自民党の橋本英教議員がアルコールを公務中に飲み、アルコール依存ではないかと話題になっている。

橋本英教議員は普段から酒の匂いがしていたという多数の証言もあり、地元から議員の資質が問われているのである。

 

その結果、橋本英教を更迭を求める「嘆願書」が提出されるなど、自体はおだやかではないようである。

 

ここでは橋本英教を様々な視点から書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

橋本英教のプロフィール

 

出典:自民党

 

【名前】:橋本英教

【読み方】:はしもと ひでのり

【出身】:岩手県大船渡市

【生年月日】:1967年8月28日

【年齢】:49歳

【学歴】:慶應義塾大学商学部

 

橋本英教の経歴

 

  • 1999年 岩手県議会選挙で初出馬するも落選
  • 2003年 岩手県議会選挙に再出馬するも落選
  • 2005年 衆議院議員選挙に出馬し落選
  • 2012年 衆議院議員選挙に再出馬し比例東北ブロックで当選

 

大学を卒業してから5年ほど「電源開発株式会社」に勤務し、退社後岩手県議会選挙に出馬し2度落選している橋本英教。

 

その後秘書として活動し、2012年衆議院議員選挙にて比例区で当選をしているのです。

 

スポンサーリンク

 

当選後に結婚

 

2012年に念願の初当選を果たした橋本英教。

 

その後2015年に墨田区議会議員の中沢えみりさんと結婚しているのです。

 

出典:Amebaプロフィール

1979年生まれの37歳であり長年墨田区の区議会議員として活躍する人物である。

ロンドン大学ゴールドスミスカレッジを卒業しており、イギリスケント州バステンスクールに留学した経歴を持つ。

 

2015年11月24日の区議会議員のブログには、結婚披露会の様子が記事になっています。

 

出典:http://blog.goo.ne.jp/keiko4326

仲間の議員からも祝福されている様子がわかりますが、まさか橋本英教議員がアルコール依存だったとは思わなかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

その後離婚している

 

2015年に結婚している橋本英教と中沢えみりさんですが、2人はその後離婚しているようです。

離婚した時期などについては情報が出回っていないようですが、後に書いていきますがアルコール依存や中国人女性との関係があったようです。

 

中国人女性に関しては愛人なのかという疑問もあるが、橋本英教はこれに関して「彼女は中国に帰ったよ」と発言しており、現在は関係が途切れているようだ。

 

中国人女性について

 

どうやら中国人女性というのは橋本英教の選挙活動を手伝っていた人物だったようです。

夜の店に勤めていた女性を橋本英教が事務所スタッフにしたのだとか。

 

さらに自分が住む議員宿舎の部屋に中国人女性の家具を運び込んで住ませていたという情報もあります。

 

周りには「住んでいたアパートを追い出されたので、荷物を預かっているだけです」と話していたそうですが、荷物を取りに行くことを口実にたびたび議員宿舎に泊まっていたそうです。

 

これではほとんど愛人とかわらない扱いだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

アルコール依存がやばい

 

さて、地元から更迭をお願いする「嘆願書」まで提出されている橋本英教。

彼のアルコール依存は相当なものだったようです。

 

  • 公務のある日に朝からコンビニで缶ビールを買い飲む
  • 議会中はもちろん話すと常に酒臭い
  • 酒の飲み過ぎで1ヶ月以上入院

 

公務中に朝からコンビニに寄って缶ビールを車の中で飲んでいたということです。

議員のみならず仕事中に飲酒をするなど、言語道断ですよね。

 

議会では橋本英教から常に酒の匂いが、話をすると誰もがわかるほど臭っていたとか。

そのため周りの議員からは彼がアルコール依存症なのは有名な話だったとか。

 

出典:台湾新聞 BLOG

上の写真は会見の様子ですが、この時もアルコールを飲んでいたのでは?という疑いを持ってしまいます。

 

さらに酒の飲み過ぎで肝臓を悪くして入院していることから考えても、相当な量の酒を毎日飲んでいたのではないでしょうか?

 

ちなみに記者がインタビューすると・・・

「彼女は中国に帰ったよ。(宿舎の規程は)知らなかった、それは。(嘆願書は)聞いたことがない。出てるの?! うるさいよ。あ〜あ、あ〜あ、けっこう!」

と、まるで新橋のおっちゃんのような対応だったといいます。

これではアルコール依存が疑われてもしょうがないですよね。

 

ここまでまとめると、地元から更迭の嘆願書が提出されるのも納得してしまいます。

 

Yahooで橋本英教を検索で調べると「くず」というキーワードがヒットするなど、すでに彼に対して不信感が強かったことがこれを見てもわかります。

 

このことは「週刊新潮」にて「自民党魔の2回生」というタイトルで記事になっており、重婚の中川俊直、公用車通園の金子恵美、絶叫暴言の豊田真由子とともに、アルコール依存の橋本英教として情報が世に出たのです。

 

ネット上の声

 

 

 

 

 

 

 

 

暴言、失言、重婚、不倫、と不祥事が続いていた自民党議員にまたも発覚した驚愕の事実。

これだけの材料があると、彼の議員辞職は免れないと思われます。

 

自民党の議員さんにはもう懲り懲りだという声も多い中、今後どうやって挽回していくのでしょうか?

橋本英教議員の今後に注目していきたい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。