優の岩下志麻に関して、現在肺がんではないかとの噂が話題になっている。

 

岩下志麻といえば、極妻での着物や昔のセーラー服姿も話題になっている。

 

また坂上忍との関係や子供についても注目を集めているようだ。

 

そこで岩下志麻に関して・・・

 

  • 身長や体重に血液型は?
  • 高校や大学に生年月日は?
  • 現在肺がんの噂があるけどホントなの?
  • 娘も有名人なの?
  • 旦那は誰なの?
  • 若い頃の画像が見たい!

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

岩下志麻のプロフィール

 

 

【名前】:岩下志麻

【読み方】:いわした しま

【本名】:篠田 志麻(しのだ しま)

【旧姓】:岩下志麻(いわした しま)

【出身】:東京府東京市京橋区

【生年月日】:1941年1月3日

【星座】:やぎ座

【年齢】:76歳(2017年3月現在)

【身長】:165cm

【体重】:48kg

【血液型】:A型

【デビュー】:1958年

【所属事務所】:グランパパプロダクション

【趣味】:ゴルフ、麻雀、パソコン、陶芸、ジョギング、散歩

【特技】:着物のデザイン

【好きな食べ物】:豆腐、ちりめん山椒

【学歴】

  • 武蔵野市立第三小学校
  • 武蔵野市立第三中学校
  • 東京都立武蔵高等学校
  • 明星学園高等学校(編入)
  • 成城大学文芸学部(中退)

 

スポンサーリンク

 

岩下志麻の経歴

 

 

京府東京市(現在の東京都中央区)で生まれ育った岩下志麻は、父親が俳優の野々村潔、母親は新劇俳優の山岸美代子である。

 

学生時代は成績優秀だった岩下志麻は、

高校生の時には学年1位の学力だったという。

 

 

17歳の時にドラマ「バス通り魔」で女優デビューすると、1960年からは松竹の看板女優として50本以上の映画に出演し1977年には「報知映画賞 主演女優賞」を受賞するなど、昭和の名女優と呼ばれたのである。

 

彼女が出演した作品の中で最も有名なのが「極道の妻たち」シリーズで、1986年の第一作目から1998年まで、12年間も出演し続けているのである。

 

その輝かしい功績が認められ2004年には「紫綬褒章」を、2012年には「旭日小綬章」を受賞するなど、まさに日本を代表する女優なのである。

 

極妻のイメージが強い岩下志麻だが、プライベートでは意外にもドジな部分があるという。

 

次の動画で彼女のお茶目な失敗談が語られているので、ぜひご覧いただきたい。

 

▼岩下志麻 驚きのドジっぷりを激白▼

 

 

近年でも2016年にドラマ「鴨川食堂」に、2014年には「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演し話題になっている。

 

テレビCMにも多く出演しており、特に「日本メナード化粧品」のCMには40年間出演するなど、現在では考えられないほどの長期の契約を達成しているのである。

 

スポンサーリンク

 

娘や旦那は?

 

 

966年に結婚している岩下志麻。

 

そのお相手だったのが映画監督の篠田正浩である。

 

 

結婚後50年たった今でも、おしどり夫婦として仲が良いというのだから、素晴らしいとしか言いようがない。

 

1973年には第一子となる長女を出産しているのだが、検索では「岩下志麻 娘」というキーワードが上位にランクインしており、注目の高さがうかがえる。

 

 

娘さんも有名人なのか?と思い調べてみたが、どうやら一般の女性であり、現在は結婚して子供もいるという。

 

岩下志麻からみれば孫であるのだが、孫にはおばあちゃんではなく「志麻ちゃん」と呼ばれているのだという。

 

 

スポンサーリンク

岩下志麻の若い頃の画像まとめ

 

和の名女優と呼ばれる岩下志麻だが、彼女の若い頃を見たことがないという方も多いだろう。

 

そんな岩下志麻の若い頃の画像をぜひご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は肺がんの噂?

 

 

て、岩下志麻を検索で調べてみると「現在 肺がん」というキーワードが上位にあり、気になって調べてみた。

 

ところが、岩下志麻と肺がんを結びつける情報は一切出てこないのである。

 

岩下志麻の病気といえば「胆石」があり、2015年には10年ぶりに発症し緊急入院している。

 

 

女優で肺がんといえば野際陽子が肺がんとの闘病生活を隠し続け、見事女優業に復帰しているのだが、それ以外の情報はない状態である。

 

このことに関してはかなり気になることであるため、今後も新たな情報が入り次第、書いていきたいと思う。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。