イターで、『キャバ嬢の社会学』の著書である北条かやに関して、炎上理由や離婚した夫は、誰なのかが話題になっている。

 

北条かやといえば、FacebookとTweetが、話題になっている。

 

その一方で、本名が公表されているのかが、話題になっている。

 

そこで、北条かやに関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や高校大学に血液型や生年月日は?
  • 炎上理由の詳細まとめ
  • 離婚した夫は?

 

この疑問に答えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

北条かやのプロフィール

 

 

【名前】:北条かや

【読み方】:ほうじょう かや

【出身地】:石川県金沢市

【生年月日】:1986年??月??日

【年齢】:30歳~31歳(2017年5月現在)

【血液型】:A型

【デビュー】:2014年

【職業】:ライター

【所属事務所】:オスカープロモーション

【学歴】

  • 同志社大学社会学部
  • 京都大学大学院文学研究科

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズ・カップサイズは?

 

 

【身長】:157センチ

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Bカップ(推定)

 

長が157センチと30歳~31歳の女性の平均身長に1.92センチ低いです。

 

さすがにライターであるため、スリーサイズや本名は、公表されていないようである。

 

だが、動画や画像を調べると、着てる服によって、Bカップに見えると思います。

 

スポンサーリンク

 

北条かやの経歴

 

 

川県金沢市で、生まれ育った北条かやは、同志社大学や京都大学で学び、同志社大学在学時の19歳当時に大澤真幸の著である「身体の比較社会学 1.2」を読み衝撃を受けたことで、社会学部に没頭する。

 

後の雑誌で、ギャル系ファッション雑誌の「小悪魔ageha」を見て、触発を受けてキャバクラの研究を開始する。

 

2009年~2010年まで、自らもキャバクラ嬢として、経験しました。

 

 

同志社大学社会部を卒業後は、京都大学大学院文学研究科に、進学しました。

 

同志社大学在籍時の成績も良かったようです。

 

京都大学学院には、成績優秀者にでる奨学金で進学したそうです。

 

 

高校はどこの学校だってのでしょうか?

 

やっぱり、非公表なので、多分地元の高校だったと思います。

 

大学は、同志社大学なので、偏差値が高い高校だったのでしょう?

 

 

ネット上で、調べた結果は同志社大学社会部の偏差値は、66でした、と言うことは、高校も偏差値が66くらいの所だったんでしょうね。

 

同じように高校の偏差値を調べてみました。

 

 

結果は、ご覧のとおりです。

 

偏差値が71なのは、金沢泉丘高等学校と金沢大学附属高等学校が、1位でした。

 

次は、68の偏差値がある小松高校で、67の偏差値がある星稜高等学校でした。

 

まだまだ、60以上の偏差値があるのは、全部で11の高校が、ありました。

 

石川県金沢市の高等学校だけで、調べてみると60以上の偏差値がある高等学校は、69~71の偏差値ある金沢泉丘高等学校と64の偏差値がある金沢桜丘高等学校と71の偏差値がある金沢大学附属高等学校と65の偏差値がある金沢二水高等学校と54から67の偏差値がある星稜高等学校でした。

 

ということは、偏差値が66以上ある高等学校は、金沢泉丘高等学校と金沢大学附属高等学校と星稜高等学校だと思われます。

 

 

京都大学大学院に進学するのに修士論文の題材で、『キャバ嬢の社会学』というキャバクラを経験から分析した著書を出版した。

 

その後『キャバ嬢の社会学』を出版後『整形した女は幸せになっているのか』や『こじらせ女子の日常』などを出版した。

 

 

それと同時にテレビにも出演し美人ライターとして活動している。

 

そんな北条かやがTOKYO MXに出演していた「モーニングCROSS」の動画があるので、ぜひご覧ただきたい。

 

▼北条かや「アンチエイジング嫌い」50代女性の人生に共感▼

 

 

▼北条かや話題作誕生の裏側に密着▼

 

 

スポンサーリンク

理由は?

 

 

016年にTweet上で、炎上した理由のひとつは、2016年に出版された「こじらせ女子の日常」と言う著書だそうです。

 

こじらせ女子と言えば、雨宮まみさんが「女子をこじらせて」と言う著書があり一般化されたフレーズだそうです。

 

雨宮まみさんが「女子をこじらせて」の出版後に北条かやさんが「こじらせ女子の日常」と言う著書を出演したのが、原因だと問題になっているそうです。

 

 

北条かやさんが、インタビューなどで「こじらせ女子」の定義を話したところ「こじらせ女子」を一般化した雨宮まみさんやその友人の熊町みね子さんにバッシングをくらったそうです。

 

北条かやさんは、それに対し

 

自分ではなく編集者に言われたので仕方なく付けたそうです。

 

と言っています。

 

それが事実だとしたらいいですけど、個人的には言い訳にしか聞こえません。

 

 

離婚した夫は?

 

 

条かやさんは、離婚経験者だと言うことです。

 

離婚したのは、2015年11月頃だそうで、離婚した理由を北条かやさんは、プログでこのように書かれています。

 

「自分1人で、生きていく力をつける前に結婚してしまった」

 

と書かれています。

 

それでも一度は、結婚したのですから、お互いの弱いところがあったかもしれませんが、2人で一緒にやっていくことが、お互いのためだと思います。

 

 

そういう弱いところがあっても言えない秘密を抱えてもいいと思います。

 

人間だもの新しい人生は、まだこれからだと思います。

 

 

本名は公表されているのか?

 

 

条かやさんもライターなので、本名でやっているかと言われると本名では、やっていないと思います。

 

なぜだか、作家さんや漫画家さんは、本名でやっている人がいないと思われます、多分皆さんは、ペンネームでやっていると思われます。

 

北条かやは自分の本名について、このように語っています。

 

私の本当の名前ってすごく古風な名前なんです。

明治の名前ランキングの上位に載っているんです。

 

古風な名前がコンプレックスで、本名を公表してないようですね。

 

コメンテーターとして活躍している北条かやですが、今後はさらに飛躍していってほしいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。