インパルスの堤下敦がアレルギー性の薬物を服用し

意識がもうろうとしながら車を運転しているところを

職務質問されていたことがわかった。

 

過去には目が虚ろな状態で動画を配信するなど

薬物中毒・・つまり覚醒剤の疑いもささやかれていた堤下敦。

 

 

干されたことによる腹いせに一般女性を怒鳴りつけるなど

奇行が目立っていた出来事について書いていきたい。

 

スポンサーリンク

 

堤下敦のプロフィール

 

 

【名前】:堤下敦

【読み方】:つつみした あつし

【生年月日】:1977年9月9日

【年齢】:39歳(2017年6月現在)

【身長】:174cm

【体重】:80kg

【血液型】:B型

 

結婚して子供もいる

 

結婚して子供もいる堤下敦の奥さんはダンス講師の松枝美希さんだ。

 

 

はねるのトびらで番組のダンス講師を担当していた女性である。

 

子供は娘さんがおり、2012年1月24日生まれの5歳である。

 

スポンサーリンク

 

堤下敦は干されていた?

 

 

最近テレビで見かけなくなった堤下敦だが、過去の不祥事で

干されたのではと話題になったのである。

 

  • ツイキャスの動画配信で一般女性の悩み相談に乗る
  • 急に激怒し「喧嘩売ってんのか」などと怒鳴りつける
  • 後日動画で謝罪するも、それ以降干された状態に

 

動画内では「ボケ!」「お前より馬鹿じゃねーよ!バカ!」と

高圧的な態度だった堤下敦。

 

インパルス解散の噂まで流れる事態になっているのだ。

 

スポンサーリンク

 

虚ろな目で動画配信

 

 

動画配信中の堤下敦はあきらかに目がおかしかったそうだ。

 

当初は泥酔状態だったと説明していたが、それにしても

普通ではない目に、「目が怖い」という声も多かったという。

 

その時の動画がこちらである。

 

 

この動画を見ると堤下敦が普通の状態ではないのがよくわかると思う。

 

  • 目が虚ろで焦点が定まっていない
  • 体を左右にゆすって力がはいっていない
  • 呂律が回っていない

 

テレビで見る堤下敦とはまるで別人のようである。

 

この状態にネット上では薬物中毒の可能性もささやかれる・・・

 

 

スポンサーリンク

薬物中毒の可能性も

 

上の動画を見ると、薬物中毒の可能性も考えられる堤下敦。

 

目の焦点が定まらない、呂律が回らないなどの状態は

典型的な薬物中毒者の症状である。

 

また職務質問された状況で堤下敦の証言を見てみると

 

  • サウナから帰宅のため運転していた
  • 運転する前に睡眠薬を服用した
  • 意識がもうろうとした状態で運転
  • センターライン付近でハンドルにもたれかかっているところを発見
  • 警察に職務質問される

 

睡眠薬を飲んだ後には、運転に重大な危険が生じる可能性

が高いため運転が禁止されている。

 

※一部報道ではアレルギーの薬を飲んだと供述

しているという情報も

 

 

ネット上では使用した薬物を体から抜くために

日頃からサウナに行っていたのではないか?

という噂まで浮上している。

 

ツイッターでは気になるツイートも・・・

 

 

 

また堤下敦は後輩芸人へのイジメが酷く

特に女性芸人には目に余るものがあったという。

 

 

もし彼が薬物に手を染めていたとしたら、それは干されたことへの

腹いせだったとしたら、すべてがつながってしまうような気がする。

 

大島美幸がブチ切れたことも

 

過去には森三中の大島美幸が堤下敦に対してブチ切れたことがある。

 

相方の黒沢かずこに対してイジメがひどすぎるからだった。

 

その時の発言をまとめると

 

  • マジで大っ嫌い!
  • あいつは女の腐ったような最悪なやつ
  • クソやマジでクソ野郎

 

などと生放送中にもかかわらず、感情を爆発させているのである。

 

 

相方をいじめられたこともあるだろうが

他の芸人に対してもイジメがひどかったからこそ

(大島も被害にあっていたのでは?)ここまで

激怒したのではないだろうか。

 

 

大島の旦那に干された?

 

大島美幸の旦那は放送作家の鈴木おさむであるが

数々の人気番組を手がけていることから

プロデューサーや各テレビ局に太いパイプ

を持っているのである。

 

 

大島美幸が激怒したことで、鈴木おさむが動いて

その結果堤下敦が干された可能性は十分ありそうだ。

 

 

あるテレビ関係者は干された堤下敦に関して

 

「その後、芸能界での堤下ポジションにはハライチ澤部が収まり、大活躍しています。社長令嬢の妻を持つ2児のパパとイメージも良くトラブルとは無縁であるため、局としても使いやすい。トラブルメーカーである堤下の需要はなくなりました」

 

笑いは取れるがトラブルメーカーという意味で

スタッフの間では評判が良くなかったことが分かる。

 

 

ネット上の声

 

 

 

 

 

この件に関して情報が入り次第追記していきたいと思う。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。