フジテレビの女子アナウンサーである小室瑛莉子アナが「もしもツアーズ」や「FNN Live News イット」などに出演してかわいいと話題になっています。

小室瑛莉子アナといえば高校や身長、ミスコンの情報なども注目されています。

そこで今回は小室瑛莉子アナについて・・・

  • かわいい画像が見たい
  • 親のコネの噂ってホント?
  • 彼氏の噂とかあるの?

こんな内容で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

小室瑛莉子のプロフィール

【名前】:小室瑛莉子

【読み方】:こむろえりこ

【出身地】:神奈川県相模原市

【生年月日】:1999年3月2日

【年齢】:23歳(2022年6月現在)

【身長】:159cm

【血液型】:A型

【趣味】:マンガ、アニメ、ゲーム実況を見る、ロードバイク

【特技】:そろばん、大きい声を出すこと

【資格】:珠算検定1級

【デビュー】:2021年

【学歴】:青山学院大学経営学部(卒業)

【出演番組】

  • めざましテレビ(2021年)
  • バイキングMORE(2021年)
  • FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜(2021年)
  • もしもツアーズ(2022年)
  • ポップUP!(2022年)
  • ノンストップ!(2022年)
  • FNN Live News イット!(2022年)
スポンサーリンク

小室瑛莉子の経歴

1999年3月2日に神奈川県相模原市で誕生した小室瑛莉子アナ。

家族構成は父親、母親、兄の4人家族という家庭で育ちました。

中学校は東京都の私立穎明館中学出身でテニス部に所属していました。

高校は東京都の私立穎明館高等学校。

1年生の途中までテニス部に所属しており、退部した後は生徒会で委員長を務めていました。

青山学院大学に進学。経営学部の経営学科に在籍しフットサルサークルやボランティアサークルに所属していました。大学3年次には「ミス青山コンテスト2019」に出場し準グランプリに輝いています。

2019年には美学生図鑑のウェブサイトに掲載。

大学卒業後はフジテレビにアナウンサーとして入社。

入社初年度から「Live News イット! 」「めざましテレビ」「FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜」「BSフジニュース」「BSフジLIVEプライムニュース」など数多くの番組に出演。

2022年からは「もしもツアーズ」のツアーガイドに選出されたほか、「ポップUP」「ノンストップ」「FNN Live News イット!」など人気番組に立て続けに出演しています。

スポンサーリンク

彼氏の噂は?

美人アナウンサーの小室瑛莉子アナの彼氏について気になる方が多いようです。

さすがに入社2年目のアナウンサーなので過去に週刊誌などで熱愛スクープをされたことはありません。

インスタの投稿に彼氏の匂わせなどがあるのかも調べてみましたが、仕事に関連する投稿のみでプライベートのガードは固いですね。逆に考えるとガードが固いということは彼氏の存在を隠しているなんてこともあるかもしれないですね。

理想の男性は「チャラくなく約束をちゃんと守る人」

スポンサーリンク

親のコネの噂

小室瑛莉子アナには「親のコネで入社したのではないか?」という噂があります。

なぜこういった噂が流れているのかというと、入社1年目からかなりの数の番組に出演し。2年目には人気番組のレギュラーにも複数抜擢されるなどしたためです。

コネ入社の真偽についてははっきりとしたことは分かりませんが、コネが疑われるのは目立つ新人アナウンサーの恒例行事のようになっているのもまた事実です。

出演番組が増えているのは親のコネよりも小室瑛莉子さんの努力の結果だと思います。

人物像やエピソード

・3歳年上の兄と2人暮らししており兄のほうが美意識が高いという

 

・大学1年の夏休みにタイやカンボジアなど4カ国を8kgのバックパックを背負い旅をした

 

・実家は山や川など自然がすぐ近くにあり幼い頃から虫や動物に興味があった

 

・自身の短所はファッションセンスがないところと言いスカートよりズボン、ひらひらなデザインよりタイトなニットが好きだという

 

・もともとインドア派で休日はゲームをしたりアニメを見て過ごす。食事の時以外はテレビの前から動かずずっと床にへばりついている

 

・好きなものはうどん、納豆、いちご、ネコ、アイスクリーム。アイスは6人分くらい買ってストックしている

 

・大学生の時に亡くなった祖父が「アナウンサーになってくれたらうれしいな」という言葉がきっかけで本格的にアナウンサーを目指すようになった

かわいい画像

小室瑛莉子アナのインスタなどに投稿される画像がかわいいと話題になっています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます