猿岩石の森脇和成がユーチューバーとして活動を開始したと話題になっている。

 

森脇和成といえば2017年現在の活動や消えた理由も話題になっている。

 

また事務所や離婚の噂、逮捕の噂についても話題になっているようである。

 

そこで森脇和成に関して・・・

 

  • 身長や体重に年齢や生年月日は?
  • 高校大学に血液型は?
  • youtuberになったきっかけは?
  • チャンネル登録者数がすごいってマジ?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

森脇和成のプロフィール

 

 

【名前】:森脇和成

【読み方】:もりわき かずなり

【出身】:広島県安芸郡熊野町

【生年月日】:1974年8月1日

【星座】:しし座

【年齢】:42歳(2017年5月現在)

【身長】:168cm

【体重】:非公表

【血液型】:A型

【デビュー】:1994年

【学歴】:非公表

 

スポンサーリンク

 

森脇和成の経歴

 

 

島県安芸郡熊野町で生まれ育った森脇和成は、高校に進学したものの中退し圧接工として働いていた。

 

その後小学校の時からの幼馴染である有吉弘行とお笑いコンビ「猿岩石」を結成しているのだ。

 

 

彼らがブレイクするきっかけになったのは、なんといっても「進め電波少年」に出演したことがきっかけだろう。

 

番組内のヒッチハイクだけで香港からイギリスまでいく企画に参加し、多くの視聴者が彼らを応援する人気企画となった。

 

 

この時、自ら応援歌を歌いたいと志願したサンプラザ中野の「旅人よ」は、当初応援歌のみでCD発売される予定はなかったという。

 

しかし多くのファンからの要望がありCDをリリースし大ヒットを記録したのである。

 

 

無事ゴールを迎え帰国した猿岩石は、テレビ番組に引っ張りだこになり歌手としても大ヒット曲を連発するなどアイドルのような状態になったのだ。

 

 

だが、その後は人気が下降していき猿岩石は解散し、森脇と有吉は別々の道を進んでいる。

 

スポンサーリンク

 

2017年現在何してるの?

 

 

岩石を解散後は一度芸能界を引退し、飲食店のオーナー、ブランド品の輸入会社など職を転々としていたという森脇和成。

 

実は結婚をしており、妻の妊娠を機にサラリーマンに転身したが、自身には向いていないと常に思っていたという。

 

その後は子供を2人授かったが、妻とは離婚してしまったようである。

 

 

その時務めていた会社の社長から

 

「もういっかい芸能界やってみたらどうだ?

サラリーマンのお前は顔が死んでるぞ」

 

と言われたことがきっかけで再び芸能活動を開始し、舞台やラジオ番組へ出演していたのである。

 

 

スポンサーリンク

ユーチューバーになったきっかけは偶然だった

 

 

脇和成がユーチューバーとして活動を開始したということで話題になっている。

 

ではなぜ森脇はYouTubeの動画配信を始めたのだろうか?

 

これは本当に偶然の出来事だったのである。

 

 

そのきっかけになった出来事というのが、人気ユーチューバーのラファエルさんと遭遇したことである。

 

町中で声をかけて「芸能人を見つけるまで帰れません」という企画で動画撮影していたラファエルさん。

 

そこに偶然通りかかったのが森脇和成で、ラファエルさんは彼をユーチューバーとしてやってみないか?と誘ったのである。

 

その時の動画がこちらである。

 

 

ラファエルさんといえばチャンネル登録者数100万人を超える大物ユーチューバーであり、その他のビジネスでの収入を含めると年収2億円を叩き出す人物だ。

 

動画を見ていた方は森脇和成が本当にユーチューバーになると思っていた方が少なかったのではないだろうか?

 

だが、この動画の1時間前に森脇和成がすでに動画を配信しており、話題になったのである。

 

 

 

チャンネル登録者数がすごいことに

 

 

物ユーチューバーの動画に偶然出演したことで、話題になった森脇和成。

 

初めての動画をアップ後、一時間でチャンネル登録者数1000人を超え、現在もすごいスピードで増えているという。

 

 

もともとはお笑い芸人で数々の番組に出演していたトーク力は健在であり、今後の動画配信が期待されているのである。

 

これ対しネット上では・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

世代的に彼のことを知らない視聴者も多いはずだが、彼のユーチューバー活動開始のニュースを好意的に受け取っている方が多いようである。

 

これまで苦労の多い人生だった森脇和成だが、ユーチューバーとして成功を納められるだろうか?

 

今後の動画配信を期待していきたい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。