競歩の荒井広宙(あらいひろおき)選手が世界陸上で大きな注目を集めています。

リオオリンピックでは日本競歩界初の銅メダルを獲得するなど、近年の実績が際立っていました。

 

今回の世界陸上でもメダル候補として大きな注目を集めレースに臨んでいます。

 

追記:

世界陸上ロンドンにて荒井広宙選手が銀メダルを獲得しました。

荒井選手おめでとうございます!

 

今回は競歩の荒井広宙選手について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

荒井広宙のプロフィール

 

出典:http://www.joc.or.jp

 

【名前】:荒井広宙(あらいひろおき)

【出身】:長野県上高井郡小布施町

【生年月日】:1988年5月18日

【年齢】:29歳

【身長】:180cm

【体重】:62kg

【学歴】:福井工業大学

【所属】:自衛隊体育学校

 

スポンサーリンク

 

荒井広宙の過去の成績

 

荒井広宙選手は日本競歩界のエースと呼べるほどの成績を残しています。

高校2年生の時に競歩を始めた荒井広宙さんは、2015年の日本選手権で50km競歩にて優勝をしています。

 

出典:http://syoshinmono.com

 

その勢いのまま2015年世界陸上北京では4位に入賞。

そしてリオデジャネイロ五輪ではアクシデントに見舞われながらも、日本競歩界において初めてのメダルとなる銅メダルを獲得しました。

 

そして記憶に新しい世界陸上ロンドンでは見事に銀メダルを獲得するなど、日本の競歩レベルを間違いなく引き上げた人物です。

 

スポンサーリンク

 

劣等生だった?

 

今でこそ日本競歩界のエースですが、高校時代は劣等生だったそうです。

中野実業高校に入学し陸上部に入部した荒井広宙さんは、そのレベルの高さについていけずウォーミングアップの時点で戻してしまうような選手だったのです。

 

もちろん長距離では補欠にすら入れない選手だった荒井広宙さんでしたが、ここで監督から競歩への転向を勧められたことがきっかけで、現在の活躍があるのです。

 

競歩というと花形であるマラソンや1万メートルとは違い、世界的に見ても地味な競技だったので、荒井広宙さんもいやいや練習をしていたそうです。

 

ですが大きな大会で結果を残したことで、競歩の選手として生きていこうと覚悟を決めてから、彼の快進撃が始まったのです。

 

スポンサーリンク

亡き母のために

 

荒井広宙さんは2014年11月にお母様を亡くしています。

ガンと闘病中だったということで、身内から母の病状が良くないという連絡がきて合宿を切り上げて、看取ることができたそうです。

 

お母様は明るい方で常に荒井選手を応援してくれたそうです。

亡き母の分まで全力で歩く荒井広宙さん。

 

リオオリンピックでは銅メダル、世界陸上ロンドンでは銀メダルと、世界トップレベルの選手となった荒井広宙さんは本当に日本の誇りですね。

 

お母様、息子さんは日本陸上界のエースにまで成長しましたよ。

 

接触から失格を乗り越えて

 

荒井広宙選手はリオオリンピックで銅メダル獲得していますが、この時にトラブルが起きているのです。

レース終盤に競っていたカナダのエバン・ダンフィー選手に荒井選手が接触し、3位でゴールしたものの一度はレース後に失格の処分を受けているのです。

 

ですがエバン・ダンフィー選手がレース後に荒井選手に謝罪し、選手同士でハグするなど問題がなかったことを強調したため、荒井選手の銅メダルが認められたのです。

 

普通ならば荒井選手が失格になったほうが、自分にメダルが転がり込んでくるわけですから、むしろ逆の抗議をすると思います。

 

ですがそれをせずにスポーツマンらしい正々堂々と戦い、不正はなかったことを強調したエバン・ダンフィー選手にはメダル以上の大きな拍手と称賛の声が世界中から挙がりました。

 

競技である以上勝つために全力になることは当然ですが、相手の不正ではなかったことをアピールするなんて素敵な選手ですね。

 

結婚している?

 

29歳の荒井広宙選手ですが、結婚しているのか調べてみたところそういった情報はありませんでした。

荒井選手の応援団にはいつもお父様の姿がありますが、奥様やお子さんが出たということはなかったので、独身なのではないでしょうか。

 

世界陸上で銀メダル獲得!!

 

只今世界陸上ロンドンで荒井広宙選手が見事銀メダルを獲得しました。

最後まで日本の荒井選手と小林選手が2位を争う姿は見ていて気持ちが良かったですね。

 

 

 

 

荒井選手本当におめでとうございます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。