出典:MBS

大阪府岸和田市で収容手続き中だった岡崎公栄被告(49)の逃走を助け、検察官をはねるなどしたとして野口仁容疑者(30)が逮捕されました。

逃走していた岡崎公栄被告も身柄が確保されたという報道に、一安心した方も多いと思います。

逮捕された野口仁容疑者とはどのような人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

ひき逃げ事件の女が逃走

10月30日に以下のような報道がされています。

30日午前10時50分ごろ、大阪府岸和田市上野町東の大阪地検岸和田支部前の路上で、保釈が取り消されて収容予定だった岡崎公栄(きみえ)被告(49)=道路交通法違反などの罪で公判中=が一緒に来ていた男と軽乗用車で逃走した。近くにいた検察事務官が車を制止しようとしてはねられ、両手に軽傷を負った。地検は岡崎被告の顔写真を公開し、大阪府警とともに公務執行妨害などの疑いで2人の行方を追っている。

地検によると、岡崎被告は昨年7月、無免許で車を運転し、自転車の子供にけがをさせたなどとして、今年2月に起訴された。翌月に保釈されたが、公判にほとんど出廷せず、地裁が保釈を取り消す決定をしていた。

岡崎被告はこの日、地検の出頭要請を受けて来庁。刑事施設に収容するとの説明を受けると、「荷物を取ってくる」と話し、外で待機していた男の運転する小豆色の軽乗用車に乗り込んだ。事務官4人が立ち会っていたが、男は車を急発進させて逃走した。

地検は事件の約5時間後に概要を発表したが、住民に注意を呼び掛けるための連絡を岸和田市にしていなかった。「事件の罪名や被告の年齢などを総合的に考えて判断した」としている。

検察庁の収容手続きを巡っては、神奈川県で今年6月、収容予定だった男が刃物を持って逃走。最高検は自治体などとの緊急連絡体制を構築するよう求める通達を全国の検察庁に出していた。

地検の上野暁総務部長は「対応に問題がなかったか検証したい」と話した。

出典:毎日新聞

刑務所に収容予定だった犯人が、白昼堂々と車で逃走したのです。

車を運転していたのが今回逮捕された野口仁容疑者でした。

https://www.youtube.com/watch?v=6RSplEgkd6c

スポンサーリンク

逃走女の身柄確保、協力者も逮捕

今回の事件について朝日新聞は以下のように報じています

ひき逃げ事件で収容される予定だった岡崎公栄(きみえ)被告(49)が大阪地検岸和田支部に出頭後、軽乗用車で逃走した事件で、大阪地検は1日、大阪府和泉市で岡崎被告を確保したと明らかにした。地検は1日、車を急発進させて検察事務官をはねたとして、岡崎被告の息子の野口仁容疑者(30)も公務執行妨害と傷害の疑いで逮捕し、発表した。

捜査関係者によると、2人は共謀して10月30日午前10時50分ごろ、大阪府岸和田市上野町東の地検岸和田支部前の路上で、野口容疑者が運転する軽乗用車に乗り、車を制止しようとした20代の男性事務官をはね、手や腕に1週間のけがを負わせた疑いがある。

捜査関係者によると、2人が確保された場所は、同府和泉市の集合住宅の一室で、知人宅とみられるという。

地検の説明では、岡崎被告は10月30日午前、野口容疑者が運転する軽乗用車で地検岸和田支部に出頭し、刑事施設への収容について検察官から説明を受けていた。岡崎被告から車に荷物を取りに行きたいと申し出があり、検察官が許可して、検察事務官4人が付き添って庁舎の外に出たが、岡崎被告は隙を見て、支部近くの路上に待機していた軽乗用車の助手席に乗り込み、車は急発進して逃走した。

岡崎被告は同府和泉市の交差点で昨年7月、無免許で車を運転中、小学生が乗った自転車をはねて軽傷を負わせて逃げたとして、今年2月に自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)などの罪で起訴され、翌3月に保釈された。岡崎被告は5月の初公判には出廷したが、その後の公判に姿を見せず、10月15日に保釈が取り消され、地検岸和田支部が収容のため出頭を求めていた。

出典:朝日新聞

スポンサーリンク

野口仁容疑者について

野口仁のプロフィール

【名前】:野口仁

【読み方】:のぐち じん

【年齢】:30歳

【住所】:非公表

【職業】:非公表

顔画像については現時点で公開されていないようです

野口仁の犯行内容

収容予定だった岡崎公栄容疑者を車に乗せ逃走を助けたのが野口仁容疑者です。

その際に検察事務官をはねるなど、公務執行妨害と傷害の疑い。

野口仁のSNS

野口仁についてFacebookやTwitterなどのSNSを調べてみました。

Facebookについては、同姓同名のアカウントが多くヒットしますが、犯人のものだと特定するには至っていません。

◆野口仁のFacebook検索結果

スポンサーリンク

岡崎公栄について

岡崎公栄のプロフィール

出典:MBS

【名前】:岡崎公栄

【読み方】:おかざき きみえ

【年齢】:49歳

【職業】:非公表

岡崎公栄の犯した罪

岡崎被告は2018年7月、無免許で車を運転し小学生が乗った自転車をはねて軽傷を負わせています。

2019年2月に自動車運転死傷処罰法違反などで起訴され、翌月の3月には保釈されていました。

 

5月の初公判には出廷したものの、その後の公判には出廷しなかったため、保釈が取り消されて刑務所への収容手続きの最中でした。

岡崎被告はどこに隠れていた?

長期化しなかったことが救いだった今回の逃走劇。

岡崎被告は和泉市内の民家に潜伏していたようです。

出典:MBS

逃走した大阪地検岸和田支部から和泉市までは車で20分弱です。

本当に逃げることが目的ならば遠くまで行こうという心理が働きそうですが、あえて灯台下暗しを狙って近くに潜伏していたのか?それともなにか時間をかせぐことが目的だったのか。

少し不可解な点ではあります。

野口仁との関係

岡崎公栄と野口仁との関係は親子だと報じられています。

名字が違うということは岡崎被告の人生が平らなものではなかったことを物語っています。

18歳か19歳で産んだ子供だと思われますが、いくら母親のためとは言え逃走を手伝い人をはねるようなことを大の大人がすることとは思えません。

ネット上の反応

旦那かと思ったらまさかの息子かよ

 

親がひき逃げなら子もひき逃げですか。そんなところ似なくていいのにね

 

まずは逃走犯の身柄が確保されて一安心。ですが補助したのが息子だったことに驚いた

 

不思議なのは保釈中の逃走は逃走罪にならないんだよな。

 

犯罪者には保釈中もGPSで監視してほしい

 

写真見ても薬やってるとしか思えない人相。薬抜く時間を稼ごうとしたのか?

最後まで読んでいただきありがとうございます