保険会社マンモスの社長古川徹さんが、過去に聖飢魔IIのドラマーだったと話題です。

聖飢魔IIといえばビジュアル系バンドの先駆者であり、XJAPANをはじめ多くのビジュアル系バンドに、影響を与えてきたバンドです。

 

スポンサーリンク

 

古川徹のプロフィール

 

名前:古川徹

読み方:ふるかわとおる

1964年生まれの49歳

出身:滋賀県

血液型:O型

学歴:早稲田大学卒業

 

スポンサーリンク

 

聖飢魔IIに参加するきっかけ

 

古川徹

 

 

元々早稲田大学の音楽サークルに在籍していた、古川徹は先輩のデーモン小暮に誘われて

音楽バンド聖飢魔IIに参加します。

バンド参加時の名前はジャギ古川です。

当時は海外でKISSというビジュアル系バンドが大ブレイクしていたため、

その影響で、顔をペイントした形でライブをしていきます。

 

ですが早稲田大学卒業と同時に聖飢魔IIを脱退し、古川徹は旭化成に就職し、サランラップの営業マンを務めます。

古川徹

 

 

当時はその風変わりなペイントと、攻撃的な音楽で若者のハートを鷲掴みにして、ビジュアル系バンドのブームの先駆者となります。

 

スポンサーリンク

 

保険会社設立までの経歴

 

古川徹

 

 

旭化成で10年間営業マンとして務めた古川徹は「自分の将来が見えなくなった」という理由で

旭化成を退社し、ソニー生命に再就職します。

ソニー生命では勤続7年にして、部長クラスまで昇進するスピード出世をして、年収は

一時期4000万円~5000万円ありました。

 

ここで保険のノウハウを学んだ古川徹はこれからはインターネットの時代が来るとネットでの保険業務の展開を

会社に申請しますが、当時ソニー生命はインターネットでの展開を軽視していたため却下された。

このことをきっかけに古川徹は、ならいっその事自分で!と7年務めたソニー生命を退社し、

保険マンモス株式会社を設立

今では年商7億円の企業に発展させました

 

そんな古川徹ですが聖飢魔IIに参加して学んだことを。

成功する人はほんの少しの才能と、圧倒的な努力で成り立つ

ということを学んだといいます。

 

わずか3ヶ月の聖飢魔IIへの参加があったからこそ、今の古川徹の成功があるのかもしれないですね。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

では最後にジャギ古川も参加した、聖飢魔IIの解散ライブの動画をどうぞ^^