仲谷天翔の画像

驚きのニュースが入ってきました。

路上で演説中だった斎藤啓市議を殴るなどして、愛知県田原市の大学生・仲谷天翔(なかたにたかと)22歳が逮捕されたのです。

仲谷容疑者は警察の調べに対して、「ひっかいたことは認めるが、殴ってはいない」と、容疑の一部を否認しています。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件が起きたのは4月20日の午後6時頃でした。

演説中の斎藤啓(ひろむ)・愛知県豊橋市議(46)を殴るなどしたとして、県警豊橋署は20日、同県田原市西神戸町大辻、大学生、仲谷天翔(たかと)容疑者(22)を暴行容疑で現行犯逮捕した。斎藤市議は共産党市議団団長。けがはなかった。

逮捕容疑は20日午後5時55分ごろ、豊橋市広小路の歩道上で演説をしていた斎藤市議の頬を拳で1回殴り、さらに頬を引っかいたとしている。

豊橋署によると、斎藤市議がその場で仲谷容疑者を取り押さえ、通行人の通報で駆け付けた同署員に引き渡した。仲谷容疑者は「引っかいたことは認めるが、殴ってはいない」と容疑を一部否認している。

引用:毎日新聞

スポンサーリンク

仲谷天翔について

仲谷天翔とは、どのような人物なのでしょうか?

 

【名前】:仲谷天翔

【読み方】:なかたにたかと

【居住地】:愛知県田原市西神戸町大辻

【年齢】:22歳

【職業】:大学生

 

現時点で公開されている仲谷天翔の情報は以上です。

SNSの利用について調べてみましたが、Facebookやツイッター、インスタに同姓同名のアカウントは存在しませんでした。

22歳という年齢を考えると、SNSを利用している可能性は高いですが、ハンドルネームで登録している可能性が高いです。

スポンサーリンク

顔画像が流出

仲谷天翔の顔画像は、逮捕の一報が入って時点では公開されていませんでしたが、ネット上には過去の仲谷天翔の顔画像が発見されているのです。

その画像がこちらです。

仲谷天翔の画像

出典:http://www.city.tahara.aichi.jp

この写真は、田原市が発行している広報誌「Tahara(たはら)」に掲載されていたものです。

「みんなのさくひん」と第して、田原市内の保育園~中学生の絵の作品を紹介しているコーナーです。

この広報誌が発行された日時は、平成22年の11月1日です。

仲谷天翔の画像

出典:http://www.city.tahara.aichi.jp

この時に中学3年生ということは現在22歳前後であり

 

  • 居住地が田原市で一致
  • 年齢が一致
  • 名前が珍しい

 

この3点から、今回逮捕された仲谷天翔容疑者である可能性が極めて高いです。

中学時代の顔画像であるため、22歳になった現在とは少し印象が違うかもしれませんが、真面目な印象があり一見暴行をするような人間には見えません。

公衆の面前で暴行をするような動機とはなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

犯行動機とは?

一見真面目そうな大学生が、暴行を働いた動機とは何だったのでしょうか?

仲谷天翔は警察の調べに対して以下のように供述しています。

「市議の主義主張が気に入らなかった」

被害に遭った斎藤啓市議によると、ここのところ毎日のようにニュースになっている財務省のセクハラ問題や、安倍政権を批判する演説をしていたところ、仲谷天翔が大声を上げ、路上に置いてあった立て看板を蹴り始めたようです。

当然、演説を聞いていた方々も何が起きたのかと、気になり始め、斎藤市議がやめるように注意しましたが、無視されたため蹴るのを止めに入ったところ、殴られたようです。

 

この暴行事件に対して斎藤市議は自身のFacebookで無事を報告しています。

 

 

警察の調べで語っている通り「主張が気に入らない」という意見は、真っ当ではありますが、暴力に走ってしまってはその意見も通るはずもなく、暴力で解決しようとするやり方はテロリストと変わりません。

大学生とはいえ22歳で立派な大人なわけですから、感情的にならずに大人の主張の仕方というものを勉強するべきですね。

事件現場

事件現場は報道では「愛知県豊橋市広小路の歩道上」と発表されています。

仲谷天翔の画像 仲谷天翔の画像

出典:グーグルマップ

豊橋駅から大通りまで走る繁華街の道であり、週末には多くの買い物客で賑わう通りです。

またオフィス街や飲み屋街も近くにあるため、事件があった20日金曜日の18時ごろには、多くの仕事帰りのサラリーマンもいたのではないでしょうか。

いずれにしても、市議や他の通行人にケガがなかったことが不幸中の幸いですが、一歩間違えば凶器による暴行事件にも発展していた可能性もあり、再発防止のための対策、そして仲谷天翔にはしっかりとした刑罰が求められます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。