萩生田文科相が、来年度から大学入学共通テストに導入される、英語の民間検定試験についての発言で謝罪したことが大きな波紋を呼んでいます。

政治家の失言が近年問題になっていますが、今回はどのような内容だったのでしょうか?

スポンサーリンク

萩生田文科相の謝罪した内容

出典:TBSニュース

萩生田文科相が謝罪した内容について、朝日新聞では以下のように報じています

2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験について、萩生田光一文部科学相がニュース番組で「身の丈に合わせて」と発言したことについて、批判が相次いでいる。萩生田氏は28日、報道陣の取材に対し、「受験生に不安や不快な思いを与える説明不足な発言だった」と謝罪した。

 

発言は24日夜のBSフジ「プライムニュース」でのもの。英検などの民間試験の利用で、受験生の経済状況や地理的条件によって不公平が生じないかと問われ、「それを言ったら『あいつ予備校通っていてずるいよな』というのと同じ」と反論。「裕福な家庭の子が回数受けてウォーミングアップできるみたいなことがもしかしたらあるのかもしれない」と述べた。試験本番では、高3で受けた2回までの成績が大学に提供されることを踏まえ、「自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえれば」と答えた。

萩生田氏は28日、不公平を容認しているとの指摘に対し、「どんなに裕福でも2回しか結果は提出できないので、試験の条件は平等な制度」と強調。「民間試験なので、全ての人が(本番の)2回しか受けてはいけないというルールにはなかなかできない」などと述べた。

英語民間試験は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るため導入される。受験生は英検など7種類から受ける試験を選び、原則として高3の4~12月に受けた2回までの成績が大学に提供される仕組み。

菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、萩生田氏について「適材適所だと思う」と述べた

出典:朝日新聞

スポンサーリンク

萩生田光一文科相について

出典:JCASTニュース

【名前】:萩生田光一

【読み方】:はぎうだ こういち

【生年月日】:1963年8月31日

【年齢】:56歳

【出身】:東京都八王子市

【所属政党】:自由民主党

【役職】:文部科学大臣

【学歴】:早稲田実業高等部-明治大学商学部

【在任期間】:2019年9月11日~現職

スポンサーリンク

辞任の可能性は?

今回の失言を受けて萩生田文科相の辞任の可能性はあるのでしょうか?

現時点では辞任について言及していませんが、世間はどのように考えているのか調べてみました。

Twitterでは辞任すべきとの声が多く挙がっています。

菅官房長官は「適材適所」であると、擁護する発言をしていますが、その発言にもすでに信用があるのか考えてしまいます。

ネット上の反応

謝罪はしても結論ありきの姿勢は変わらない。
守るべきはプライドと利権。

 

教育だけではなく、
この国がぶっ壊れる足音がする。
国民がどうにかアメリカやヨーロッパのようにもがかないと
スムーズに崖の下にダイブだよ。

 

この人はそもそも大臣の資質、いや国会議員としての資質が疑わしいと思う。
この人こそ、身の丈にあった事をすべきだと思う。

 

戦前体制の本音がこれでしょうね。能力もない世襲どもにとっては自分より能力の高い人が出てくると困るからな。

 

家庭の経済状況によって出来ることと出来ないことがあって、チャンスは不平等であることは、みんなわかっている。だから言っていること自体は間違っていないのだが、一国の教育行政を預かる責任者が、公の場でこれを口にしたのが問題。

 

これは地方に残ってもらう作戦なのかもしれませんね。試験代金と往復交通費と出せない経済力の家の子は、残って地元で結婚して子育てしてほしいと政府は思ってるんじゃないでしょうか。

 

貧乏な家庭でも本人の努力や才能で能力を発揮できるよう公平な機会を作るのが政府の役目だと思います。親の収入で機会を失わせることがあっては国の損失になる。

最後まで読んでいただきありがとうございます