ュースエブリーに出演中の陣内貴美子に関して、結婚した旦那や子供がいるのか話題になっている。

 

陣内貴美子といえば、選手村でやったことやおめでたのことでも話題になっている。

 

またバドミントン選手時代の画像や不妊治療のことなども注目されているようだ。

 

そこで陣内貴美子に関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や高校大学に、血液型や誕生日は?
  • 結婚した旦那ってどんな人なの?
  • 子供はいるの?
  • 離婚のウワサとかあるの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

陣内貴美子のプロフィール

 

jinnnaikimiko6

 

【名前】:陣内貴美子

【読み方】:じんない きみこ

【本名】:金石 貴美子(かねいし きみこ)

【出身】:熊本県八代市

【誕生日】:1964年3月12日

【星座】:うお座

【年齢】:51歳(2016年1月現在)

【血液型】:O型

【趣味】:買い物、スポーツ観戦、観葉植物栽培、パチンコ

【好きな食べ物】:コーンフレーク、蒸しパン、ハム、甘納豆

【好きな芸能人】:近藤真彦

【学歴】

  • 八代市立植柳小学校
  • 八代市立第三中学校
  • 熊本中央女子高校

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズやカップサイズは?

 

 

【身長】:168cm

【体重】:53kg

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Aカップ(推定)

 

バドミントン選手である陣内貴美子は、テレビで見るとかなり身長が高いイメージがあるが、実際には168センチと170に届いていないようだ。

 

しかし身長に比べて体重はかなり少なく、引退してからもその体型を維持しているのは称賛に値する。

 

スポンサーリンク

 

陣内貴美子の経歴

 

jinnnaikimiko

 

本県八代市で生まれ育った陣内貴美子は、

 

2人姉妹の次女であり1歳年上の姉がいる。

 

幼少時代はクラスで一番身長が低かったという陣内貴美子。

 

小学校4年生の時にバドミントンを始めると、県大会で優勝するなどすぐに頭角を現している。

 

 

中学時代には全国大会で優勝し、

あまりにも強すぎて相手がいなかったため男子の部で出場したこともあったそうだ。

 

更に高校時代にはインターハイで優勝を飾り、1992年のバルセロナオリンピックには日本代表として出場した経歴を持つ。

 

選手を引退した陣内貴美子は「プロ野球ニュース」でキャスターとして活躍すると2010年4月からは「news every」の前身番組である「NNN Newsリアルタイム」からスポーツキャスターとして活躍すると、news everyでは報道キャスターとしても活躍中だ。

 

 

サバサバした性格であるという陣内貴美子は、細かいことをあまり気にしないという。

 

通販が大好きであり、家には健康器具が多数あるという。

 

 

スポンサーリンク

結婚した旦那は?子供はいる?

 

jinnnaikimiko5

 

て2000年に結婚している陣内貴美子。

 

旦那さんがどんな人物なのか気になる方も多いだろう。

 

このことに関して調べてみると、旦那さんは元プロ野球選手の金石昭人である。

 

jinnnaikimiko.dannna

 

金石昭人は右投げ右打ちのピッチャーであり、広島カープや日本ハムファイターズで活躍した名ピッチャーである。

 

引退後は野球解説などを経て、現在は夫婦で鉄板焼店を経営している。

 

また子供に関して調べて見ると、2人には子供はいないようだ。

 

 

あるテレビ番組で陣内貴美子は過去に「不妊治療」を行ったことを告白している。

 

しかしどうしても子宝に恵まれなかったそうだ。

 

自身の体験を告白した陣内貴美子は、視聴者の方に「結婚する前に自分の身体は診てもらっておいたほうがいい」と語っていたという。

 

 

離婚のウワサがある?

 

jinnnaikimiko7

 

内貴美子を検索で調べて見ると「離婚」というワードが引っかかる。

 

まさか2人にもそんなウワサがあるのか?とあわてて調べてみた。

 

このことに関して調べて見ると、

ネット上には離婚などの情報が全く無いのが現状だ。

 

 

離婚どころか2人はオシドリ夫婦として知られており、鉄板料理店を共に経営するなど公私共に順調である。

 

また不妊治療で身体や心が参っていた陣内貴美子を救いだしたのはほかならぬ彼である。

 

2人の絆は少しのことでは壊れないものだ。

 

近年は恋人と別れるような感覚で離婚する人間が多いが、結婚とはそんな軽いものではないのである。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。