出典:ツイッター

大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が21日、夏巡業が行われた秋田市で体調を崩し、救急車で病院に搬送された。関係者が明らかにしました。

貴乃花親方は一時、意識不明になり痙攣を起こしている状態が確認されていたということです。

貴乃花親方が病院搬送された原因とは何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

貴乃花親方が病院搬送

大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱、本名・花田光司=が21日午前10時すぎ、秋田市内で開催中の夏巡業の稽古中に、力士を指導している際に倒れ、救急車で運ばれた。関係者によると、救急車が到着した時には意識を回復したといい、病院で治療を受けているという。

関係者によると、貴乃花親方はまわし姿で股割りをしている時に、心臓を押さえて倒れた。救急車が到着し、ストレッチャーに乗る時には問いかけに「大丈夫、大丈夫」と答えた。検査を受けるため、数日は入院する見通しという。

貴乃花親方は、弟子の貴公俊(たかよしとし)が今年3月の春場所中に起こした暴行問題の監督責任などで最も低い「年寄」の階級に降格する処分を受け、審判部に配属された。夏巡業には審判員として同行していた。

引用:朝日新聞

スポンサーリンク

貴乃花親方が倒れた原因とは?

貴乃花親方はなぜ急に倒れてしまったのでしょうか?

報道によると現在は病院で検査を受けているということで、その原因については分かっておりません。

貴乃花親方の症状を見て見ると、痙攣(けいれん)を起こし一時的に意識不明になるなど極めて深刻な状況だったとも伝えられています。

こういった症状はてんかんなどの病気を持つ方によく見られる症状であり、車の運転中に意識を失ってしまうこともあるそうです。

今年の暑さを考えると、熱中症など暑さが原因である可能性もあり、体力的に弱っていたことも考えられます。

また、別の情報では心臓をおさえて倒れたという情報もあり、脳卒中や大動脈などが原因である可能性も浮上するなど、情報が錯綜している状況なのが正直なところです。

 

ただ気になるのは弟子の指導中に後ろ向きに倒れたと言う情報で、疲労などの原因ではなく心筋梗塞などが原因の可能性もあるとのことです。

今年に入ってから弟子の貴公俊が付け人に暴行するなど、監督責任が問われ最も位の低い「年寄」の階級に降格していました。

当初は、元横綱日馬富士から弟子の貴ノ岩が暴行された問題で、相撲協会とも対立するなど弟子を守るために奮闘していたのですが、逆に加害者側の師匠になってしまったことなどの気苦労もあったのかもしれません。

現在は意識が回復しているということですが、油断せずにしっかりと検査をし、原因を突き止め治療に専念してほしいと思います。

スポンサーリンク

貴乃花親方には病気の噂が

貴乃花親方は平成を代表する大横綱であり、引退後も大きな注目を集めていました。

しかしながらその一方で、その激やせぶりが注目されていたのです。

というのも、引退してから現役時に比べてかなり痩せたのですが、これは食事の制限や運動などで意図的に痩せたもの。

ですが、ここ数年の貴乃花親方は信じられないような激やせしてしまっていたのです。

その画像がこちらです。

出典:NAVER まとめ

これは確かに健康的な痩せ方とは思えませんよね。

噂ではがんではないか?という情報もありましたが、信憑性があるのかは微妙なところであります。

#貴乃花親方

わ~こさん(@wakya39)がシェアした投稿 –

貴乃花親方 病院搬送の口コミ情報

▶意識が戻って良かった。

 

▶意識が回復して話もできてるそうなのでよかったです。
今年は色々と心労ががありましたから、ゆっくりと治療して静養された方がいいと思います。

 

▶相撲界最後の希望
元気になって欲しい

▶何か目眩でもあったかと思う。ご養生された方がいいと思いますね。

 

▶花田のオカンがマスコミにシャシャギ出ない事を祈る、元々内臓に疾患があったし、華麗なる一族ならでは苦労も堪えないだろう、おかみさんも大変だと思うが一緒に居る時間が、病気の回復も早くなると思う

 

▶心労に重ねて地位の降格
弟子がんばって先場所成績良かったのに
体にきちゃったか
親方お大事に。

▶心臓を押さえて倒れたって書いてある記事もあるから、脳出血系ではないのかな
大動脈とかだとまたそれはそれでだけど

 

▶様々な人間関係の疲れと、この暑さで体が悲鳴を上げたのでしょう。
今はゆっくり休んで、相撲界を立て直してください

 

▶一時痙攣していて、意識不明だったそうです。今は意識も、戻ったみたいです。心配ですね。

 

▶熱中症ですかね?
日頃の疲れの蓄積かもしれませんし。
しっかり療養してお元気になられますように

最後まで読んでいただきありがとうございます。