週刊文春でいしだ壱成さんが同棲している女性がスクープされました。

 

その女性が飯村貴子(いいむらたかこ)さんなのですが

あまり名前を聞かない女優さんですよね。

 

なので今回は飯村貴子さんのプロフィールや馴れ初めなどについて

書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

飯村貴子のプロフィール

飯村貴子の画像

出典:Twitter

【名前】:飯村貴子

【読み方】:いいむらたかこ

【出身】:非公表

【生年月日】:1998年10月7日

【年齢】:19歳(2017年11月現在)

【デビュー】:2004年

【身長】:162cm

【スリーサイズ】:B87-W60-H85cm

【趣味】:宝坂歌劇団のDVD鑑賞、カラオケ、ダンス

【特技】:ダンス、ものまね

【好きな食べ物】:肉類

【好きなスポーツ】:ダンス

【好きなタレント】:櫻井翔(嵐)

【好きな歌手】:大黒摩季、嵐

【好きな色】:黄色

 

過去には「ミスアクションコンテスト」にも

出演していた飯村貴子さんでアニメ声も以下の動画で披露しています。

 

 

スポンサーリンク

 

過去の出演歴は?

飯村貴子の画像

出典:Twitter

飯村貴子さんは6歳の時から芸能活動をしており

すでに芸能歴が13年にもなる人物です。

 

彼女の出演履歴をまとめてみると

【芸歴】

2004~2010年   (株)放映新社 所属
2011年~現在まで 事務所 所属

TVCM
2004  「靴のヒラキ」  声の出演
2007  交通安全
2007  SATY
2012  シーブリーズ日焼け止め 川島 海荷さん
のスタンドイン
2012  衆議院選挙
2013.9   聖教新聞 プラスバンド篇 ヒロイン役
2013.9  SONYヘッドフォン サブメイン
2013.9  河合塾
2014.3  SUICA電子マネー10周年キャンペーン 篇
サブキャスト
2015.4 リオネット補聴器 ライフステージ篇 女学生役
2015.7 東京海上日動 挑戦シリーズ・東京2020挑戦者たち篇
2015,9 セイユープライスロック宇宙人篇 落ち武者ギャル役
2016,3 Panasonic「ホームネットワークシステム」

TV
2012  TBSバラエティ 「教科書に載せたい!」
の「間違えやすい日本語」コーナー長女ユキ役
2012  nottv「テイテン・バナナ」
2013  日本テレビ「快脳!マジかるハテナ」
2013.5 金スマ ビッグダティ篇

映画
2009  「いつか、どこかで」 上原 香澄 役

舞台
2006   大阪の新歌舞伎座 「長崎ぶらぶら節」
サダ役(主演:石川 さゆりさん、近藤 正臣さん)
2011  ハッチ2011  たかこ役
2011  ハッチ2011  再演
2011  こもれびの中で2011  たかこ役
2014.5   劇団6番シード「オレンジ新撰組リタン
ーズ」 蜜柑役(メインキャスト)

VP
2006  「六甲アイランド」
2006  「リーダーコンベンション」

スチール
2007   新聞広告「いい未来を考える日」
2007   SATY
2013  河合塾広告
2014.7   マクドナルド スチール広告
2014,11 進研ゼミベネッセ高校講座 教材、パンフレット
2016,1 日本政策金融金庫

Web広告
2013.12 ブロードバンド予備校
2014,11 進研ゼミベネッセ高校講座
2015,11 日本政策金融金庫

イベント
2009  「UCC感謝祭」  尾崎 紀世彦さん 共演
2011  DVD「青春ラブソディ ときめき夢少女」
発売
2014.6 バラエティイベント「ハコニワ」

DVD
2011  Vシネマ「青春ラブソディ ときめき夢少
女」  渡辺 舞 役

モデル
2011  チェリッシュファッションショー
2012   AEON キッズファッションショー
2013  安田学園 制服モデル  ポスター、
パンフレット
2014.7  Tokyo Fashion Collection 大ホール出演
2014.11 明石被服 富士ヨット学生服ショー
2015,1  ベネッセ進研ゼミ高校講座 イメージモデル
2016.10.23 EXTENION JAPAN A/W COLLECTION 2016
レディースコンテスト グランプリ受賞
2016,.11,19 2016JAPAN VIETNAM FESTIVAL in HO CHI MINH

PV
2013  佐香 智久さん「ありがとうさよなら」
2014.9 キャラメルペッパーズ さん「青春SONG~Yell」

他にエキストラも多数出演
(省略)

引用:https://www.ameba.jp

無名と言ってしまいましたが過去には

結構メディアでの露出がある人物のようです。

 

