フジテレビの女子アナウンサーで、現在フリーアナウンサーとして活躍している菊間千乃アナに関して、過去の転落事故や後遺症の噂が話題になっている。

 

菊間千乃アナといえば、ジャニーズ内博貴の飲酒謹慎問題でも話題になっている。

 

また、TV復帰や弁護士になっていたことでも注目を集めている。

 

そこで菊間千乃アナに関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や高校大学に血液型や生年月日は?
  • 転落事故の詳細が知りたい!
  • 後遺症の噂があるけど本当なの?
  • 結婚した夫は誰なの?子供はいるの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

菊間千乃のプロフィール

 

 

【名前】:菊間千乃

【読み方】:きくま ゆきの

【出身】:東京都

【生年月日】:1972年3月5日

【星座】:魚座

【年齢】:45歳(2017年5月現在)

【血液型】:AB型

【デビュー】:1995年

【所属事務所】:ノースプロダクション

【趣味】:競輪、ドライブ、テディベア制作、料理、筋トレ

【特技】:バレーボール、パソコン

【好きな食べ物】:おくら、鶏肉とセロリの炒め物

【嫌いな食べ物】:キュウリ、カニ

【好きな歌手】:ケツメイシ

【資格】:公用語英語検定B級、実用英語技能検定準1級

【学歴】

  • 光塩女子学院中等科
  • 光塩女子学院高等科
  • 早稲田大学法学部

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズやカップサイズは?

 

 

【身長】:160cm

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Bカップ(推定)

 

長が160センチと、日本人女性の平均身長よりわずかに高い菊間千乃。

 

さすがにアナウンサーであるため、スリーサイズやカップサイズは公表されてはいないようだ。

 

しかし、動画や画像を見てみるとBカップではないかと推測することができる。

 

スポンサーリンク

 

菊間千乃の経歴

 

 

京都で生まれ育たった菊間千乃は、父親がバレーボールの監督を務めていた影響で、幼少時代からバレーボールをやっていたそうだ。

 

小学生の時には将来アナウンサーになりたいと思っていたという菊間千乃。

 

その目標通り早稲田大学を卒業後、フジテレビに女子アナウンサーとして入社すると、「笑っていいとも」や「発掘あるある大事典」などのバラエティ番組に起用され人気を集めた。

 

 

また一方では「FNNスーパーニュース」のキャスターや、スポーツ中継の進行としても出演するなど、マルチな活躍を見せている。

 

人気アナウンサーとして多くのファンがいたが、2007年12月にフジテレビを退社している。

 

その理由は弁護士になるための勉強に集中するためであった。

 

 

2010年には弁護士資格を獲得し、近年はフリーアナウンサーとしてテレビに復帰しており、今後のさらなる活躍が期待されている。

 

 

スポンサーリンク

結婚した夫は?子供はいる?

 

 

て、菊間千乃といえば2014年2月に

結婚することが発表され大きなニュースになった。

 

そのお相手は一般職の男性であり、名前や画像などは公表されていないようだ。

 

 

旦那さんと早稲田大学時代の同級生であり、卒業してから10年ぶりに再会したのだという。

 

弁護士の資格を取得した直後から交際を始めたようであり、その後1年の交際期間を経て結婚しているのである。

 

 

結婚から3年以上が経過しているが、

子供に関して調べてみると2人の間には子供はいないようである。

 

彼女の年齢を考えると、今後は2人で生きていく可能性も十分ある。

 

弁護士としてアナウンサーとして、そしてひとりの妻として、充実した日々を送ってほしいものである。

 

 

転落事故の詳細まとめ。後遺症は?

 

 

間千乃が出演していた番組の中でももっともイメージが強い番組といえば「めざましテレビ」ではないだろうか。

 

というのも菊間千乃はこの番組で転落事故を経験しており、重症を負っているのである。

 

その時の詳細をまとめたいと思う。

 

 

その放送があったのは1998年9月2日である。

 

災害や火事の時に、高層階のベランダからでも脱出できる器具を紹介するコーナーに菊間千乃が出演していたのだ。

 

実際に命綱を付けてマンションの5階から下に降りようとする菊間千乃。

 

番組の時間が押していたこともあり、ほとんどためらう暇もなく飛び降りたのだが、本来であれば柱などにくくりつけた命綱にブレーキが掛かり、ゆっくりと降下できるのだ。

 

 

しかしこの時はほとんど自由落下のようなスピードで下に落下し、地上にあったマットに叩きつけられたのだ。

 

 

スタジオにいた小島奈津子アナは、叩きつけられた直後も冗談だと思ったのか笑っていたのだが、落下後ピクリとも動かない菊間千乃を見て「えっ?えっ!?」と動揺を隠せなかった。

 

その時の動画がこちらである。

 

▼菊間千乃 転落事故 1998年9月▼

 

 

一命はとりとめたものの当時担当した主治医は「生きていることが奇跡」と語るほど危険な状態だったのだ。

 

全治3ヶ月の重症を負った菊間千乃は、リハビリが1年間に及ぶも翌年には現場に復帰し、周囲を驚かせている。

 

後遺症の噂がネット上を中心にあるが、話している様子や歩行などにも特に異常は見当たらないようである。

 

 

なにはともあれ最悪の事態発展してもおかしくない事故から生還し、弁護士という別の仕事にもチャレンジしている菊間千乃。

 

今後はさらに充実した人生を送ってほしいと願う。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。