言をし、厳重注意を受けていたと「週刊文春」8月8日発売号などで報じられたことについて、瀬古利彦さん本人が言及しました。

スポンサーリンク

セクハラ問題で謝罪

該当する発言の詳細については明かさなかったが、「相手に不快な思いをさせた」として謝罪した。

東京五輪のマラソン代表選考を行うMGCシリーズの記者会見の冒頭で「先般、私個人の報道に関しまして、多くの皆さまに多大なご迷惑、不快な思いをさせてしまったことを心よりお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

会見の後にも、報道陣に対応した。どのような状況で、どのような発言があったかについては相手があることを理由に「言った内容については言えません」とした。その上で、「私の発言が相手に不快な思いをさせたということです。本当に申し訳ありません」と謝罪を重ねた。

セクハラであったかどうかについては「そうではなくて、不快な思いをさせたということですね」とした。「不適切発言というか。相手が不快に思った言葉を発したということです」と説明した。

該当する発言があったのは「4月ごろ」で、「大会の打ち合わせ」をしている際の酒席でのことだったという。飲酒はしていたが、酩酊状態ではなく、記憶も「すべてあります」と振り返った。その上で、「相手が私が発した言葉に不快に思ったことは、これは仕方ないと思っています。今後気をつけます」と語った。

発言をした相手には、総監督を務める横浜DeNAランニングクラブを通じて謝罪をしたという。直接の謝罪を希望したが「『もういい』とのことだったので」という理由で行っていないとした。

日本陸連は横浜DeNAランニングクラブからの報告を受けて、瀬古氏に対して厳重に注意をしたと取材に回答した。

引用:デイリー

スポンサーリンク

瀬古利彦について

出典:twitter

【名前】:瀬古利彦(せこ としひこ)

【出身地】:三重県桑名市

【生年月日】:1956年7月15日

【年齢】:62歳(2018年8月現在)

【身長】:170cm

【体重】:62kg

【職業】:陸上コーチ、陸上部監督

中学時代は野球部でピッチャーをしていた瀬古利彦さんですが、一年生の時に校内の5キロ走で優勝したことで注目され、陸上部からお願いされて大会に出場。

中学高校と、中長距離で圧倒的な強さを見せ、社会人になってからは「ボストンマラソン」で2位、「福岡国際マラソン」「東京国際マラソン」などで優勝。

1980年にはモスクワオリンピックを目指していたが、ソ連のアフガニスタンに侵攻したことへの反発として、国がモスクワオリンピックをボイコットし出場は叶わなかった。

その数カ月後のマラソンで、モスクワ五輪の金メダリストを破っており、出場していれば優勝争いをしていたと見られている。

ロサンゼルスオリンピックでは先頭集団につけるも、後半にズルズル交代し14位に終わった。

現役引退後は「エスビー食品」の監督や母校である「早稲田大学」のコーチなどを務める。

現在は「DeNAランニングクラブ」の総監督として活動している他、マラソンの解説者としてテレビ番組などに出演している。

_ . 2018.1.14(sun) #いぶすき菜の花マラソン . お待たせしました〜🤗🌼 みんな大好き瀬古さんだよ〜🤗🌼 . 一昨年あっこ( @akinkorinista )が「誰あのおじさん」って言ってた人だよ〜🤗🌼 . 走り終わって急いで着替えに行こうとしてたら、目の前をマネージャーっぽい方と歩いてたから「瀬古さん!一緒に写真撮ってください🧟‍♀️💕」って駆け寄ったら快く撮ってくださいました🤤💘 . ということで、表彰式ではなかったけど、瀬古さんとツーショットを撮るという目標はしっかり達成しました🤗🌼 . 今年は残念ながら「あなた、どっかで会ったことあるね?」とは言われなかったけど、代わりに「あなた、いいシューズ履いてるね!」と言われました☺️ . でへへへへへへ🤤🌼 . #ミムラボ #Mlab #瀬古利彦 #ミーハー #オジ専

