かの鳩山邦夫の息子で、議員を務めていた鳩山太郎が、実はアニメオタクらしいです。

そんな鳩山太郎のお気に入りのアニメは、『まもって守護月天!』

なんとこのアニメ専用のDVDプレイヤーまであるのだとか。

 

スポンサーリンク

 

o_photo_hatoyama_l

 

他にも漫画が大好きで、iPadになんと1300冊分の漫画が入っているのだとか。

なんとも予想外というか、有名な議員の息子でも、アニメやマンガ好きのオタクになるんですね。

 

スポンサーリンク

 

ちなみにまもって守護月天!とは月刊少年ガンガンという雑誌で

1996年から2000年まで掲載されていた、ファンタジー要素の強い

ラブコメディーです。

51DceMUqWuL._SL500_AA300_

 

スポンサーリンク

 

あらすじは・・・

一人暮らしの中学2年生の少年七梨太助のもとに、中国を旅している父親から手紙と一緒に支天輪(してんりん)という八角の輪が送られてきた。その支天輪から現れた、月をつかさどり不幸から主を守る精霊守護月天 小璘(シャオリン)と同居する。その後、同じく父親から送られてきた黒天筒からは慶幸日天 汝昴が、短天扇からは万難地天 紀柳が現れ、彼女たちとも同居する。シャオと太助は次第に惹かれあい、シャオの守護月天としての封印は自然にとけてゆくことになる。

 

というまあよくあるのかないのかわからんような内容ですが

鳩山太郎がはまってるにはどんな理由があるんですかね。

 

また漫画ではiPadに1300冊分の漫画が入っていて、

その総額52万円分というから金持ちのやることは

規格外ですごいとおもう。

 

実際金持ちのオタクってどのくらいいるのか、知りたいような知りたくないような

感じですが、お金は余ってるでしょうから、こういうところにじゃんじゃん使ってもらって

経済が少しでも潤うように、鳩山太郎にはオタク道を極めて欲しいものです。