トーストアートで注目を集めているアーティストの佐々木愛実さんがプレバトに出演するということで話題になっています。プレバトでは新しい企画として「トーストアート才能ランキング」が2022年6月16日からスタート。

佐々木愛実さんはトーストの上に様々な食材を乗せて、見た目のアート性はもちろん味も含めて綿密に計算しつくされたトーストアートが注目されています。

そこで今回は佐々木愛実さんについて・・・

  • wikiプロフィールは?
  • 経歴は?
  • 年齢や高校大学は?
  • 作品の画像が見たい

こんな内容で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木愛実のプロフィール

【名前】:佐々木愛実

【読み方】:ささきまなみ

【出身地】:東京都

【居住地】:東京都多摩地域

【生年月日】:後述

【年齢】:後述

【身長】:非公表

【血液型】:非公表

【趣味】:ダンス

【職業】:デザイナー、アーティスト

【学歴】:武蔵野美術大学(卒業)

【出演】

・プレバトMBS(2022年)

・ねこのめ美術館Eテレ(2022年)

・ナニコレ珍百景(2021年)

スポンサーリンク

佐々木愛実の年齢

佐々木愛実さんは生年月日や年齢は公開していません。

ですが過去に新聞に掲載された際に記事には生まれ年と年齢が記載されています。

1992年生まれで28歳との記載があります。

2021年9月の記事であるため誕生日によって年齢が変わりますが2022年度で29歳もしくは30歳になる年齢だと思われます。

スポンサーリンク

佐々木愛実の経歴

1992年に東京都で誕生した佐々木愛実さん。

高校の卒業式が震災の日でした。

また高校時代浪人を経験しているそうです。

 

大学は武蔵野美術大学。工芸工業デザイン学科に在籍。3年生に進学した際に「基礎デザイン学科」に転科しています。宮城県石巻市にて復旧支援の手伝いをした経歴もあります。

2016年大学卒業後、新卒でデザイン会社「株式会社コンセント」に入社。

2022年6月現在も勤務していらっしゃいます。

 

入社1年目は雑誌「オレンジページ」のデザインチームに所属し主に記事ページのデザインを担当していました。

紙媒体を担当する部署でカタログやパンフレットの制作も経験してます。

 

2年目には紙媒体やweb、動画などを担当する部署へ異動。

web デザインやイベント運営などを手掛けています。

入社2年目に会社のホームページにインタビューが掲載されています。

コロナ禍によってテレワークになったことで2020年4月からトーストアートを開始しSNSで大きな注目を集めています。普段は1時間半あった通勤時間がなくなったことで起床時間が遅くなり怠慢になったことでトーストアートを始めました。

その美しさと独創性がSNSで注目を集め多数の海外メディアに掲載。

2021年にはナニコレ珍百景、2022年にはプレバトに出演し注目を集める。

 

アクセサリーブランドを母親と作っておりイベントに出店もしています。

2021年4月にはYou Tubeチャンネル「SASAKI MANAMI」を開設。

製作工程なども含めたトーストアートのメイキング動画を投稿しています。

 

スポンサーリンク

佐々木愛実の作品

佐々木愛実さんはインスタやツイッターにトーストアートの作品を投稿しています。

その素晴らしい作品を一部ですがご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MANAMI SASAKI / sasamana(@sasamana1204)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

MANAMI SASAKI / sasamana(@sasamana1204)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

MANAMI SASAKI / sasamana(@sasamana1204)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

MANAMI SASAKI / sasamana(@sasamana1204)がシェアした投稿

アートとしてビジュアルがキレイなのはもちろんですが、食べ物として味にもこだわっているところにアートとしての新しさを感じます。

ただこれだけの完成度ですと食べるのがもったいなくなりますね(笑)

人物像・エピソード

・トーストの作品は約3時間かけて制作する

 

・インスタのフォロワー80%が海外の人

 

・描きたいものを決めてから近所のスーパーで食材を調達する。食材を見つめすぎて店員に怪しがられることもある

 

・出身高校は非公表

佐々木愛実のまとめ

  • 大学は武蔵野美術大学
  • デザイン会社に勤務
  • 海外のメディアにも多数掲載

最後まで読んでいただきありがとうございます