埼玉県久喜市にある鷲宮神社の鳥居が倒壊したことが大きなニュースになっています。

twitterなどでも現場の画像が多く投稿され「ガガガガーって音した」「すごい爆音だった」「怪我人いなくてよかった」「地面ヘコんでる」などと投稿されました。

鷲宮神社の鳥居が倒壊した原因とは!?

現場の画像がヤバい!

今回は「鷲宮神社 鳥居倒壊」について書いていきます。

スポンサーリンク

鷲宮神社の鳥居が倒壊

漫画「らき☆すた」などの舞台となったことで、聖地として多くのファンが訪れていた鷲宮神社。

この鳥居が8月11日の午前11時頃に倒壊したのです。

怪我人はいなかったことが何よりの幸いでした。

ですが、鳥居の目の前に駐めてあった車に柱が倒れ、後部が大きくヘコんでしまったとのこと。

現在は倒壊した鳥居の撤去作業をしているとのことですが、お盆休みで多くの観光客が訪れる場所とあって、その影響も心配されています。

鷲宮神社は漫画「らき☆すた」で鷹宮神社のモデルとなった場所。

アニメファンの間では聖地巡礼の場所として有名でした。

 

スポンサーリンク

現場の様子

twitterなどに投稿された現場の動画や画像がこちら。

スポンサーリンク

鳥居が倒壊した原因は?

鳥居が倒壊した原因とは何だったのでしょうか?

報道によりますと老朽化の可能性が最も高いとのこと。

ですが、昭和48年に立て直しの工事が実施されており、10年ほど前には柱などの抜き取り検査も実施されているようです。

鷲宮神社は関東最古の大社としても有名ですが、老朽化で倒壊するほどの年月は経過していなかったようです。

となれば、建設工事やチェックの体勢に不備があった可能性もありそうです。

立て直し工事があった昭和48年となると、現在よりも建築に対する意識が低く、手抜きの建築も数多く存在しているからであります。

スポンサーリンク

鷲宮神社について

鷲宮神社は埼玉県久喜市鷲宮1丁目にある「関東最古の大社」です。

一説には崇神天皇の時代に河内国から東国へ移住した土師氏が下総国浅草から利根川を上って移住したのがこの地であり、先祖を祀ったのがこの神社の始まりとも言われております。

漫画「らき☆すた」の鷹宮神社のモデルになったことが有名になり、「聖地巡礼」として多くの観光客が訪れていました。

ネット上の反応

▶らき☆すたってなんで流行ったのか謎だよね…

 

▶画像見たけど
確かに古そうだ。

 

▶これは処分されてしまうのでしょうか?
別の場所に移築したり、再利用出来れば良いのだけれど。

 

▶台風とか災害があった訳じゃないのに
鳥居が簡単に倒れたりするもんでしょうか。。。
けが人がいなくてよかったです

 

▶一歩間違えば大惨事でしたね。本当に幸運としか言いようがないでしょう。神様のおかげでしょうかね。管理はしっかりやってもらいたいです。

 

▶人いなかったからいいけど
プールの壁壊れて亡くなった事件と同じ犯罪レベルです
謝罪宜しく

 

▶参拝客数も少しは落ち着いてきたのかなって思ったら全然減ってないでやんの

 

▶無駄に頭でっかちな構造だからだろうな
雨で足元が濡れるなら屋根つける意味がない

 

▶台風?竜巻?
何があったん?

 

▶結界が破られた

 

▶ロープくくりつけて引っ張ったみたいな崩れ方だな

 

▶早速埼玉に豪雨

 

▶脚が腐ってるのをパネル巻いて隠してるだろ
朽ちてるの見えないし余計に中が腐るし、今の日本によく似てるw

最後まで読んでいただきありがとうございます。