衝撃のニュースが舞い込んできました。

俳優の中嶋しゅうさんが舞台から落下し救急車で緊急搬送されたというニュースが流れました。

 

舞台は中止になったということで、中嶋しゅうさんのケガの具合が心配されます。

 

ここでは中嶋しゅうさんに関して様々な視点から書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

中嶋しゅうのプロフィール

 

出典:梅田芸術劇場

【名前】:中嶋しゅう(なかじましゅう)

【出身】:東京都

【生年月日】:1948年4月18日

【年齢】:69歳(2017年7月現在)

【星座】:おひつじ座

【身長】:172cm

【体重】:62kg

【スリーサイズ】:B89-W76-H91cm

【所属】:劇団NLT

【職業】:俳優

【好きなスポーツ】:スキー、野球

【趣味】:乗馬

【特技】:スキー、野球

 

スポンサーリンク

 

中嶋しゅうの出演作品

 

出典:イープラス

■主な舞台出演

「愚かな女」「毒薬と老嬢」「ドリーム・ガール」
以上劇団「NLT」公演
「屋根の上のバイオリン弾き」「伊達正宗」「リア王」「二人でシーソー」「ぼやき(自主公演)」「ピアノ(T・P・T公演)」「ケ゛ットー(兵庫舞台芸術公演)」「お気に召すまま」「ビンゴ(T・P・T公演)」「ジョン王」「火の国」「阿国」「谷間の女たち(地人会公演)」「KUNISADA-国定忠治(セゾン劇場)」「エイ・ミューズ・ビュー」「雪やこんこん」「欲望という名の電車(新国立劇場公演)」「丘の上のイエッペ(地人会 ベニサンピット)」「言葉(俳優座劇場)」「ニュルンベルク裁判」(兵庫舞台芸術)「雲はやがて水になる・コンクラーベ第一回公演」「かもめ」ベニサンピット/tpt「楡の木陰の欲望」(シアター 1010/tpt)「天国の本屋」(CAT/博品館劇場・ほか )「コーカサスの白墨の輪」(パブリック・シアターほか)「桜の園」(tpt/ベニサンピット)
「ウィンズローボーイ(自転車キンクリーツ・俳優座劇場)」
「母・肝っ玉とその子供たち(新国立劇場・ほか)」・「バッカイ(tpt)」
「氷屋来る(新国立劇場)」「スペインの芝居(tpt)」「朱雀家の滅亡」
「バーム・イン・ギリヤド」・「かもめ」・「キーン」・「空の定義」
「炎の人」「赤い城 黒い砂」「ヘンリー六世」

■演出

「奪うこと」・「彼女を不安なさせる幾つかのこと」(コットンクラブ公演)
「雲はきっと水になる」・「タイトル未定」(コンクラーベ公演)
「水の話」(まつもと市民芸術館・ワークショップ&公演)
朗読劇「天切り松 闇がたり」(シ-エィティプロデュース公演)
コットンクラブ公演「賭けること」(トム・プロジェクト公演)
松原祭「まだ見ぬ幸せ」(東京ヴォードヴィルショー公演)

■映画

「影武者」「乱」「夢」「まあだだよ」「獄門島」「あにいもうと」
ハリウッド作品「TO END ALL WARS」・「ラーメンガール」

NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」「武田信玄」「八代将軍吉宗」

CX時代劇「鬼平犯科帳」
ANB土曜ワイド劇場時代劇「殿様侍風来坊」

■CM

「佐川急便」「日清サラダ油」「国分缶詰」「ナショナル洗濯機」

 

舞台作品へ出演が群を抜いて多いですが、映画「影武者」やハリウッド映画「TO END ALL WARS」などにも出演しているようです。

 

出典:カムトゥルー

 

またテレビCMへの出演もあるようですね。

 

大河ドラマの「独眼流政宗」では記憶に残っている方も多いのでは?

 

スポンサーリンク

 

妻は女優の鷲尾真知子

 

舞台俳優として多くの作品に出演している中嶋しゅうさん。

妻は女優の鷲尾真知子さんです。

 

出典:https://twitter.com/kirin_orange/status/6183839830…

 

1949年生まれの68歳である鷲尾真知子さん。

独眼竜政宗では夫婦で共演しています。

 

スポンサーリンク

舞台から落下する事故

 

7月5日中嶋しゅうさんが公演中に舞台から落下し、救急車で緊急搬送されました。

中嶋しゅうさんは舞台から1メートル下の客席に落下したのです。

 

その後会場は騒然となりますが、中嶋しゅうさんが動くことができない状況になってしまいました。

話すこともできなくなったということで、たたちにスタッフが救急車を手配し公演は中止されました。

 

 

公演中の作品は?

 

中嶋しゅうさんが出演していた舞台は「アザーデザートシティーズ」です。

この作品は寺島しのぶさんが主演を務めている作品です。

 

出演:梅田芸術劇場

 

中嶋しゅうさんの役名はライアンです。

ライアンは元映画俳優で共和党員でレーガン政権時代には大使をつとめた人物です。

 

 

7月6日はこの作品の公演初日であり、東京大阪と約一ヶ月間の公演だったのです。

東京芸術劇場シアターウエストで21日間、そして梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで3日間行われる予定でした。

 

事故があった7月6日は19:00から公演がスタートしていました。

 

今後の予定は未定だということです。

 

心臓マッサージが行われた

 

倒れたまま動かなくなってしまった中嶋しゅうさん。

スタッフや出演者が必死に心臓マッサージを行ったということです。

 

ということはこの時中嶋しゅうさんの心臓は動いてなかったということになります。

1メートルの高さから落下と聞くと、大したことないのかな?とも思いましたが、打ちどころが悪いと心臓が止まってしまうとは恐ろしいです。

 

このことからケガも心配ですが、中嶋しゅうさんの命の心配があります。

そうケガではなく中嶋しゅうさんの容態はかなり深刻なのです。

 

追記:

その後中嶋しゅうさんが搬送先の病院で亡くなったことが発表されました。

必死の処置が行われていましたが、そのまま帰らぬ人になってしまいました。

享年69歳でした。

中嶋しゅうさんのご冥福を心からお祈りいたします。

 

ネット上でも心配の声が

 

 

 

 

 

 

心停止していたという中嶋しゅうさんですが、69歳という若さ、まだまだ仕事ができる年齢です。

なんとか無事でいてほしいです。

 

現在病院で処置が行われていると思われますが、中嶋しゅうさんが元気になって戻ってきてくれることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。