最近はバラエティ番組にも出演していて「今夜はナゾトレ」

にも出演していたようですね。

 

 

スポンサーリンク

 

受賞歴

飯村貴子さんは過去に複数の賞を受賞している人物です。

 

彼女の受賞歴を見てみると

EXTENSION voll.2rレディースコンテスト グランブリ
ミスアクション2017フォトコンテスト第1回 銅賞
国際デッビュ 2016,.11,19 2016JAPAN VIETNAM FESTIVAL in HO CHI MINH モデル出演

引用:https://www.ameba.jp

デビュー時に所属していた事務所は「㈱放映新社」

という会社ですがこれは2010年で退所しています。

 

2011年からは別の事務所に所属しているようですが

現在の所属事務所の名前は彼女のブログにも記載されていませんでした。

 

スポンサーリンク

性格は?

飯村貴子さんはどのような性格なのでしょうか?

 

これについて自身の性格をブログに書いています。

 

▪自覚している長所:人懐っこいこと、明るいこと

▪自覚している短所:めんどくさがり

 

なんだそうです。

 

彼女の笑顔を見ても人懐っこい印象がありますし

とっても明るい感じがしますよね!

 

まさに見たまんまの元気な女の子みたいです。

 

お姉さんも美人

 

飯村貴子さんはお姉さんととっても仲がいいみたいで

よくショッピングにも行くみたいですね!

 

その時の様子がツイッターにアップされているのですが

お姉さんもとっても美人だとネット上で話題になっています。

 

 

お姉さんとお姉さんの彼氏さんと食事をすることも

 

 

いしだ壱成と同棲報道

そんな元気いっぱいの飯村貴子さんですが

2017年11月16日に発売の週刊文春でいしだ壱成さんとの

同棲熱愛が報道されるようです。

 

週刊文春の記事によると

今年8月に2度目の離婚をした俳優のいしだ壱成(42)が未成年の新恋人と交際中で、すでに壱成のアパートで半同棲状態であることが「週刊文春」の取材でわかった。

壱成は今年10月18日のブログで、2014年に再婚した11歳下の一般女性A子さんとの離婚を報告した。壱成にとって離婚は2度目。父・石田純一(63)が経験したバツ2に並んだ恰好だ。

同日放送のバラエティ「良かれと思って!」(フジテレビ系)に出演した壱成は、離婚の原因として、「朝起きたら水と白湯を用意する」「サラダを食べる際には7種類のドレッシングを用意する」などの細かいルーチンを妻に強要していたことを告白した。結局、妻が家を出て別居状態になり、8月半ばに離婚届を提出したという。

だが、その離婚劇の裏で、壱成が未成年の共演女優と交際しているという目撃情報が。相手は飯村貴子(19)。今年5月、壱成主演の舞台「午前5時47分の時計台」で共演している舞台女優だ。「週刊文春」取材班が調べてみると、壱成はすでに飯村と半同棲状態だった。

当の2人を直撃すると、「そうですね。文春さんが来たから(交際)宣言せざるを得ない」と交際の事実を認めた。他にも離婚と新恋人の関係を説明し、石田ファミリーへ紹介済みであることも明かした。

引用:http://bunshun.jp

お二人が出会ったきっかけは舞台の共演だったみたいですね。

ツーショット写真もしっかり掲載されています。

飯村貴子の画像

 

 

飯村貴子の画像

 

飯村貴子の画像

出典:http://bunshun.jp

それにしても19歳と42歳の同棲とは少し驚きました。

 

いしだ壱成さんはお若いですが、親子ほどの年齢差がありますから

彼氏というよりもお父さんという感じなのでしょうか?

 

お二人のインタビュー動画もありますので

こちらもご覧ください。

 

 

しっかりと交際宣言しています。

 

とっても仲良さそうですが、いしだ壱成さんが前の奥様と離婚したのは

2017年の8月だったはず。

 

ですがすでに熱愛が発覚、ましてや同棲までしていたとなると

もしかして離婚前から付き合っていたのか?とも思ってしまいます。

 

11月の飯村貴子さんのツイッターを見てみると

すでに交際していたことを匂わせるツイートも

 

 

友達かもしれませんが完全に誰かが撮影している

写真をアップしているので、この相手がいしだ壱成さんだったのかもしれませんね。

 

交際し始めてすぐに同棲までする仲でしかも石田ファミリーにも

紹介している事からもしかしたら今後2人が結婚なんていう事もあるかもしれませんね!

 

この辺も今後報道されるかもしれないのでお楽しみに~

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。