女優の真木よう子さんがドラマ「セシルのもくろみ」での激やせやカラコンが話題になっています。

あまりに痩せてしまい黒目の大きいカラコン、さらに肌がボコボコなのは役作りなのでしょうか?

 

ここでは真木よう子さんの変化について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

真木よう子のプロフィール

 

 

【名前】:真木よう子(まきようこ)

【出身】:千葉県印西市

【生年月日】:1982年

【年齢】:34歳

【身長】:160cm

【スリーサイズ】:B88-W59-H83cm

【カップサイズ】:Gカップ(推定)

【血液型】:A型

【デビュー】:1999年

【所属事務所】:フライングボックス

 

スポンサーリンク

 

カラコンが話題に

 

ドラマ「セシルのもくろみ」の主演として出演している真木よう子さんですが、彼女のカラコンが話題になっています。

 

黒目がかなり大きく見えるカラコンであるため、視聴者の方の多くがすぐに気付いたようです。

その時の画像がこちらです。

 

 

もともと目がぱっちりとしていて、黒目も大きかった真木よう子さんがカラコンをしたことで、ちょっと怖いくらい目が大きくなってしまっています。

 

これにはネット上でもカラコンが怖いという声や、ない方がいいという声が多く挙がりました。

 

 

 

ドラマでの役柄なのかもしれませんが、かなりの違和感を感じる方が多かったようです。

カラコンを使う方はだいたい目が小さいか、黒目が小さい人が多いので、もともと大きい真木よう子さんがつけると大きすぎて怖いくらいまでなってしまったようですね。

 

ですが今更やめるわけにもいかないので、ドラマの最終までこのままで行くのでしょうか?

それとも途中でなんらかのエピソードを加えてカラコンなしにするかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

激やせが話題に

 

真木よう子さんがドラマに出演すると、ネット上では激やせが話題になりました。

ドラマ前の真木よう子さんを見てみると

 

 

 

そしてドラマの時の真木よう子さん

 

たしかに鎖骨もかなり浮いていて、大きく痩せてしまったことがわかります。

でもこれって一時太った時との落差が激しいからここまで言われているのではないかとも思います。

 

人は体型の変化には敏感で、特に他人の体型の変化には気付きやすいです。

芸能人ともなればさらに多くの人が見ているわけなので、敏感になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

肌がボコボコに?

 

真木よう子さんはネット上で「肌がボコボコ」になったと言われています。

34歳という年齢ながら美肌だと評判だった真木よう子さんの肌がボコボコになっていたのは本当なのでしょうか?

 

 

その時の画像がこちらです。

 

出典:http://kyun2-girls.com

 

 

たしかに女優さんとは思えないほど肌がボコボコで、クレーターのようなものも見えますね。

これではブラマヨのよし(ry

なんでもありません(笑)

 

でもよく見るとこの時の真木よう子さん金髪ですね。

今回のドラマの出演時ではないことがわかります。

 

この肌がボコボコの画像は2016年5月頃の画像なので、今回の「セシルのもくろみ」との関連はないですね。

 

真木よう子さんは普段からタバコを吸うと言われ、お酒もかなりの量を飲むそうです。

さらに撮影での不規則な生活が重なって肌がここまで荒れてしまったのかもしれませんね。

 

どこまで役作り?

 

肌がボコボコなのは違うとは思いますが、どこまでが今回の役作りなのでしょうか?

カラコンは間違いなくドラマの役作りだと思われます。

というか役作りでないと、撮影中に勝手にカラコンを付けられませんからねw

 

では激やせはどうなのでしょうか?

真木よう子さんが演じている宮地奈央は

真木よう子演じる主人公・宮地奈央(みやじ・なお)は、自分を着飾ることに興味がなく、実を取る専業主婦で、金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らし。ぜいたくはできないけど、息子に少しでも多くご飯を食べさせることや、パート先の総菜屋のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している母親だ。抜けたところもあるが、体育会出身で威勢がよく、気持ちのいい女性である。だが、ある日、人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクにたまたま読者モデルとしてスカウトされたことから、生活が一変。これまで読んだこともなかったファッション誌の世界に足を踏み入れることになる。

もともと普通の主婦が読者モデルに合格してしまい、モデルとしての様々な葛藤を描いた作品です。

 

モデルの世界に入る主婦を演じているのですから、はじめからここまで痩せていることが違和感を感じます。

 

モデルの世界に入ってから、さらに痩せていくのならわかりますが、これは本当に役作りなのかと思ってしまいますよね。

 

真相はわかりませんが、ドラマの撮影に向けて減量をする過程で、極端なことをやりすぎて体調を崩してしまったのではないかと推測してしまいます。

 

ネット上でもこのことを指摘する方が多いようで

 

 

 

どうやらエンディングで真木よう子さんの腹筋がもの凄い勢いで割れているのが公開され、それで激やせに納得したという声も多くありました。

しかし女優さんというのは、役作りのために努力を惜しまないのだと改めて感じますね。

 

さて、視聴率では苦戦しているセシルのもくろみですが、今後の展開次第で巻き返すことは十分可能なのではないでしょうか。

 

出演者も豪華なのでもっと注目されても良いのですが、今後に期待です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。