ボクシング・WBC世界ライトフライ級王者である拳四朗(けんしろう)さんは2017年12月30日に行われる『ダブル世界戦』で2度目の防衛戦に挑むことで話題になっていますね。

 

拳四朗さんといえば2017年5月20日にWBC世界ライトフライ級王者・ガニガン・ロペスに挑戦し、判定勝ちを収め無敗で世界王者に輝いたことで注目を集めましたね。

 

そんな拳四朗さんのこれまでの戦績や父親との身長差に世界戦のラウンドガールがかわいいと話題になっています。

 

今回は拳四朗さんについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

拳四朗のプロフィール

拳四朗の画像

出典:http://iropel0103.com/kakutogi/kenshiro/

【名前】:拳四朗

【読み方】:けんしろう

【本名】:寺地拳四朗(てらじ けんしろう)

【出身地】:京都府城陽市

【生年月日】:1992年1月6日

【年齢】:25歳(2017年12月現在)

【所属ジム】:B.M.Bボクシングジム

【階級】:ライトフライ級

【スタイル】:右ボクサーファイター

【学歴】:

  • 奈良県立奈良朱雀高等学校
  • 関西大学

 

拳四朗というのはリングネームのようですね。

名前の由来は北斗の拳のケンシロウから取ったそうです。

 

ちなみに名前だけのリングネームは認められていなかったので、

拳 四朗(けん しろう)と区切って申請したそうです。

 

スポンサーリンク

 

身長に体重は?

拳四朗の画像

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20170612000016

ここでは拳四朗さんの身長や体重を調べたいと思います。

ボクサーなので体重に関しては試合前と試合後で変動すると思いますが。

 

体重に関しては計量時の体重を載せたいと思います。

 

【身長】:164㎝

【体重】:48.6㎏

 

164㎝の平均体重が59㎏なので10㎏以上低いことになりますね。

計量後には6万4800円もする焼肉弁当を食べたということで、試合に向けて準備万端のようですね。

拳四朗の画像

出典:デイリースポーツ

試合に向けて拳四朗さんは、

「KOで勝って、目立ちたい。序盤からプレッシャーをかけて、中盤で倒せたらいいですね」

引用:https://www.nikkansports.com/battle/news/201712290000395.html

と語っていました。

 

スポンサーリンク

 

父親との身長差がヤバいw

拳四朗の画像

出典:http://kanmae.com/2017/08/24/

拳四朗さんの父親は元プロボクサーの寺地永(てらじひさし)さんですね。

現在は拳四朗さんが所属しているB.M.Bボクシングジムの会長をされています。

 

寺地永さんは大学を卒業後に一度は就職したみたいですが、

ボクシングが忘れられずにいたようで、会社をやめて再びボクシングを始めました。

 

そして現役時代に『日本ミドル級王者』、『OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者』のタイトルを獲得する活躍を見せました。

 

拳四朗さんも『日本ライトフライ級王者』、『OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者』を獲得したということで、

親子2代での日本王座とOPBF王座の2冠を果たしたのは国内では初めてのことです。

 

気になる身長差ですが、拳四朗さんと寺地永さんが親子で並んでいる画像があったので御覧ください。

拳四朗と寺地永の画像

出典:デイリースポーツ

まぁミドル級とライトフライ級ですから、これくらい身長差があっても仕方ないですよね。

しかし寺地永さんのボクシングセンスは確実に拳四朗さんに受け継がれていますから、

今度の世界戦も楽しみですよね!

 

スポンサーリンク

拳四朗の戦績

拳四朗の画像

出典:https://twitter.com/KenshiroooooKen/status/922787749484158981

拳四朗さんがボクシングを始めたのが中学3年生の時みたいですね。

当時は父親である寺地永さんに無理やりやらせられた感があったようですが、

 

高校に上がってからは自ら取り組むようになったそうです。

 

高校ではインターハイや国民体育大会にも出場したようで、

高校3年生のときにはインターハイで井上尚弥選手と戦ったこともあるそうです。

 

結果は3Rでレフィリーストップが入ってしまい負けてしまいました。

高校で対戦した2人が同じ日に世界戦をやるなんてすごいことですよね!

 

大学を卒業した拳四朗さんは3月17日に行われたプロテストを受けて、

見事に合格しB級ライセンスを取得しました。

 

デビュー戦を勝利で飾った拳四朗さんは、

2015年にはWBC世界ライトフライ級ユース王座決定戦でロリー・スマルポン選手に勝利し、

見事に王座を獲得しました。

 

その後、堀川謙一選手に挑戦した拳四朗さんは3-0の判定勝ちを収め日本王座に輝きました。

 

その後も勝ち続けた拳四朗さんは2017年5月20日にWBC世界ライトフライ級王者・ガニガン・ロペス選手に挑戦した拳四朗さんは、

2-0の判定勝ちを収め無敗で世界王者に輝きました。

 

拳四朗さんの過去の戦績が11戦11勝0敗5KOです。

未だ無敗の拳四朗さんは2017年12月30日に2度目の防衛戦があります。

 

今回も勝って、世界王座を守って欲しいですね!応援しています。

 

 

 

 

 

ラウンドガールがかわいい!【画像】

拳四朗の画像

出典:http://flash-blue.com/kenshirou/

拳四朗さんを検索すると『ラウンドガール』という検索キーワードが出てきますね。

なんでも拳四朗さんの世界戦で担当したラウンドガールがかわいいと話題になっているようです。

 

ラウンドガールの方は皆さんかわいいと思いますが、ここまで話題になっているということは、

その中でも群を抜いているんでしょうかね?

 

画像があったので御覧ください。

拳四朗とラウンドガールの画像

出典:デイリースポーツ

これは確かにかわいいですね!

左の方はモデルやタレントとして活動している『神部美咲(じんべみさき)』さんです。

 

神部美咲さんのプロフィールがこちら、

神部美咲の画像

出典:Twitter

【名前】:神部美咲

【読み方】:じんべみさき

【出身地】:大阪府

【生年月日】:1994年8月20日

【年齢】:23歳(2017年12月現在)

【血液型】:O型

【身長】:163㎝

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:B83㎝/W59㎝/H83㎝

【カップ】:推定Dカップ

【足のサイズ】:24㎝

【所属事務所】:プラチナムプロダクション

【趣味】:格闘技観戦

【特技】:柔道、極真空手、ピアノ

 

こんな可愛い人がラウンドガールを務めているんですから、

拳四朗さんは是が非でも勝たなきゃいけませんねw

 

2017年12月30日の世界戦でも神部美咲さんはラウンドガールを務めるようなので、

こちらの方も注目したいですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。