舞伎役者で俳優の香川照之に関して、妻と離婚した理由が話題になっている。

 

香川照之といえば、出演する映画やドラマが注目されている。

 

また西島秀俊との関係や龍馬伝への出演でも注目を集めている。

 

そこで香川照之に関して・・・

 

  • 身長や体重に年齢や血液型は?
  • 高校大学や生年月日は?
  • 妻と離婚した理由ってなんなの?
  • 息子がいるの?親権は?
  • いとこって有名人なの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

香川照之のプロフィール

 

 

【名前】:香川照之

【読み方】:かがわ てるゆき

【歌舞伎名義】:九代目市川中車

【出身】:東京都

【生年月日】:1965年12月7日

【星座】:いて座

【年齢】:51歳(2017年1月現在)

【身長】:171cm

【体重】:非公表

【血液型】:AB型

【所属事務所】:ロータスルーツ

【デビュー】:1989年

【趣味】:通販、ショッピング、ジョギング、ボクシング観戦

【好きな食べ物】:野菜類全般、納豆、白いご飯、お新香、コーヒー、和食類全般、酒

【学歴】

  • 暁星小学校
  • 暁星中学校
  • 暁星高等学校
  • 東京大学文学部社会心理学科

 

スポンサーリンク

 

香川照之の経歴

 

 

京都で生まれ育った香川照之は、父親が歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母親が元タカラジェンヌで女優の浜木綿子である。

 

幼少時代は内気な性格だったという香川照之は、昆虫が好きだったということでカマキリなどを飼っていたという。

 

 

そんな内向的な性格だったのが影響したのかはわからないが、

勉強ばかりしていて学生時代は常に成績上位だったという。

 

暁星高等学校から東京大学文学部に進学した香川照之は、卒業後就職はせずに母親の紹介でADの仕事をしていた。

 

その後、俳優に転身すると、ドラマ「春日局」でデビューしている。

 

 

ただこの頃は東大出身というプライドも邪魔してか、演技に真面目に取り組んでいなかったという。

 

それが映画「静かなるドン」に出演した際に監督から100回以上のNGを出し、かなりの勢いでダメ出しを食らったことがきっかけで真剣に演技の勉強をするようになったという。

 

その後の活躍は目覚ましいものがあり2000年の「ヨコハマ映画祭 助演男優賞」を受賞したことを皮切りに、「日本アカデミー賞」や「ブルーリボン賞」などの賞を多数受賞し、実力は俳優としてその地位を築いていったのである。

 

 

2011年9月には「九代目市川中車」を襲名し歌舞伎の世界に進出しており、俳優から歌舞伎の世界に入るという非常に珍しい人物となった。

 

 

学生時代からボクシングの大ファンであり、現在でも世界中の有望な新人を発掘するのが趣味だという。

 

その知識を活かして、ボクシング中継の解説者としても多数出演している。(元選手の解説者は多いが、プロ経験がない人物解説は非常に稀である)

 

 

息子やいとこも有名人?

 

 

川照之は複雑な家庭環境で育っていることは、ご存知な方も多いだろう。

 

ちなみに父親とは1歳の時に決別しており、以降母親がひとりで香川照之を育てたのである。

 

さて、彼のいとこについてだが、テレビでもお馴染みの人物なのである。

 

いとこの人物は4代目市川猿之助である。

 

 

ドラマやテレビCMにも多く出演しているため、ご存じの方も多いと思う。

 

また香川照之の息子に関しても気になる方も多いだろう。

 

彼の息子さんは五代目市川團子の名で歌舞伎役者として活躍中である。

 

 

もう一人娘さんもいるようだが、こちらは今のところ芸能の世界には進んでいないようである。

 

 

離婚した理由がヤバイと話題に

 

 

011年に歌舞伎界にも進出した香川照之。

 

1995年に結婚している妻・香川智子さんは元CAすなわちキャビンアテンダントであり、結婚してからは主婦として家庭を支えたという。

 

20年以上連れ添った夫婦だったが、

2016年12月に離婚を発表している。

 

 

その理由について香川照之は取材に対し・・・

 

「経緯も含め離婚をしたという事実以外は何も語らないということを約束してますので」

 

と語り、詳細に関してはなにも語らなかった。

 

こうなるとファンの方はもちろんだが、そうでなくても事実が気になるというものである。

 

 

このことに関して調べてみると、2014年頃にはすでに離婚協議をしており、

その原因は彼が歌舞伎役者に転身したことが大きいという。

 

というのも歌舞伎役者の妻は「梨園の妻」と呼ばれ、

 

  • 着物の着付け
  • 歌舞伎の演目の記憶
  • 季節の行事の記憶・支度
  • ご贔屓(ひいき)筋との付き合い
  • 挨拶回り
  • 数千枚から~数万枚の年賀状の毛筆での執筆

 

などなど、ここに挙げたもの以外にも仕事が多いのである。

 

 

さらに香川照之は、父親が歌舞伎役者だったものの、幼少時代から歌舞伎の世界には関わっておらず俳優から歌舞伎の世界に入っている。

 

こういったことで妻である智子さんには、想像以上のバッシングと陰湿ないじめがあったそうだ。

 

このことに耐えきれなくなったのでは?という見方が多くあり、現に離婚危機の報道が出た2014年11月以降、

智子さんが公の場に出る機会が激減したとなれば信憑性が高そうだ。

 

 

元々歌舞伎役者ではなかった香川照之が、急に歌舞伎の世界に入り自身も梨園の妻として大忙しとなれば、精神的に参ってしまうのは致し方ないのかもしれない。

 

さて、仕事面での多忙の他にプライベートでも大きな穴が空いてしまった香川照之。

 

サポートする女性が出てくるかも含めて、今後の動向から目が離せない。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。