こんにちは。

今回は2022年9月16日に逮捕された第一三共株式会社の社員について書きます。

逮捕されたのは吉田佳右(けいすけ)容疑者40歳です。

吉田佳右とはどのような人物でなぜ逮捕されたのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

吉田圭右が逮捕された事件について「NHKニュース」では以下のように報じています。

NHKの記事によれば2022年1月15日同居する妻に有毒のメタノールを飲ませて殺害した疑いがあるとのことです。

 

ことし1月、東京 大田区のマンションで妻にメタノールを飲ませるなどして殺害したとして、警視庁が製薬会社に勤める40歳の夫を殺人の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かりました。
夫は薬品の研究や開発の業務にあたっていて、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

ことし1月、大田区西馬込のマンションの1室で、この部屋に住む吉田容子さん(40)が意識不明の状態となり、病院に運ばれましたがその後、死亡しました

捜査関係者によりますと遺体からはメタノールが検出され、死因は「急性メタノール中毒」だったということです。

警視庁は、当時の状況などを捜査していましたが、夫で製薬会社に勤める吉田佳右容疑者(40)が妻にメタノールを飲ませるなどして殺害したとして16日、殺人の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かりました。

これまでの捜査で、メタノールの入手経路や摂取させた方法については特定されていないものの、捜査関係者によりますと、夫は勤務先で薬品の研究・開発の業務にあたっていてメタノールを取り扱う機会があったということです。

市販のものなど外部から購入した履歴は確認されていないということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

警視庁の任意の調べに対し、容疑を否認していたということです。

引用:NHK

引用:テレ朝news

 

吉田佳右はメタノールを飲食物に混ぜて接種させたと見られています。

死亡する前日15日には以下のような妻・容子さんの行動が確認できたといいます。

 

・妻の容子さんが嘔吐

・ろれつが回らない

・冷たい風呂に入る

 

通常では考えられない妻の行動です。

逮捕された吉田佳右とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

吉田佳右のプロフィール

イラスト

吉田佳右のプロフィール

【名前】:吉田佳右

【読み方】:よしだけいすけ

【年齢】:40歳

【住所】:東京都大田区西馬込1丁目

【職業】:第一三共研究員

【闘技】:殺人容疑

【学歴】:千葉大大学院

 

吉田佳右の顔画像はすでに報道で公開されていますがイケメンだという声も上がっているようです。

自宅住所は「東京都大田区西馬込1丁目」にあるマンションです。

 

スポンサーリンク

 SNS・学歴や経歴は?※追記

吉田佳右のSNSは特定されているのでしょうか?

調べてみましたが、現時点で同姓同名のアカウントが確認はできているものの、特定には至っていません。

 

※追記

その後の報道で吉田容疑者の経歴や学歴が判明しました。

出身大学は北海道大学薬学部であり、大学院まで修了し第一三共に入社。

仕事と勉学を両立させ千葉大の大学院に通い2015年には博士号を取得しています。

 

創薬に必要な化学物質の合成法の新たな手法を研究し、第一三共では新薬の開発を担当していました。

2018年から2年間はアメリカの大学に博士研究員として留学している人物です。

 

妻の容子さんも京都大学大学院を卒業後、研究員として第一三共に入社しています。

2010年に吉田容疑者と結婚したことを機に退職していました。

 

吉田容疑者の大学時代をよく知る人物は

 

 

・成績優秀で人気者

・いつも人の輪の中心にいた

・同級生を飲みに誘う姿が印象的

 

 

と話しています。

その一方で「夫婦仲が悪かった」とう証言もあり、妻との関係は冷めきっていたようです。

SNS、特にFacebookが判明するとそこから大学や高校が判明することが多いです。

経歴については大阪大学の研究員に同姓同名の人物がおり、薬物関係の研究をしていることが一致していることから犯人との関連性がささやかれているものです。

しかしながら、その研究員=犯人であると確証が持てる状況ではないため、過度な情報の拡散は禁物です。

スポンサーリンク

ネット上の反応

イラスト

 

この男は研究職とのことだからメタノールぐらいは簡単に持ち出せる立場にあるだろうが、第一三共ぐらいの会社なら毒劇物はけっこう真面目に管理してるだろ。誰がどれだけ使ったかの記録は残ってないのか?

もし履歴も残さず100mlぐらい持ち帰えれるとすれば、こりゃ会社の管理上問題あると言ってもいいね。

急性メタノール中毒の致死量には個人差があるが、製薬会社勤務ということから純度の高いメタノールの入手は容易だっただろう
純度が高く、空腹時であれば10mlでも死に至る

死後でも体内で分解されるが、ホルムアルデヒドや蟻酸などの異常値が検出されれば死因は解明される
完全犯罪などあり得ない

コロナ禍初期、エタノールが品薄になり誤ってメタノールを購入した人もいるかと思うが取り扱いには十分に気をつけて欲しい

薬局で手に入るメチルアルコールは工業用などで、燃料として使われることが多い
誤飲では失明などが知られているが、人によっては重度の内臓系障害が起こったり、最悪の場合は死に至る

意識障害がある場合には、救命センタークラスの救急外来では薬物中毒も疑い、薬物検査をやるのが普通ですね。

それ以外にメタノール中毒は強い”代謝性アシドーシス”を起こしますから、最初に動脈血ガス分析を行えば疑いやすいですね。

残念ながら救命できなかったようですが、証拠は残ったのでしょうね。

引用:Yahooニュースコメント

メタノールの入手経路

今回の犯行に使われたとされる「メタノール」

よく耳にするエタノールとメタノールですが2つともアルコールであることに違いはありませんが、その違いは毒性でメタノールは人体に有害とされています。

 

メチル(目散る)アルコールなどと一部で言われるほどです。

失明には10ml、致死量は30ml~100mlとされており、個人差が大きいものであるといいます。

 

わずか15mlを飲んで死に至るケースもあるという。

イラスト

通常メタノールを入手は製薬会社などで販売されている。

一般の人間でも入手できるが、吉田佳右容疑者は製薬会社勤務であることから、製薬会社から入手することは容易だったと思われる。

 

また購入せずとも第一三共の研究所にもメタノールは当然保管されているものであり、会社から持ち帰り入手したことも考えられるものです。

いずれにしても吉田佳右がメタノールの入手することは、容易だったということです。

子供の今後は?

イラスト

吉田佳右には小学生の息子がいると報じられています。

妻の容子さんと息子の3人ぐらしでした。

今回吉田佳右容疑者が逮捕されたことにより、子供はどうなってしまうのでしょうか?

考えられるのは

 

・妻の両親や親族が面倒を見る

・吉田佳右の両親や親族が面倒を見る

・引き取り手がない場合児童福祉施設で預かる

 

以上のような方法が考えられます。

子供からすればいつも美味しい食事や家事をしてくれた母親が亡くなってしまい、信じていた父親が警察に逮捕されたとなればその心の傷も小さいものではないだろう。