ツイッターで読者サークルの学生に対して暴言を吐いたとして

炎上している古野まほろ氏。

 

古野まほろ氏のツイッターでの炎上発言がヤバすぎる

ということでネット上で話題になっているようです。

 

古野まほろ氏については覆面作家だということは

分かっているのですが、性別や年齢など謎の多い作家さんです。

 

今回は古野まほろ氏の炎上したツイッター内容や

プロフィール・経歴などもわかる限りで書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

炎上しYahooニュースに

 

古野まほろ氏がツイッターで暴言を吐いたことで炎上し

Yahooニュースにまで記事が上がっています。

 

その記事の内容を見てみると

北海道大学の読書サークルに所属する学生が、あるミステリ小説の感想をツイートしたところ、投稿を目にした作家本人から「バカ」「クズ」「猿」などと罵倒される騒動があった。

北大サークルの感想に反応したのは、東大法学部卒の作家・古野まほろ氏。ツイッター上で、学生の感想について「なんだその口の利き方は、本人の前で言えクズ」などと投稿。さらには、北大の偏差値を馬鹿にするような内容のツイートも投じている。

■学生の感想に「バカだからじゃない?」

古野氏は2007年に「天帝のはしたなき果実」で第35回メフィスト賞を受賞し、小説家デビュー。主にミステリ作家として活躍しているが、元警察庁キャリアという経歴を生かし、警察内部の世界を描いたノンフィクション作品でも知られる。これまでに30以上の作品を発表しているベテラン作家だ。

そんな古野氏をめぐる騒動の発端は、北大の推理小説研究会が2017年12月7日朝、団体のツイッターアカウントに寄せた投稿にある。これは、古野氏が3月に発表した「禁じられたジュリエット」(講談社)を読んだサークル員の感想について、

「ミステリ愛溢れる1冊、ですが最後の謎解きは不要、もしくは必要だが面白くないという人が多かったです。暗唱のシーンが良かったですね。内容とは関係ないですが登場人物の名前が覚えられないのは何故か、という話題が盛り上がりました」

と振り返ったものだ。

この感想ツイートに反応したのが、なんと古野氏本人だった。北大サークルの投稿からわずか9分後に、

バカだからじゃない?

とのリプライ(返信)を寄せたのだ。

さらに古野氏は、「腐れ学生の癖になんだその口の利き方は、本人の前で言えクズ」「このクズどもは許さん」と激怒した調子で連投。さらには、「あっあたしの過大要求でしたこれ」と切り出し、

「だって旧帝大で文系が57.5(編注・偏差値とみられる)とか、(略)ちょっとありえない……これまで東大出を鼻で嗤う『異様に優秀な東北大出の役人』『同九大出』には結構出会っても、蝦夷地からは皆無だった理由がいま解りました」(原文ママ)

ともツイート。投稿の末尾では、「可哀想な人々に無理を要求してしまった。失礼をお詫びします」と皮肉気な一言も添えていた。

引用:https://www.j-cast.com/

さらにその学生は最終的には古野まほろ氏に謝罪をしたようです。

学生側は謝罪「申し訳ございません
どうやら、古野氏の気に障ったのは、北大サークルの感想にあった「登場人物の名前が覚えられない」という部分だったようだ。続くツイートで古野氏は、読者が登場人物の名前に込めた意味を理解できると期待していたとして、

期待をしたあたしの側がバカだった 猿はシェイクスピアを打てないんだった

とも言及している。

なお、古野氏の一連のツイートに対し、北大サークルの所属学生を自称するツイッターユーザーは7日夜、学生からどんな感想が上がったかについて改めて詳細を説明しつつ、

twitterは140字という短い字数でしかつぶやけない狭い世界なので、正しく内容をお伝えできず、古野先生には不快な思いをさせてしまったのかもしれません。申し訳ございません

と謝罪のリプライを送っている。しかし、一方の古野氏は8日13時時点ではこのツイートに一切反応していない。

こうした騒動をめぐって、インターネット上では、古野氏が読者の感想に「バカ」「クズ」などの言葉を使って反応したこと、北大の偏差値を馬鹿にするような投稿をしたことなどが物議を醸すことになった。ツイッターやネット掲示板には、

「別に作家に人格は求めないけど学歴煽りとか地域煽りはちょっと…」
「不愉快極まりない。本買わせてもらってましたが二度と読みません」
「こんなんでキレるんなら  自分より学歴下のバカは読むなって書いとけ」

