元乃木坂46のメンバーで現在はタレント・YouTuberとして活躍している伊藤かりんさんが「今夜くらべてみました」に出演するということで話題になっています。

伊藤かりんさんといえば口元や将棋、しゃくれのことなど注目されていました。

そこで今回は伊藤かりんについて・・・

  • 結婚した旦那っているの?
  • 手術したあとの写真が見たい!
  • 卒業した理由ってなんだったの?

こんな内容で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

伊藤かりんのプロフィール

【名前】:伊藤かりん

【出身地】:神奈川県横浜市

【生年月日】:1993年5月26日

【年齢】:28歳(2021年9月現在)

【身長】:154cm

【血液型】:O型

【趣味】:将棋、玩具の収集

【特技】:大食い、将棋

【好きな食べ物】:唐揚げ、練乳

【好きなブランド】:tsumori chisato

【好きな言葉】:一攫千金

【所属事務所】:乃木坂46合同会社

スポンサーリンク

伊藤かりんの経歴

1993年に神奈川県横浜市で生まれ育った伊藤かりんさん。

幼稚園の頃テレビで見たモーニング娘。に憧れて、この頃からアイドルを目指すことになります。

小学3年の頃からアイドルを目指しオーディソンに応募するもすべて落選。

高校時代にはボーカルレッスンを受け学園祭で披露したバンドではボーカルを担当しました。

 

高校3年生の時に「乃木坂46一期生オーディション」に応募するも落選。

1ファンとしてライブや握手会に通い2期生オーディションで見事合格。

2013年シングル曲「ガールズルール」でデビューしました。

 

2019年5月にシングル曲「Sing Out!」の発売記念ライブを最後に乃木坂46を卒業。

卒業後はタレントとして活動し、自身のYou Tubeチャンネルも開設しています。

スポンサーリンク

卒業理由とは?

2019年に乃木坂46を卒業した伊藤かりんさん。

ご本人がブログで卒業理由としたのは

私のやれることはもうない

といったものでした。

また

ずーっと!一生!おばあちゃんになるまで乃木坂にいたい!そのくらいこのお仕事が大好きで、メンバーが大好きで、スタッフさんが大好きで、なによりファンの皆さんが大好きです!

と語っています。

この文面から好きなグループを辞めなければならないなんらかの事情があったのかもと想像してしまいます。

噂ですが卒業理由には西野七瀬さんが関係しているのではと言われています。

二人は乃木坂46のメンバーの中でも特に仲良しでした。

オフには2人で4泊5日の海外旅行に行くほどです。

 

その西野七瀬さんが卒業したのが2019年2月。

そこから1ヶ月も経たないうちに伊藤さん卒業を発表したところをみると

大きな支えになっていた西野さんの卒業が影響を与えた可能性も大いにありそうですね。

スポンサーリンク

2021年現在手術後の画像

伊藤かりんさんは2021年5月19日、自身のYou Tubeチャンネルに投稿した動画内で「顎変形症」であることを公表しました。そして5月30日にインスタグラムに手術5日後の写真をアップしました。

術後は固形物も食べられない状況だったようで、インスタには「早く固形物食べたいな!」の文面が。

6月9日には「カレー食べられるようになりました」と術後の経過が順調であることを報告しました。

結婚した旦那がいる?

伊藤かりんさんを検索すると「結婚」「旦那」というキーワードが人気になっています。

卒業後に結婚しているのか非常に気になります。

調べてみましたが伊藤かりんさんは結婚しておらず現在独身のようです。

 

ではなぜ結婚について注目されていたのか。

その理由の1つ目がこちらです。

婚姻届に伊藤かりんさんの名前が記載された画像が、2020年12月にインスタに投稿されました。

伊藤かりんが結婚!?と騒然となりましたが、よく見ると証人の欄です。

そう、これは友人の婚姻届の証人として記載したものだったのです。

とはいえ、ファンの方からすると心臓が飛び出るほどびっくりする画像かもしれないですね。

 

そして理由2つ目がこちらです。

伊藤かりんさんには交際しているのでは?と噂になっている人物がいます。

その人物とはプロ棋士の中村太地さんです。

将棋好きの伊藤かりんさんと中村太地さんは仕事でも一緒になる機会が何度もあり

中村太地さんが伊藤さんの握手会に出向いたこともあったそうです。

しかしながら2人が交際しているなどの報道は一切なく、ツーショットなどの目撃情報もないので、あくまで噂の域を抜け出していないのが現状です。

伊藤さんの結婚が発表されるのはもう少し先になるのかもしれないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます