出典:Twitter

フランスの司法筋は11日、2020年東京五輪招致に関わる贈賄の容疑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和(Tsunekazu Takeda)会長に対する正式捜査が行われていることを明らかにしました。

スポンサーリンク

JOCの竹田会長が贈賄の容疑で逮捕も

 【ブレスト(フランス)共同】フランス紙ルモンド電子版は11日、2020年の東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、フランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄の容疑者とする捜査開始を決定したと報じた。

ルモンドによると、フランス当局は、竹田会長が、五輪招致に向けて賄賂を支払うことを認めた疑いがあるとみている。昨年12月10日に竹田会長から事情聴取した。

引用:https://this.kiji.is

東京オリンピックを翌年に控えたこの時期のショッキングなニュース。

もしこのことが事実だとしたら、今度の東京オリンピック開催に大きな影響が出ることは避けられないでしょう。

スポンサーリンク

贈賄の内容は?

竹田氏に対する予審は昨年12月10日に開始され、2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会の投票前に200万ユーロ(約2億5000万円)を支払った疑いで予審判事が捜査を行っているという。

引用:時事通信社

オリンピックの開催地を決める投票前に、総額で2億5千万円もの大金を払った容疑が持たれています。

一部では先日逮捕された、日産自動車のカルロス・ゴーン氏の報復逮捕ではないか?との見方も出ており、今後泥沼化していく可能性もありそうです。

スポンサーリンク

JOC竹田会長 汚職疑惑の口コミ

▶あんりまぁ。
もちろん五輪誘致が綺麗ごとじゃないことはわかるが。
逆に言うと、そこまでして日本に誘致する必要あったんかな?
本当にインフラ整備、経済の起爆剤になるんかな?

 

▶あからさまな報復捜査ですね。
フランスってこういう事はきっちりやってくる。
ある意味、日本も見習ったほうがいい。
そろそろK国対策が必要でしょう。

 

▶ごーんの報復?
IOCにしてもJOCにしても、色々ややこしい話は
あったものね。
掘り返したら大変なことになるんじゃない?

 

▶わかりやすい意趣返し。同じ業界ではなく、害がなさそうなところをターゲットにしたようだ。オリンピック、ワールドカップの誘致でまったくのシロなど昨今皆無だろう。叩けばどこかから埃が出る。

 

▶ゴーン云々は関係なく、悪いことしたならきちんと裁かれるべき。

最後まで読んでいただきありがとうございます