静岡県浜松市で自身のビニールハウスで大麻を栽培したとして、農家の真瀬典浩容疑者56歳が逮捕されました。

ここでは真瀬典浩容疑者のFacebookやツイッターがあるのか、顔画像や大麻を生産した目的についても書いていきたいと思います。。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

出典:https://ja.wikipedia.org

 

静岡県浜松市西区庄内町で農業を営んでいた真瀬典浩容疑者が逮捕されました。

真瀬容疑者は、自身が所持するトマトを栽培するためのビニールハウス内で大麻を生産していたということです。

 

真瀬典浩容疑者はトマト用のビニールハウスを10棟管理していましたが、そのうちの1棟がすべて大麻の生産のために使われていたそうです。

 

これにより静岡県浜松中央署は大麻取締法の疑いで真瀬典浩容疑者を逮捕しました。

 

スポンサーリンク

 

真瀬典浩の顔画像

 

今回農業を営みながら大麻を生産するという犯行を犯した真瀬典浩という人物はどんな人間なのでしょうか。

これについてすでに2ちゃんなどで真瀬典浩の顔画像が特定されているようです。

 

その画像がこちらです。

 

 

真瀬典浩容疑者は釣りが趣味だったようで、浜名湖の釣り仲間のホームページに画像が公開されていました。

名前も少し珍しく、静岡県の浜松市であること、画像から年齢が真瀬典浩容疑者と近いと判断できる(平成16年の写真なので43歳前後)こと。

 

以上のことから真瀬典浩容疑者だと2ちゃんなどで特定されたようです。

 

スポンサーリンク

 

大麻栽培の目的は?

 

1つのビニールハウスで生産できる大麻はかなりの量になります。

真瀬典浩容疑者の犯行の目的は何だったのでしょうか。

 

これについては警察の調べで「営利目的だった」という事がわかっています。

大麻は使用はもちろん生産や、所持も法律で禁止されているものです。

 

ですが密売や密輸が後を絶たないため、一定量の需要があることも事実なのです。

当然簡単に国内に持ち込むことが難しいため、生産して売ればかなり高額で買い取ってもらえるのではないでしょうか。

 

汗水流して働いている農家の人がこのような犯行をするというのが、同じ農家として頑張っている仲間への冒涜でもありますし、また自分自身への冒涜でもあると感じます。

 

スポンサーリンク

Facebookやツイッターは?

 

さて、すでに2ちゃんなどで顔画像が特定されている真瀬典浩容疑者ですが、Facebookやツイッター、インスタグラムのアカウントは存在するのでしょうか?

 

ネット上で調べてみると、少なくとも検索で調べられる範囲に真瀬典浩容疑者のアカウントはないようです。

 

ネット上の声

 

  • シャブハウス

 

  • 品質良さそう

 

  • 茶葉を作る技術で

 

  • 相談役は昭恵

 

  • 外から見えたのかなストレートな栽培だしw

 

  • 外側に近い部分にはトマトを植え、内側のみ大麻を植えりゃバレ憎かろうに…何故?!脚がついた??

 

  • 本物のトマト農家!www

 

  • 警察は一般家庭の庭とかくまなく見てるんだべ? そりゃハウス1棟まるまるならバレますわ。 それぞれのハウスの中の方だけとかにしとけば良かったのに。

 

  • 発覚したのは垂れ込みか異常な電気料金だろうな

 

  • バレたのは、多分売ってたからかな アメドラなんかでは自宅で栽培して電気代と水道代かかりすぎだーとかでバレてるけどこれ農家だし

 

  • なんでバレたんだろう、ハウス農家とかこっそりやり放題だと思うんだが 中にどうしても他人入れないといけないことがあって 真ん中に何やら植えてあるのをチラ見されてチクられたのかなぁ

 

  • これまたずいぶんと派手にやったもんだなぁ~ 周りにも農家いるんだろうし農家って植物関係のプロみてーなもんなんだから 一発でわかるだろーよw

 

  • でもよ、どうやって売りさばくつもりだったのか それなりにツテが無いと売れんだろ

 

まとめ

 

さて、真面目に仕事をしているイメージがある農家の人間による大麻の違法栽培。

 

ルールを破り楽をして金を儲けようとする人間は決して少なくないですが、今回のように逮捕されますしなにより楽な道を選んだ自分自身の成長はもうないでしょう。

 

結果的に目先の金銭を追い求めたことで自分自身の人生すらも狂わせたのです。

このような犯行は二度としてほしくありません。

実力をつけて真面目に農業でお金を稼いで下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。