シンガーソングライターの中村よおが、駅のホームで歩きスマホをしていた女性に体当たりをして重症を負わせた疑いで逮捕されました。

 

中村よおはなぜこのような凶行に及んだのでしょうか?

 

ここでは中村よおの事件について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

中村よおのプロフィール

 

【名前】:中村陽(なかむらよお)

【出身】:兵庫県

【生年月日】:1953年

【年齢】:63歳

【職業】:シンガーソングライター、著作家

 

 

事件の内容

 

7月19日にJR三ノ宮駅のホームですれ違った55歳の女性にタックルをして女性を転倒させました。

女性はそのまま倒れ後頭部を強打したことにより、頭蓋骨を骨折する重傷なのです。

 

当初は歩きスマホをしていた女性と中村よおが偶然ぶつかってしまい転倒したのかと思われていましたが、防犯カメラの様子では女性を発見した中村よお自ら向かっていきタックルをする様子が映っていたようです。

 

中村よおは警察の調べに対し

「ぶつかりはしたが、女性がスマホを触り、前を見ていなかった」

と自らぶつかったことを否定しており、現在警察が調べを進めています。

 

現在の顔画像

 

さてシンガーソングライターとして活動していた中村よおですが、現在の顔画像はこちらです。

 

出典:http://meikendondon.blog.fc2.com

 

一見すると優しい感じのおじさまですが、本当に自分から女性にタックルをしたのか疑ってしまいますよね。

ですがそのやさしい顔つきの裏には、凶悪な人格が眠っていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

過去に逮捕されていた

 

中村よおは2013年1月にも逮捕されていたことがわかりました。

容疑は器物損壊罪であり、神戸市灘区の商店街のポスターを破ったとして逮捕されていたのです。

 

この時は酒に酔っていたと見られていて、警察の調べにも「やってない」の一点張りだったそうですが、数々の証拠を見せられ認めざるをえない状況でようやく自身の罪を認めたそうです。

 (1) 逮捕後、警察の取り調べに対し「やっていない」と嘘の供述をしていたが、
証拠を次々と示されて完落ちしたこと。

(2) 1月末に処分保留で釈放され、起訴猶予処分となったこと。

(3) 担当していた音楽番組「中村よおのトオリヌケ・ストリート」を正式に打ち切られ、
ラジオ関西から追放処分されたこと。

(4) 釈放後、釈明や謝罪などは一切せずに、活動を再開させたこと。

(5) 「ニューアルバム発売記念」と称してライブ公演を行ったが、
〝身内〟以外に来場者はほとんどなく不発に終わったこと。
その後、表立ったライブ活動は行っていないこと。

(6) 仕事は、音楽雑誌などへの原稿書きだけになっていること。

(7) 犯行を重ねていた水道筋商店街には、姿を見せなくなったこと。

その影響で当時担当していたラジオ番組も降板になるなど、大きな迷惑をかけた中村よおですが、今回のことでまたしても大きな影響を与えています。

 

しかも今回は器物損壊ではなく傷害罪です。

これで相手の女性に障害が残るなどの事が起きた場合、中村よおの責任はさらに大きくなるでしょう。

 

死去の噂も?

 

2013年1月に器物損壊で逮捕された中村よおは、しばらく芸能活動を自粛していました。

 

そのため死去の噂がネット上で流れたようです。

 

それが今回の事件で死去していたわけではなかったことが発覚するとは、なんとも皮肉ですよね。

 

ネット上の声

 

 

 

まとめ

 

中村よおには女性に対しても、周囲の関係者に対してもしっかりと謝罪、反省をするべきです。

相手の女性の容態がわからず、後頭部を強打していることから、今後重度の障害などの可能性もあるでしょう。

 

中村よおからすれば、歩きスマホをしていた女性を少し懲らしめてやろうという気持ちだったのかもしれませんが、そもそもあなたに人を懲らしめる、罰する権利はありません。勘違いしないでください。

 

相手の行いを正す前に自分の行いを正すべきですよ。

63歳にもなって、そんな雑な生き方しかできないのは酷いとすら思いますね。

 

前回に逮捕された時も警察の取り調べに相当粘って「やってない」と繰り返し、捜査を遅らせただけでなく、ファンやメディアに対して釈明、謝罪などが一切なしに突然の活動開始。

そして今度は傷害。

 

中村よおには芸能活動も二度としてほしくないです。

今回のことでファンの方にも見放されて当然ですから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。