出典:日テレNEWS

熊本市西区の介護施設で入所者の女性を殴って死亡させたとして、熊本県警は10日、同施設職員の栗崎賢一朗容疑者(49)=同県嘉島町犬渕(いぬぶち)=を傷害致死の疑いで逮捕したと発表しました。

スポンサーリンク

女性患者の腹部を殴り殺害

熊本市の介護施設で入所者の88歳の女性が死亡していたことが分かり、介護施設職員の男が、腹部などを殴って死なせたとして、10日に逮捕された。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、熊本市西区野中の介護施設「グループホームゆうしん三丁目」の職員・栗崎賢一朗容疑者(49)。

警察によると、栗崎容疑者は7日午前0時頃、グループホームの中の食堂で、熊本市の88歳の女性の腹などを数回殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑い。女性は、暴行からおよそ2時間後に死亡し、死因は出血性ショック死だった。女性は8年前から入所していて、認知症だったという。

警察は、防犯カメラに暴行の様子が映っていたことなどから栗崎容疑者を割り出し、10日午前9時過ぎに傷害致死の疑いで逮捕した。栗崎容疑者は容疑をおおむね認めている。栗崎容疑者は1年前から、正規の職員として、この施設で働いていた。

引用:日テレNEWS

スポンサーリンク

栗崎賢一朗について

 

【名前】:栗崎賢一朗(くりさき けんいちろう)

【年齢】:49歳

【住所】:熊本県嘉島町犬渕

【職業】:介護施設職員

【容疑】:88歳女性入所者の腹部を殴り、死亡させた疑い

【供述】:容疑を認める

 

熊本市の88歳無職・宮本ヨツ子さんの腹を数回殴り死亡させたと見られている栗崎賢一朗 容疑者。

防犯カメラの映像には、栗崎容疑者が宮本さんの腹部を殴る様子が映っていたようです。

介護職員による殺人事件と言えば、神奈川県厚木市の障害者殺人事件が記憶に新しいものでありますが、なぜ栗崎賢一朗はこのような凶行に及んだのでしょうか。

スポンサーリンク

顔画像はある?

栗崎賢一朗容疑者の顔画像はネット上に公開されているのでしょうか?

調べてみましたが、現段階で顔画像は報道でも公開されていませんでした。

ですが、介護施設職員による悪質な暴行事件であり、老人ホームの信頼を著しく下げる行為であることから、今後顔画像が公開されるものと思われます。

新たな情報が入りましたら、また追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

Facebookが特定?

栗崎賢一朗がどのような人物なのか知るのに、SNSの特定が最も情報を得やすいだろう。

そこで栗崎容疑者のFacebookやインスタ、twitterなどのSNSを調べてみた。

インスタには該当する名前はなし。

ツイッターでも同様に該当者はいませんでした。

ですが、Facebookで検索すると、同姓同名のアカウントがあるうえ、その居住地は熊本県上益城郡在住と記述があります。

住所以外の情報が「独身」であることのみで、顔画像やその他の経歴も記載されておりません。

ですが、犯人との関連がささやかれているのは事実であり、犯人のものである可能性もありそうです。

動機について

栗崎容疑者が宮本ヨツ子さんを殺害した動機とは何だったのだろうか。

警察の調べに対しておおむね容疑は認めているものの、その動機については公表されてはいないようです。

事件当日は栗崎賢一朗が当直の当番であり

「入所者の意識がないようだ」と自ら119番通報しているものであります。

職員であるならば防犯カメラが施設内にあることは十分承知しているはずであり、自ら通報するなど事件を発覚させようという狙いが強いようにも感じますね。

栗崎容疑者は自分が事件を起こしたことを隠すどころか、逮捕してほしかった意図すら感じるものであります。

また、防犯カメラに映っていたことを考えると、今回のことが初めての事とは到底思えず、日常的に暴行が行われていた可能性が高いものであります。

となると、他の職員も把握していたが黙認し、最終的に殺人事件に発展してしまったのではないだろうか。

ストレスや精神的な負担が大きい介護士という仕事ですが、積もりに積もったストレスが爆発してしまったのか、それとも別の意図があったのか。

宮本ヨツ子さんとの間にトラブルがあったのかも含めて、今後この事件の謎が解明されていきそうです。

事件現場について

今回の事件が起きたのは熊本県熊本市西区の「ゆうしん3丁目」と報じられています。

ゆうしん3丁目はグループホームであり、認知症や要支援2から要介護5までの人物が入所できる施設であります。9人までの少人数単位での共同生活をするものであり、専門のスタッフが常に常駐しているようだ。

出典:http://yushin-wel.jp

ネット上の反応

▶仕事がどうのこうのじゃなくて、元々の人間性に問題があったのだと思う。

 

▶暴力を振るった理由が書かれていないから、状況がわからないけど。
暴言、暴力を振るう利用者さんがたくさんいるのも現実。
我慢の限度超えたら、手を出す前に 罵声浴びせるぐらいで留めて、殺人犯になる前に退職するしかないと思う。

 

▶防犯カメラに映っていた。
つまり日常的に行われていた。映っていたが、おとがめナシ。
だんだんエスカレートして結局殺人。
予兆はあったのではないか。

 

▶8年間の認知症ってなると、もう何もできない状態だろうなぁ。
飯も満足に呑み込めないだろうし、水分だって最低限しか入らないだろう。
そんな人を介護する職員は大変だよ。
もちろんこの男のやった事は犯罪だ。
だけどちょっと同情するわ。
亡くなったばーちゃんも好きで認知症になった分けじゃないし、まったく救われない話だよ。
ただ、介護士が男の場合、よほど我慢強いか女らしい優しさが無いと務まらないだろうな。
俺はすぐイラっとしちゃうから無理だわ。

 

▶高齢者の中には拒否して「扱いにくい」人がいる
こういう高齢者は肉親が介護すると
疲れ果てた末に介護殺人にまで発展する事もある

だから介護は他人に任せるのが一番だ
自分の時間は持てるしもし職員が
被介護者にケガや死亡させたりしたら
入居費以上のお金が賠償金として戻ってくる

 

▶介護職員が不足しているけど、誰でも何でも良い訳じゃ無いでしょうね。適正を普段から面談や行動、言葉使いを注意すれば良かった。
でなければ先も同じ事件は必ず起こると思います

 

▶介護施設は人手不足のせいか、すんなり就職できる。介護をナメてる奴まで簡単に就職できてしまうことも問題かも

 

▶介護は就職できる確率が高いから選ぶ人も多いだろうけど、容易に大変な職種だとわかるはず。背に腹は代えられないのかも知れないけど、結果的に入所者を虐待するのでは全てを失うのも同じ。自分の適性を再度考えて欲しいし、どこの施設でも起こりうることなのだから環境等改善されるべきだと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございます。