驚きのニュースが入ってきました。

 

85歳の男が運転する乗用車が通学途中の女子高生2人を

次々にはねて意識不明の重体となったのです。

 

この事故で逮捕されたの川端清勝(85歳)は

親族からも運転を止められるほどのドライバーでした。

 

また被害に遭った太田さくらさん(16歳)と

大嶋実来さん(18歳)は始業式へ向かう途中だったのです。

 

今回も例によって川端清勝の顔画像や事故現場の写真

などがネット上で公開されているのか書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

事故の詳細

 

事故が起きたのは2018年1月9日のことでした。

 

公式のニュースサイトの記事によると

 前橋市の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が逆走してきた乗用車にはねられ、重体となった事故。乗用車を運転し、前橋署に自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで同日逮捕された85歳の男に目立った持病などはなく、現場は見通しのよい直線道路だったことなどから、事故原因は判然としていない。人身事故の発生件数が減少する中、この事故のように、高齢ドライバーが加害者となるケースの割合は上昇傾向にある。

捜査関係者によると、川端清勝容疑者=同市下細井町=の乗用車はセンターラインをはみ出し、右折待ちをしていた車のサイドミラーに衝突後、そのまま逆走を続け、市立前橋高校1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と3年の大嶋実来さん(18)=同市元総社町=を相次いではねた。現場にブレーキ痕は残されていなかったという。

川端容疑者は市内の老人福祉センターに向かう途中だった。また、自宅は事故現場に近く、目立った持病なども確認されていない。原因が判然としない中、川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」などと供述している。

高齢化に伴い認知機能の低下などが進むことから、高齢ドライバー(75歳以上)の認知機能検査を強化した改正道交法が昨年3月12日に施行され、同年10月末までに県内で検査を受けた高齢ドライバーは2万9545人に上る。

運転免許の自主返納者数も右肩上がりに増えているが、人身事故で高齢ドライバーが加害者となるケースの割合は近年、上昇傾向にある。

県内では平成25年に人身事故は1万7682件発生し、そのうち65歳以上の高齢者が加害者となったのは3151件で17・8%。昨年(概数)は1万2743件のうち2664件で、20・9%まで上昇した。さらなる高齢ドライバー対策が求められる。

引用:http://www.iza.ne.jp

川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像川端清勝の画像

出典:http://www.news24.jp

高齢ドライバーの事故は増加の一途を辿っており

世間でも注意の声が広まっているさなかでの事故。

 

事故現場にはブレーキ痕がなかったことを考えても

川端清勝はまともに車を運転手することが

できなかった人物だとわかります。

 

スポンサーリンク

 

顔画像は?

 

さて、川端清勝の顔画像はネット上に公開されているのでしょうか。

 

これだけ注目の大きい事故を起こしているわけですから

85歳の老人とはいえ、同情の余地はないと思われます。

 

調べてみましたが、現時点でネット上には川端清勝の

顔画像は公開されていないようです。

 

また、一応Facebookやインスタ・ツイッターなども

検索してみましたが、85歳とい年齢な事もあって

本人だと思われるSNSのアカウントは発見できませんでした。

 

ですが、今後川端清勝の顔画像はテレビのニュース番組など

で公開される可能性が十分ありますので

今後新たな情報が入りましたら、追加で書いていきたいと思います。

 

※追記

川端清勝の顔画像がニュース番組で公開されました。

その画像がこちらです。

川端清勝の画像

出典:http://news.tv-asahi.co.jp

また以前から駐車場の壁にぶつけるなど

物損事故が多くあったことも判明しました。

 

川端清勝は2017年に運転免許証

を更新していることも公表されています。

 

運転技能に問題がなかったのか?

運転免許の更新過程は適切だったのか?

 

この辺りも気になるところです。

 

スポンサーリンク

 

事故現場写真が悲惨

 

今回の事故が起きた現場は群馬県前橋市の北代田町の交差点でした。

 

事故現場の様子はすでに各報道局で報じられていますが

その様子は非常に悲惨な状況だったのです。

川端清勝の画像川端清勝の画像

川端清勝の画像

出典:http://www.news24.jp

ボンネットが開き、窓ガラスが全て割れてしまっている車。

 

太田さくらさんと大嶋実来さんが乗っていたと思われる

自転車は大きく形が歪んでいて、事故の時の衝撃の大きさを物語っています。

 

ですが2人の女子高生は共に意識不明の重体となっており

依然として予断を許さない状況が続いているようです。

 

川端清勝の事故原因について調べてみると

驚きの事実がわかりました。

 

スポンサーリンク

事故原因は?

 

川端清勝は親族からも運転を止められるほど

危険な運転をする人物だったのです。

 

家族からは年齢を理由に免許証の返納を何度も求められていましたが

川端清勝は断固として免許の返納に応じなかったそうです。

 

事故があった当時にも家族から運転しないよう静止されていましたが

家族が目を離したスキに車で出かけてしまったようです。

 

川端清勝はこの事故の直前にも右折待ちの車の

サイドミラーに衝突をしていました。

 

日頃からこういった小さい事故が多かったことで

家族は運転することをやめるよう説得し続けましたが

川端清勝は応じなかったようです。

 

川端清勝は「気付いたら事故になっていた」と話しており

平気で逆走し、車のサイドミラーに激突しても尚も走り続ける

のは認知症である疑いが強いです。

 

お年寄りにこういった言葉はきれいではありませんが

”老害”という言葉が真っ先に浮かぶような頑固な態度。

 

若い学生を意識不明の重体にまで追い込まないと

わからない頑固さは、どうしようもありません。

 

事故発生時の映像

 

ネット上には事故発生時の映像が公開されています。

 

その動画がこちら。

 

事故現場を見てとんでもない衝撃だとは

想像していましたが、映像で見ると

背筋が通る思いです。

 

事故にあってしまった女子高生も

何が何だかわからなかったのでは

ないでしょうか。

 

ネット上の声

 

  • 慎重さがない老人運転は危険。年齢制限必要だと思うが。

 

  • これは殺人罪でしょ

 

  • 自主返納を待つことや、事前の認知症検査でこのような事故を防ぐのは、無理があると思います。

 

  • 逆走といい、「気づいたら事故」といい、これはもう本当に認知症の症状のような気がしますが、これでよく免許更新出来たなと思います。
    特に持病が無ければ、自分が認知症という感覚も無いかもしれません。

 

  • 前橋育英の祝賀ムードをぶち壊すような事故だな。

 

  • あの道はずっと下り坂だからスピードがのって減速しなかったんじゃないか?

 

  • こんな爆弾ジジイが公道を走ってるのが怖い。こちらがどんなに注意してても突っ込んでくるしな。

 

  • これからドンドン高齢化が進む。
    現代の個人の車社会から、公共の乗り物移動社会に転換しないとね。

 

  • どうしても車が必要なら・・
    1人(2人)乗り用で、最高速度60までの高齢者用の小さい目の車出来ないだろうか。(ミゼットⅡ位の大きさの)

 

  • もう法律で75歳以上からは免許取り上げてくれ。過疎地だろうが未来ある若者を殺されるよりはよっぽど良いわ。

 

  • 老人福祉センターに通うような人を1人で運転させるのはいかがなものかと……

 

  • 一定の年齢を過ぎたら、自主返納ではなく強制的に返納させるべき。

 

  • ジイさん家族の言う事聞かないで挙句死亡事故、暫くは拘置所の中だよ。
    女子高生助かるといいね。

 

  • 逮捕されても、自分が何を起こしてしまったのか?
    自覚できないだろうな・・・

 

  • 家族は、運転しない様に言ってたらしいが、言うくらいなら、クルマのカギを家族が管理して、運転させない様にした方が良い!

 

  • 車は十八歳、お酒やタバコは二十歳から
    車もお酒もタバコも八十歳までに法改正しろ
    若者守る法は設けず増税だけはする…矛盾してるだろ

 

  • 家族が、わたしたちは運転を止めてましたなんて言っても言い訳です
    カギを隠すことすらしてないんだから
    ジジイも家族も許せない

 

  • 普段からアクセルばかり踏むからこうなる。
    もはや感覚でしか運転出来てないね

 

  • 85歳は免許返納しようよ。老い先短い老人が未来ある若者を傷付けたら駄目でしょう。運転適性検査を厳しくして免許を持たせない様にしないと…

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。