驚きの事件が起きました。

野々下忠男(ののしたただお)容疑者が妻を殺害したとして逮捕されたのです。

 

野々下忠男容疑者は77歳、妻の愛子さんは68歳。

長年連れ添った妻を殺害した動機とはなんだったのでしょうか?

 

顔画像やFacebookはあるのでしょうか?

 

今回は野々下忠男容疑者について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件は山口県下関市伊倉本町で起きました。

8月25日の深夜から26日にかけての時間帯に

犯行に及んだと見られている野々下忠男。

 

殺害方法は妻の愛子さんの首をコードのようなもので

締めて殺害したということです。

 

愛子さんの死因は頸部圧迫による窒息死でした。

愛子さんは一階の布団の上で心肺停止状態であり

 

通報したのは野々下忠男容疑者の家族であり

「母が息をしていない」

という通報だったことから、息子さんか娘さんが通報したものと思われます。

 

その前に野々下忠男容疑者自ら子供に電話をして、

妻の愛子さんが息をしていないことを告げていました。

 

野々下忠男は妻と二人暮らしだたため、子供が自宅に駆けつけて

事件が発覚したということになります。

 

警察の調べに対して野々下忠男容疑者は

「殺したことは間違いないが殺意はなかった」

と供述しているそうです。

 

ですが首を絞めたら死んでしまうことはわかりますよね。

これは理由になりません。

 

長年連れ添ったであろう妻を殺害した野々下忠男容疑者とは

一体どんな人物なのでしょうか?

顔画像などはネット上に出回っているのでしょうか?

 

次で書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

野々下忠男の顔画像は?

 

妻の首を絞めて殺害するという凶行に及んだ野々下忠男容疑者。

彼の顔画像を調べてみましたが、Facebookやツイッターなどの

SNSはやっていないため現時点ではネット上には野々下忠男

の顔画像はわかりませんでした。

 

またニュース番組でもまだ報道されていないので

今後野々下容疑者の顔画像が公開され次第

追加で書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

妻殺害の動機は?

 

さて、野々下忠男容疑者はなぜ長年連れ添ったであろう

妻の愛子さんを殺害したのでしょうか?

 

これについてもまだ正式な発表がなされていないため

今後警察の方から発表があると思います。

 

こちらも分かり次第書いていきたいと思います。

このような事件は最近よく耳にしますが、

その中でも多い動機は「介護疲れ」です。

 

愛子さんが介護が必用な状態だったのかはわかりませんが

最近は若年性アルツハイマー病なども多いので

可能性もあると思います。

 

あとは夫婦間のトラブルなども考えられます。

例えば最近は60歳以上の熟年離婚が急増しています。

 

女性は生活能力があるため離婚しても年金などの収入があれば

あまり困ることはないため、子育てが終わり皆家を出ると

女性が離婚を切り出すことが多いそうです。

 

ですが男性に関しては若い人はともかく60代~70代

の人は家事を一切やったことがなく、お茶を入れることすら

できない(場所がそもそもわからない)などのことが多いようです。

 

ですから熟年離婚を切り出された時に、男性がうだうだと反対する

パターンが多いようで、その間のトラブルによる殺害の可能性もありそうですね。

 

野々下忠男容疑者は

「殺したことは間違いないが殺意はなかった」

と語っていますが、殺意がない状態で妻を殺害する

状況の方がよっぽど異常だと思います。

 

もしかしたら野々下容疑者には精神的な疾患があった可能性も

考えられるのではないでしょうか?

 

いずれにしても長年連れ添ったであろう妻を手に掛けることに

正当な理由など存在しません。

存在してはならないのです。

 

仕事を頑張って家庭を守り、子供を育て上げた立派な父親

という人生が一転してしまうのです。

 

彼には自分がしたことがいかに酷いことだったのか

十分考えてほしいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。