といった書き込みが続々と寄せられている。そのほか、「これぐらいの感想で怒る人はインターネットしないほうが幸せだと思う」「批判されることに耐えられないならTwitterやめたら?」といった意見も出ていた。

引用:https://www.j-cast.com/

ネット上では古野まほろ氏を批判する声が圧倒的に多く

「もう本を買いません」という声も多く挙がっています。

 

スポンサーリンク

 

炎上したツイート内容

 

古野まほろ氏が炎上したツイートの内容を見てみましょう。

 

ことの発端となった学生のツイートはすでに削除されていますが

そこまで怒るような内容ではなかったのです。

 

その感想のツイート内容がこちらです。

 

「ミステリ愛溢れる1冊、ですが最後の謎解きは不要、もしくは必要だが面白くないという人が多かったです。暗唱のシーンが良かったですね。内容とは関係ないですが登場人物の名前が覚えられないのは何故か、という話題が盛り上がりました」

 

あくまでこれは読者の感想ですからこれに対して

ツイッターでブチ切れる作家の人格を疑ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

批判の声で炎上

 

この一連のやり取りでツイッターでは

古野まほろ氏に批判の声が殺到し炎上しているのです。

 

批判の声をピックアップして見ましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

古野まほろ氏のプロフィール

 

【名前】:古野まほろ

【性別】:非公表(男性との噂)

【生年月日】:??年11月25日

【年齢】:非公表

【出身】:非公表

【血液型】:O型

【職業】:小説家、推理作家

【活動開始】:2007年~

【学歴】:東京大学法学部(卒業)

 

古野まほろの経歴

 

古野まほろ氏の経歴はWikipediaに記載されている情報によると

 

▪東京大学法学部卒業

 

▪リヨン第三大学法学部/第三段階専攻修士課程修了

 

▪警察庁I種警察官として勤務

 

▪2007年に著書「天帝のはしたなき果実」で小説家デビュー

 

▪2017年現在までの作品は45作品以上

 

Wikipediaには古野まほろ氏が警察官だったという情報がありますが

信憑性に関して疑問があるため、その他の情報もあくまで参考までに。

 

過去に行われた講演会では音声のみで公演を行い

その声もボイスチェンジャーを使っていたようです。

 

その講演会に参加した方の印象では「男性ではないか?」

という印象だったようです。

 

ネット上の声

 

  • この程度の感想で切れるって
    インターネットは元より作家に向いてないんじゃないの?

 

  • 北大生の大人の対応、立派だ

 

  • 心から残念な方ですね、不快

 

  • 知らないな、この作家。
    これからも、買いませんね。

 

  • 嫌なら見なきゃいいのに。

 

  • あくまで一読者の感想でしょうに。万人に支持されてると思ってるならとんだ自惚れ屋さんだね。

 

  • これだけブチキレるのは
    図星だったからでしょうね

 

  • この作家先生はここのコメント欄を見て、またキレたりするのかな?(笑)

 

  • 批判も受け入れられなければ作家じゃないね。
    作品に 東大とか北大とかも関係ないし。

 

  • 返信になんのひねりも無い。小説の内容もこの程度。

 

  • 1回この自称作家に訴えてみたらどうでしょうか。内容はともあれ、効きますよ。

 

  • 器の小さい人間だ。

 

  • 謝罪できた北大生のほうが上ですね。
    でもなんかこんな人が本書いてるなんて寂しいです。

 

  • 怒ったっていいじゃない、とおもう
    怒ってることに怒ってるひとはもう何がなんだか。
    社会的な立場云々は置いときたいくらい
    作者はイラっときちゃったんでしょう

 

  • どんな内容か興味があってツイッター覗いてみたけど一瞬で不愉快になって閉じた。さすが人気作家さんだなあ。

 

  • 引く。

 

  • ファンレターで気に入らないのは平気でごみ箱に投げ捨てるタイプだな

 

  • 器がちっちゃい♡

 

  • 炎上とかじゃなく、ただドン引きだわ

 

  • この作家の対応、とても偏差値が高い者の切り返しとは思えない。

 

  • エリートのプライドが許さなかったのね。
    カッコ悪っwww

 

  • 言葉を使うことを生業としている割に、言葉遣いが汚いですね
    仕事道具に対する敬意が感じられない

 

  • 別にキレても構わないと思うよ。んな作家に人格求めんな。

 

  • どうやらまほろ氏はwikipediaの自分のページを自ら編集しているとのこと。
    他人の批判に耐えられない系の人なんだろうね。

 

  • 頭が良くても、人間性が終わってる。
    名の知れた人で大人何だから言葉選べばいいのに。作家なんだし。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。