千葉県印西市の老人ホームで職員の飲み物に睡眠導入剤を混入させ、殺人未遂などの容疑で逮捕された印西市大森に住む波田野愛子に新しい事実が浮上しました。

 

殺人未遂だけでも大きなニュースでしたが、彼女の周囲では薬を盛られたと思われる体の異常を訴える人が続出していたそうです。

 

ここでは波田野愛子に関して書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

逮捕された容疑

 

出典:千葉日報

波田野愛子は老人ホーム「よしきり」で准看護師として勤めていた71歳の女です。

逮捕された容疑は、同僚の女性とその夫に睡眠導入剤を飲み物などの混入して飲ませ、その後運転した女性職員が交通事故を起こしたことによる殺人未遂です。

 

波田野愛子は女性職員が車で帰宅することを知っていながら、睡眠導入剤を飲ませたことで、彼女の命を狙ったと見られているのです。

この女性職員はインタビューに対して

「体が急にふわっとしてきて、そのあと立っているのもしんどくなって、その後は、ほぼ覚えていないです。『なんで?』と陰で聞いたら、波田野さんが何か入れていたと」

と話しており、波田野愛子が飲み物に何かを混入させていたことを目撃しているのです。

 

これだけでも大きな事件ですが、彼女の周囲では他にも多数の体調不良を訴える出来事が起きていたのです。

 

スポンサーリンク

 

過去に同僚が死亡していた

 

今回の波田野愛子が逮捕された事件は5月に起きています。

ですが逮捕後の警察の調べで、2月5日の夕方にやはり同僚の女性が車での帰宅時に交通事故を起こし死亡していたのです。

 

こちらは波田野愛子との関連は分かっていませんが、5月に起きた殺人未遂事件と似ている状況が多数あり、現在千葉県警が彼女との関連を調べています。

 

亡くなった女性は60代の職員であり、仕事が終わった後、軽自動車で帰宅中に対向車と衝突し事故が起きています。

 

老人ホームの別の職員によると、この亡くなった女性はお昼くらいからめまいや頭痛を訴えており、波田野愛子との関連もあるとのこと。

推測になりますが、睡眠導入剤を彼女に飲ませ運転中に急な眠気が襲うように波田野愛子が仕組んだ可能性が高いと感じます。

 

スポンサーリンク

 

新たな事実も浮上

 

さらにこれだけではとどまらず、波田野愛子の周囲では様々なことが起きていました。

この老人ホームで働く職員、13~14人がめまいや頭痛、足元のふらつきなどの症状を訴えていたのです。

 

幸い他の職員は事故にはあっていないものの、交通事故にあった女性と同様の症状に波田野愛子が関連している可能性も十分あるのです。

 

現在千葉県警が薬の入手先を調べているとのことですが、准看護師という立場を利用すればそういった薬を不正に手に入れることも可能であるでしょう。

 

スポンサーリンク

動機は何か?

 

波田野愛子が周囲の職員に薬を盛っていた動機は何なのでしょうか?

職場の人間関係が悪く、周りの職員が体調不良になることを楽しんでみていたのでしょうか?

 

そうだとしたら准看護師という以前に、人として許されることではありません。

 

または金銭などの目的があったのでしょうか?

ただ自分の夫などの身内ならばともかく、他人が事故にあったことでケガをしたり亡くなってしまっても、金銭を手にすることは難しいですよね。

 

こうなると同僚を傷つけて楽しんでいた快楽的な部分があったのではないかと思われます。

 

まとめ

 

  • 同僚女性と夫に睡眠導入剤を飲ませ、殺人未遂で逮捕
  • 過去に同僚の女性が帰宅中に交通事故で死亡している
  • 他の同僚も体調不良を何度も訴えていた
  • 波田野愛子が飲み物に何かを入れる所を目撃されている

 

まとめるとこのようになりますがいずれにしても、1人の人間に対しての殺人未遂は立証されていますから、2月に死亡していた職員についても当然関係があると思われます。

 

この状況だと、今後まだまだ関連する事実が出てくる可能性も十分ありそうです。

波田野愛子についてこれからの続報に注目していきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。