吉原 朗子/Akiko Yoshiharaさん(@aki5_429)がシェアした投稿 –

I Hope you are having a peaceful Mother’s Day with lots and lots of love. 難民支援のためのチャリティーウォーク&ラン DAN DAN RUN 2018に参加しました。 スペシャルゲストの瀬古利彦さんと山本左近さんと。 お二人ともこのプロジェクト以外にも素晴らしい取り組みに従事されていらっしゃいます。 @ja4refugees のミカさん、スタッフの皆さんお疲れ様でした! #同級生 #紫 #桐朋女子 #dandanrun2018 #charitywalk #charityrun #supportforrefugees #チャリティーラン #チャリティーウォーク #皇居 #散歩 #難民支援 #山本左近 さん #瀬古利彦 さん #シリア #南スーダン #東シナ海

Tomoko Maedaさん(@tomokomaeda)がシェアした投稿 –


スポンサーリンク

セクハラの内容とは?

今回瀬古利彦さんが謝罪したセクハラの内容とはどのようなものだったのでしょうか?

週刊文春の報道によると2018年4月にハーフマラソンの解説者を務めた後に、テレビ関係者との飲み会に参加。

そこにいた女性アナウンサーに対してセクハラ発言をしたというのです。

その内容については、公開されていませんが、瀬古利彦さんが否定しつつも謝罪したということは、かなり相手を傷つけるような発言があった可能性も考えられます。

また、過去に解説を担当した「東京国際マラソン」ではこのような発言も。

「美人ですね。私は美人が大好きです。マラソン選手に美人は少ない」

この発言もセクハラ発言であり、全国放送の生中継でこのような発言をするということは、普段からセクハラ発言を息を吐くようにしていた可能性が高いのではないでしょうか。

瀬古利彦さんが解説を担当したハーフマラソンは、4月22日に行われた「高橋尚子杯 岐阜清流ハーフマラソン」だということが分かっています。

このレースの様子を放送していたのがテレビ愛知だということもすでに判明しています。

スポンサーリンク

相手の女性アナウンサーとは?

では、セクハラ発言をされた女性アナウンサーとは誰だったのでしょうか?

このことに関しても公には公表されていません。

しかしながら、テレビ放送を担当していたアナウンサーが判明しています。

その人物とはテレビ愛知の「岡田愛マリー」アナウンサーです。

岡田愛マリーアナは、実況ではなく選手の談話やコース上でのレポートを伝える仕事をしていました。

ですが、番組で共に放送していたとなると瀬古利彦さんが謝罪した女性だという可能性はありますね。

しかも、気になることに毎日のようにブログを更新している岡田愛マリーアナですが、4月22日はブログの更新がなかったという情報もあります。

なにかショックな事があり、更新できなかったと考えても不自然ではないでしょう。

また、これ以外に飲み会に参加していた女性アナウンサーがいないとも限りませんので、特定というわけではありませんが、あくまで可能性が高いというものであります。

いずれにしても、疑惑を否定しながらも謝罪をする瀬古利彦さんの対応には、疑問を感じます。

否定するならばとことん否定するべきだと思いますが、とりあえず謝っておけというような考えが見え隠れするものであります。

ネット上の反応

▶実はメガネをかけた円楽さんだと思う

 

▶本人としては「え?こんなんがセクハラなの?」と思っているだろうし、一昔前ならセーフだった内容じゃないかと思うけどね。
完全にアウトなら謹慎とかになるだろうし。

それだけ時代が変ったし、他人事ではなく気を付けないとね。

 

▶どんな発言したんや?
肝心なところが報道されていない。

 

▶この方の講演聞いた時に感じた。
余りにも口が軽過ぎる!
本人は全く罪の意識は無いと思うけどね?

 

▶女性との間で示談かなにか成立したんじゃあないですか。何を言ったのかが一番興味がありますな。

 

▶発言の内容を知りたいが、出てない。
最近ちょっとしたことでもセクハラ、パワハラ扱いになることもあるからな

 

▶どこもセクハラの内容を報じないので、さっぱりわからない。
「それぐらいいいじゃないか!」と思うかもしれないし、「それはひどい!」という内容かもしれない。

最後まで読んでいただきありがとうございます。