音楽プロデューサーの梶浦由記さんが所属していた

スペースクラフトを退社することが報道されました。

 

その理由というのが梶浦由記さんが女性幹部との

確執が原因だということです。

 

梶浦由記さんがプロデュースしていたユニット

「Kalafina」も活動休止ということで業界内に衝撃が走っています。

 

今回は梶浦由記さんと確執があったスペースクラフトの女性幹部は誰なのか?

Kalafinaの復活は今後あるのかについても書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

スペースクラフトを退社

梶浦由記の画像

出典:canta-per-me.net

敏腕音楽プロデューサーとして業界でも有名だった

梶浦由記さんがスペースクラフトを退社していたことが報じられました。

 

公式のニュースサイトの記事によると

アニメ界でカリスマ的人気を誇る音楽コンポーザーの梶浦由記氏=年齢非公表=が来年2月に芸能事務所「スペースクラフト」を退社することが22日分かった。女性幹部との確執などが原因とみられる。梶浦氏がプロデュースした音楽ユニット「Kalafina(カラフィナ)」も来年1月の公演以降のスケジュールがほぼ白紙状態。20億円以上を稼ぎ出すとみられる2組が「離脱」と「活動休止」となれば事務所にも甚大な影響を及ぼすことになる。

引用:http://www.sponichi.co.jp

記事にもある通り梶浦由記さんはアニメ界でカリスマ的な人気を誇っている人物です。

これほどの人物が退社するということは、女性幹部との間に相当な確執があったと思われます。

 

Kalafinaも活動休止ということで、会社としての損失はかなりの額に上ると見られていますが、それでも退社することになった原因である女性幹部とは何者なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

梶浦由記のプロフィール

梶浦由記の画像

出典:ja.wikipedia.org

【名前】:梶浦由記

【読み方】:かじうらゆき

【出身】:東京都

【生年月日】:1965年8月6日

【年齢】:52歳(2017年12月現在)

【活動開始】:1993年

【学歴】:津田塾大学・学芸学部・英文学科(卒業)

 

▪主なプロデュース作品

 

  • 東京兄妹
  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • きまぐれオレンジ☆ロード
  • 機動戦士ガンダムSEED
  • 黒執事Ⅱ
  • アルスラーン戦記

 

アニメ好きではなくても知っているような作品を多くプロデュースしていた梶浦由記さん。

 

もともと大学卒業後はNTTに入社しているのです。

アマチュアのバンドで活動していたことがスカウトの目に止まり音楽ユニット「See-Saw」のメンバーとしてメジャーデビューしているのです。

 

その後は音楽プロデューサーとして「Kalafina」などをプロデュースし、多くの楽曲提供も行っています。

 

スポンサーリンク

 

女性幹部とは誰?

梶浦由記の画像

出典:livedoor Blog

梶浦由記さんがスペースクラフトを退社する直接の原因になった女性幹部とは誰なのでしょうか?

 

ネット上でも大きな話題になっていますが現時点では判明していません。

スペースクラフトの役員を見てみると、女性3人が名を連ねているので、その中に今回の騒動の中心人物である女性幹部がいるものと思われます。

 

スポンサーリンク

Kalafinaとは

Kalafinaの画像

出典:k-bass.com

Kalafinaとは2008年に結成された女性3人組の音楽ユニットです。

 

▪wakana

▪Keiko

▪Hikaru

 

の3人からなるグループで2017年現在までに21枚のシングルと6枚のアルバムをリリースしています。

 

▪主な楽曲

 

▼Kalafinaデビュー曲『oblivious』▼

 

 

▼Kalafina『ひかりふる』▼

 

 

▼Kalafina『君の銀の庭』▼

 

 

▼Kalafina『百火撩乱』▼

 

Kalafinaの復活は?

Kalafinaの画像

出典:SPICE

Kalafinaは2018年1月23日の日本武道館ライブを最後に活動休止するようです。

 

今後の復活については可能性はあるのでしょうか?

 

これについては梶浦由記さんが新しい事務所と契約をすることで、今後Kalafinaが復活する可能性は十分あると思われます。

 

リリースしたシングル曲はほぼ毎回オリコントップ10に入るほどの人気バンドなので、彼女を受け入れたいと手を上げる事務所は多くあるのではないでしょうか。

 

梶浦由記さんとしても自分が手塩にかけて育てたKalafinaを、このまま活動休止にしておくことは望んでいないでしょうし、何よりもファンからの復活を望む声が多いのではないでしょうか。

 

女性幹部とどのような確執があったのかはわかりませんが、スペースクラフトに対抗するためにも、ファンの方の願いを叶える意味でも早い時期の復活が待たれます。

 

ネット上の声

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。