驚きのニュースが入ってきました。

 

不倫相手の女性に覚醒剤を注射したとして

医師の根本雄志(ねもとゆうし)容疑者が逮捕されたました。

 

根本容疑者は東邦大学医療センター大橋病院に勤務していた

ようですが、2017年12月の末に退職していました。

 

今回は例によって根本雄志の顔画像や

Facebook・インスタなどのSNSの有無について

書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

事件の詳細

 

事件が起きたのは2017年12月21日頃のことでした。

 

公式のニュースサイトの記事によると

 不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射したとして、警視庁代々木署が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都渋谷区笹塚の医師、根本雄志容疑者(35)を逮捕していたことが5日、同署への取材で分かった。「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年12月21日ごろ、渋谷区の自宅で女性に覚醒剤を注射し、使用させたとしている。

同署によると、同日夜に女性から「根本容疑者から暴力を振るわれた」という趣旨の通報があった。事情を聴いたところ「寝ている間に覚醒剤を打たれたかもしれない」と話したため、検査を行ったところ覚醒剤の陽性反応が出たという。自宅からは使用済みの注射器が見つかった。根本容疑者は行方が分からなくなっていたが、今月2日昼ごろに同署へ出頭。陽性反応は出なかった。

根本容疑者は東邦大学医療センター大橋病院(目黒区)の呼吸器内科に勤務していたが、同院によると昨年12月末に退職した。

引用:http://www.iza.ne.jp

根本雄志の画像

根本雄志の画像根本雄志の画像

根本雄志の画像

根本雄志の画像

出典:http://news.tbs.co.jp

いろいろと突っ込みどころの多い今回の事件。

 

不倫している時点ですでにアウトですが

そこに覚醒剤が絡んでくると事件性が一気に増しますね。

 

しかも医師という人の体を守るべき職業の人間が

行った行為ですから、世間の関心は高いと思います。

 

覚醒剤というと裏ルートなどの入手を想像しますが

医師という見本を利用すれば、医療用の麻薬も

入手ができたことを考えると、本当に恐ろしい事件です。

 

スポンサーリンク

 

顔画像は?

 

不倫をし、しかもその女性に覚醒剤を打つというとんでもない

事件を起こしていた根本雄志。

 

彼の顔画像はネット上に公開されているのでしょうか?

 

このことに関して調べてみると、現時点で根本雄志の

顔画像はネット上には公開されていないようです。

 

今後、根本雄志が警察に護送されるシーンなどがテレビの

ニュース番組などで放送され、顔画像が発覚する可能性も十分あるため

新しい情報が入り次第、追加で書いていきたいと思います。

 

※追記

その後ニュース番組で顔画像が公開されました。

その画像がこちらです。

根本雄志の画像根本雄志の画像根本雄志の画像

出典:http://news.tv-asahi.co.jp

また根本雄志には奥さんと2歳の娘さんがいることが

報じられています。

 

スポンサーリンク

 

Facebookやインスタは?

 

さて、今回の事件で逮捕された根本雄志のFacebookや

インスタ・ツイッターなどのSNSはネット上に存在するのでしょうか?

 

これに関して調べてみると、少なくとも検索で調べられる範囲には

根本雄志だと特定できるアカウントは存在しませんでした。

 

Facebookには彼と同姓同名のアカウントが複数存在するのですが

住所や年齢などの情報が乏しく、特定には至っていません。

 

35歳という年齢からSNSを利用していてもおかしくないですが

もしかしたらハンドルネームでの登録をして利用しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

勤務先の病院は?

 

根本雄志はどこの病院なのか気になる方も多いと思いますが

調べてみると、すでにニュースで報道されているようです。

 

その病院とは

 

「東邦大学医療センター大橋病院」

 

そこの呼吸器内科に勤務していた根本雄志でしたが

2017年の12月末に退社しているようです。

 

地図で見てみると

根本雄志の画像 根本雄志の画像

出典:ドクターズ・ファイル

東邦大学医療センター大橋病院はかなり大きい病院であり

多くの職員が勤務しているのです。

 

公式ホームーページも存在しており、呼吸器内科の

スタッフ紹介もあったのですが、そこに根本雄志の

名前はありませんでした。

 

年末に退職していたということですので、すでに削除済みか

もともと掲載されていなかったのかはわかりません。

 

不倫相手の女性は?

 

今回の事件の被害者となった不倫相手の女性に

ついての情報をまとめてみると、年齢が20代であるという

情報以外には公表されていないようです。

 

今回根本雄志からは覚醒剤の反応が出ておらず

彼女からのみ覚醒剤を検出したというのです。

 

ですが根本雄志は一時行方をくらましており

薬物が体から抜けるのも待ってから出頭した

可能性もあり、常用していたかについては

現時点でなんとも言えません。

 

彼女の証言では根本雄志に暴力を振るわれ警察に

通報し、「寝ている間に覚醒剤を打たれたかもしれない」

と語っていたようです。

 

なにか彼女に覚醒剤を打たれたような自覚症状があったのか

それとも以前から、そういった行為があったのかはわかりません。

 

ですが普通の人がなにも情報がない状況で覚醒剤を打たれたと

自覚するのはあまりにも不自然であるため、この女性も過去に

使用したことがある可能性も浮上します。

 

もしくは根本雄志が日常的に覚醒剤を使用していたことを

知っていたのかもしれません。

 

犯行の動機は?

 

さて、根本雄志の犯行動機とはなんだったのでしょうか?

 

そのことに関して調べて見ると、現時点では動機について

何も語っておらず、容疑に対しても「身に覚えがない」

と否認しているのが現状です。

 

ですので、犯行動機に関しても判明するにはもう少し

時間がかかりそうですね。

 

ですが、寝ている間に覚醒剤を打たれたとなりますと

その動機が非常に気になるところです。

 

どのようなタイプの覚醒剤かにもよりますが

あるいは性行為の感度をアップさせるために

打った可能性も十分ありそうですね。

 

このことに関しても、警察からの公式の発表がありましたら

新しく情報を追加していきたいと思います。

 

ネット上の声

 

  • クスリ抜きのための遅れて出頭ですか

 

  • とんでもない。知らないうちに覚せい剤打たれてるなんて、この先の人生どうなるんだろ。依存症にならなきゃ良いけど。

 

  • 医者がシャブ中だったら怖すぎる・・・

 

  • 医師免許剝奪?

 

  • この加害者完全に黒ですね
    髪を調べたらすぐにわかるのではないですか
    実刑でお願いいたします

 

  • 寝ている間に覚醒剤打たれたかもしれない?寝ていても注射されたら痛いと思う。何だか二人ともあやしい。女の子もおかしい。医者はもちろんだけど。

 

  • ドコでダレから買ったのかな?
    それを言うと、消されるかもしれませんがね

 

  • 注射を打つのは上手いから痛くなかっただろう下道

 

  • 女性の方が怪しいな。

 

  • 医者は簡単に手に入るから。余裕。

 

  • 覚醒剤を打たれたかもと思うってことは、この容疑者が普段から覚醒剤を常用してるってことを、この不倫女も前から知ってたのかな?

 

  • 東京は医者すら信用できない魔都となったか・・

 

  • 寝ている間に覚せい剤を打たれたかもしれない??なんで覚せい剤だと思ったんだろ。素朴な疑問。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。