亀石倫子(かめいしみちこ)弁護士が「サンデーモーニング」に出演して美人だと話題になっています。

経歴や鼻の形なども注目されている亀石倫子弁護士ですが、過去に関わった事案などは大きな事件などもあり

やり手の弁護士という印象が強いです。

 

今回は亀石倫子弁護士について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

亀石倫子のWikiプロフィール

 

出典:https://www.nikkan-gendai.com

 

【名前】:亀石倫子(かめいしみちこ)

【出身】:北海道小樽市

【生年月日】:1974年?月?日

【年齢】:42~43歳

【学歴】:大阪市立大学法学部

 

年齢が40歳を超えているようにはとても見えないほど、美人でお若いですよね。

これならファンが急増するのも納得です。

 

 

スポンサーリンク

 

子供時代は気難しかった

 

出典:https://matome.naver.jp

 

亀石倫子さんの幼少時代は気難しい性格だったようで、集団生活には馴染めなかった子だったようです。

1人でいることを好んでいたようで、学校の通信簿には「協調性が足りない」と必ず書かれていたそうです。

 

また雑誌のインタビューで亀石倫子さんは次のように語っています。

教育熱心な両親は、スキー、ピアノと、さまざまな習い事をさせてくれたが、彼女が好きなのは、1人で本を読み、1人で勉強することだった。

「学校で『子どもらしく元気に校庭で遊びなさい』と言われても、『子どもらしく』って何?と思ってしまう。遊びたくもないのに、元気に遊ぶことを押し付けられることに息苦しさを感じていました」

子供の時から自立していたというか、少し変わった子だったようですね。

ですが本を読むことや習い事から学んだことが、現在の弁護士としての活躍にも活かされているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事務所はどこ?

 

亀石倫子さんの法律事務所は大阪にある「法律事務所エクラうめだ」です。

ホームページを見てみると、亀石倫子さんが代表弁護士のようで刑事弁護や離婚などの男女のトラブルを主に扱っているそうです。

 

出典:https://www.eclat-umeda.com/

 

梅田駅から徒歩で3分という抜群の立地も魅力的ですね。

やはり女性の弁護士さんが代表ということで、男女のトラブルなど女性からの相談が多いそうです。

 

事務所を設立したのは2016年と、まだ最近の話なんですよね。

それでも経験豊富な亀石倫子さんですから、周囲の信頼も厚いようです。

 

男性の方よりも女性弁護士さんのほうが、女性の気持ちを分かってくれるので相談しやすいのでしょうね。

また男性の弁護士さんには少し話しにくいことも話せるという利点もありますね。

 

スポンサーリンク

結婚した夫や子供は?

 

美人弁護士としてネット上でも話題になっている亀石倫子さんですが、彼女は結婚しているのでしょうか。

このことをネットで調べてみると、亀石倫子さんが結婚しているという情報がありました。

 

 

この記事にしっかりと「結婚を機に退職」と書いてあります。

これを見ると30代で結婚しているのでしょうか。

 

と思ったら亀石倫子さんは26歳の時に結婚しているみたいです。

 

結婚した夫についても調べてみましたが、どんな人物なのかは公表されてはいないようです。

 

またお子さんについても調べてみましたが、子供がいるのかという情報はありませんでした。

弁護士の資格を取得してから現在までバリバリ働いているので、出産はしていないのかもしれません。

 

異色の経歴

 

出典:https://matome.naver.jp

 

亀石倫子さんは大学を卒業後、通信関係の会社でOLとして仕事をしていたそうです。

ですが26歳の時に結婚したことを機に会社を退社し、弁護士の勉強を始めているのです。

 

34歳の時に司法試験に合格し、2016年には自身が代表弁護士を務める「法律事務所エクラうめだ」を設立しました。

 

法律系の大学を出たわけでもない亀石倫子さんが、弁護士になるのは並の努力ではなかったと思います。

美人で頭もいい、まさに才色兼備の女性ですね。

 

タトゥーの噂とは?

 

亀石倫子さんを検索で調べてみると「タトゥー」というキーワードが上位にランクインしており、とっても気になりますよね。

 

これ実は亀石倫子さんがタトゥーを入れているというわけではないようです。

弁護士さんがタトゥーを入れていたら、なんとなく信用無くしそうなですしイメージが悪いですもんね。

 

で亀石倫子さんのタトゥーというのは過去の裁判のことだったようです。

タトゥーは医療か芸術か――。医師免許なく客にタトゥーを入れたとして、医師法違反の罪で略式の罰金命令を受けた彫り師の裁判が26日、大阪地裁で始まりました。無罪を訴える弁護側は、冒頭陳述で谷崎潤一郎の短編『刺青』を朗読。お堅い裁判で一体なぜ? 異色の陳述に込めた思いを聞きました。

裁判の被告人は、大阪府吹田市の彫り師、増田太輝さん(29)です。客3人に無許可でタトゥーを入れたとして、2015年に略式起訴。簡易裁判所からの罰金30万円の略式命令を拒み、法廷闘争の道を選びました。

注目の裁判の初公判では、70席あまりの傍聴席をめぐって100人以上が殺到。抽選の列にはタトゥーを入れた人も多く集まり、独特の雰囲気が漂っていました。

この裁判に弁護団として出廷したのが亀石倫子弁護士で、閉廷後には記者会見もしているのでタトゥー裁判のイメージが強くなったようですね。

 

この裁判について亀石倫子さんは以下のように話しています。

亀石弁護士は谷崎潤一郎の小説『刺青』の冒頭の一節を読み上げ、こう続けました。

「ここに登場する腕利きの彫り師は、かつては浮世絵を描いていました。美しいものは強く、醜いものは弱いと考えられていた時代でした。皮膚を美しく彩る刺青に、人々は魅了されていました」

「しかし、タトゥーに対する世間の評価は大きく変わりました。いつの頃からか、タトゥーは悪者のレッテルになりました」「そしてついに、彫り師が社会から排除されようとしています。今はもう、谷崎が『刺青』で描いた時代ではなくなりました」

「激しく軋み合う時代に、それでもなお、守らなければならないものがあります。世界中で愛され、尊敬される日本のタトゥー。その伝統を守り、発展させてきた彫り師たち。この裁判は、それを守るための闘いです」

つまり刺青やタトゥーは本来芸術性の強いものだったはずなのに、いつの間にか悪いことの代表みたいな扱いになっていることに対して、亀石倫子さん独自の見解を発表し話題になったようです。

 

美人画像まとめ

 

美人弁護士として人気を集めている亀石倫子弁護士。

彼女の美人でかわいい画像を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋭い目つきの画像もありますがそれでもお美しいですよね。

今後はサンデーモーニング以外にも朝まで生テレビ!なんかに出てもらって、三浦瑠麗さんとのバトルが見たい気もします。

 

三浦瑠麗さんについてくわしくはこちら

▶三浦瑠麗のカップや太もも画像がヤバすぎるw夫や子供は?中国人の噂

▶三浦瑠麗が創価学会を脱退したのはいつ?中国人の喋り方で国籍判明?

 

これからも亀石倫子さんの活躍を期待しています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。