松岡紀彰の画像

驚きのニュースが入ってきました。

三重県四日市市で30キロ制限の道路を走っていた車に対して、反対車線に大きく膨らんで追い越し、「バカたれ!」などと暴言を吐いたということで、無職・松岡紀彰(まつおかのりあき)が逮捕されたのです。

松岡容疑者は道路上に追い越した直後に、車を停車させ男性の手を叩いたということです。

 

今回も例によって松岡紀彰の顔画像やFacebookなどのSNSのアカウントの有無についても書いていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

事件の詳細

 

事件が起きたのは2018年1月13日のことだった。

このニュースは東海テレビやフジテレビなど複数のメディアが報じている。

 三重県四日市市の県道で1月、「あおり運転」をした後、男性に暴行を加えたとして、四日市西署は5日、暴行と、車線をはみ出して運転したとする道交法違反の疑いで、同県菰野町千草、無職松岡紀彰容疑者(77)を逮捕した。

被害者の男性が、車に搭載していたドライブレコーダーの映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開。これを見た第三者が警察に通報したことで捜査が始まったという。

逮捕容疑では、松岡容疑者は1月13日午後1時ごろ、同市西村町の県道を乗用車で走行中、前を走っていた同県松阪市の男性(26)が運転する乗用車を追い越して路上で停止させた上、車から降りて「わざと遅く走っとんのか」と言いがかりをつけ、運転席の窓越しに男性の手をたたいたとされる。

署によると、現場は片側1車線ではみ出し禁止区間だった。「車ははみ出したが、手はたたいてはいない」と容疑を一部否認しているという。映像に写っていた車のナンバーなどから松岡容疑者が浮上した。

引用:http://www.chunichi.co.jp

松岡紀彰の画像 松岡紀彰の画像 松岡紀彰の画像 松岡紀彰の画像 松岡紀彰の画像 松岡紀彰の画像

出典:https://www.fnn-news.com/

近年増加する危険ドライバーによる暴言・暴行事件。77歳という本来精神的に落ち着くべき年齢の男だが事件当時のやり取りを見ていると、まるで10代の子供が喧嘩をふっかけているようである。

スポンサーリンク

顔画像は?

 

危険な運転、そして暴言暴行を加えた松岡紀彰の顔画像はネット上に公開されているのだろうか。調べてみるとモザイク付きながら松岡紀彰の顔画像は公開されているようだ。

その画像がこちらである。

松岡紀彰の画像

出典:https://www.fnn-news.com/

松岡紀彰は三重県菰野(こもの)町に住む77歳の高齢者だ。

警察の調べに対して「ノロノロ運転に腹が立った。車内に手は入れていない」と容疑を否認しているという。

スポンサーリンク

喧嘩口調で脅迫

 

松岡紀彰が被害に遭った26歳の男性をものすごい口調で脅迫している文面は次のとおりである。

 

犯人「わざとゆっくり走っとんのか!?」

被害者「あそこ30キロ制限ですよ?」

犯人「バカたれ!!」

被害者「危ないです」

松岡紀彰の画像松岡紀彰の画像松岡紀彰の画像

出典:https://www.fnn-news.com/

時速制限を守っていた車に対して汚い言葉で脅迫した高齢者ドライバー。どっちが大人なのかわからなくなるが、犯人の常識では30キロ制限の道はもっと飛ばして走行するようだ。

何をそこまで急いでいたのかは知らないが、30キロ制限の道にはそれなりの意味がある。

それを理解せず自分の感情だけで若者を罵る老人には、”人生の先輩”だと尊敬の念を抱く方は少ないだろう。

スポンサーリンク

YouTubeに一部始終の動画投稿

 

松岡紀彰が逮捕されたきっかけは、先のやり取りを録画したドライブレコーダーの動画が、YouTubeに投稿されたことで、第三者が警察に通報したことがきっかけである。

その動画がこちらである。

後半は怒りのあまり言葉が聞き取れないが、汚い言葉で罵倒している雰囲気は伝わってくるだろう。

FacebookなどのSNSは?

 

松岡紀彰のFacebookやツイッターなどのSNSアカウントはネット上に存在しているのだろうか。調べてみたが松岡紀彰のSNSアカウントは、少なくとも検索で調べられる範囲には発見できなかった。

77歳という年齢を考えると、SNSの利用はしていない可能性のほうが高いのではないだろうか。

増え続けるモンスタードライバー

 

近年道路上での危険な運転、その後の暴言や暴力など”モンスタードライバー”が増加傾向にある。

2017年東名高速道路で夫婦が亡くなった事件では、25歳の男が高速道路上に車を停車させ、後ろから来た車に夫婦がはねられてしまっている。

このような事件は車という鉄でできた”鎧”に乗り込むことで、自分がはるかに強くなったような錯覚を起こさせるため起こることが多いという。

普段は温厚なのに、車に乗ると人が変わったかのように凶暴になる人がいるのはそのためである。

こういった人間は、普段から自分に強い劣等感を持っている人間が多いのである。

ネット上の声

 

▶この年齢見たときあぁ。って思ったよ、やはりこの世代かとね。なんでもわがままなのっていつも決まってこの世代。

 

▶爺さん フルボッコに合わなくて良かったね♪

 

▶返り討ちに合わなくて良かったな。
とりあえず爺さんは免許返納して隠居やな

 

▶仕事で使う物を買いに良くホームセンターに行くけど、この前レジ前で60代70代くらいの男性同士がどっちが先に並んでたって言い合って揉めてた。
自分はその後ろだったし、そのせいで余計混雑してかなり迷惑だった。
お互い仕事でもなさそうなのに、その年代の人たちはせっかちすぎる。

 

▶この間高齢者のクレーマーが多いという記事を見ましたがこの記事見た時に同じような年齢の方でやっぱこの年齢の方々短気すぎるなと思いました。

 

▶同じ目にあった事ある!
トラックにあおられ怖かったわー。信号待ちの時降りてきて、窓少しだけ開けたら、なんだー女か!行けーって言われたけど。私が何かしました?って思ったわ。気の短い人は車の運転に限らず危険。

 

▶ドラレコなんて知らない世代。まさか撮られてるなんて夢にも思わなかったはず(笑)

 

▶あおり運転もそうだけど、こういう迷惑運転者には、かなりの厳罰が必要だと思う、1発免取りくらいしないとこういう馬鹿は無くならない

 

▶標識もセンターラインも読めないんでしょ。運転やめたら?

 

▶相手の20代が優しい方でよかったですね。普通に考えて勝ち目ないでしょ。今の時代高齢者は社会のお荷物ですね

 

▶高齢者の事故が多い理由の一つかな。
制限速度、危険運転の認識がない。
免許取り上げで良いよ。

 

▶住宅地や通学路のような30キロ・40キロ規制のトコは人が飛び出して来る可能性もあるのでゆっくりと走るべきであって、見通しのいい60キロ規制のとこはもう少し緩やかにしてもいいと思うよ

 

▶だんだん年をとるとこうなるんですね。今はドライブレコーダーに記録は残っているので、しっかり懲らしめて場合によっては免許返納でいいと思います。

 

▶狭いカーブもある住宅街を抜け、広くなった所で急停車させた。30キロが遅いとは、よっぽどせっかちな爺さん。その先には、小学校がある。児童に注意して安全運転をしないと大変な事故になる。

 

▶人間年を取ると気性が荒くなるのかも。いくら年配者になってもこんな風にはなりたくない。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。