ボクシングで岡田哲慎さんが亡くなったという

ニュースが流れましたね。

 

 

 

死因は急性硬膜下血腫で12月20日の試合の後

急に意識を失って緊急手術をうけていたみたいです。

 

スポンサーリンク

 

手術は成功したらしいのですが、1月6日まで意識は戻らず

6日午前 4時36分に入院先の病院で息を引き取ったらしいです。

 

 

ボクシングというスポーツの特性上可能性が0では

ないだけに、なんともいたたまれないですね。

 

画像の右側が岡田選手です
f3ce274f-s

 

 

プロフィール

名前:岡田哲慎

読み:おかだてっしん

出身:青森県

出身高校:六戸高等学校

出身大学:千葉工業大学

年齢:21歳

所属:ランドジム

階級:フライ級

 

スポンサーリンク

 

聞くところによると、岡田さんには彼女がいたらしく

試合が終わったら、岡田さんはプロポーズを

するつもりだったようです。

 

彼女さんの気持ちを考えると、なんと言って良いのやら

わかりませんが、岡田哲慎さんのご冥福を

心より祈っています。

 

対戦相手の選手も同じデビュー戦の

神山 匡史(フラッシュ赤羽)選手でこれからが

期待されるホープです。

 

 

彼にとって忘れられないデビュー戦になってしまったとは

おもいますが、後ろを向かずに岡田選手の分まで

これから活躍していってほしいと思います。

 

 

原因はやはり過度の減量と試合のダメージでしょう。

ボクシングはギリギリまで体を鍛え抜くスポーツですが

こういったことが起きた以上は、ボクシングそのものを

見直すべきではないですかね?

 

 

人が死んでもなにも対策をたてないJBCは今回で最後にしてほしい。

岡田さんの死をムダにしないためにも・・・