女優の鳳恵弥(おおとりえみ)さんが出演予定だった舞台「結婚の条件」

を降板することを発表したのですがその理由が女優でこの舞台

の演出を務めていた鈴木砂羽さんから「人道にもとる行為」を受けたことだとブログに書き込み波紋を呼んでいます。

 

鳳恵弥さんという名前はあまり聞かない名前ですが一体どういった人物なのでしょうか。

そして鳳恵弥さんが受けた人道にもとる行為の内容とはどのような内容なのでしょうか?

 

今回は鳳恵弥さんの舞台降板の理由などについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

鳳恵弥のプロフィール

鳳恵弥の画像

出典:しぃぼるとぷろだくしょん

【名前】:鳳恵弥

【読み方】:おおとりえみ

【出身】:東京都

【生年月日】:1981年1月4日

【年齢】:36歳(2017年9月現在)

【身長】:165cm

【スリーサイズ】:B88-W60-H86cm

【足のサイズ】:24.0cm

【血液型】:A型

【デビュー】:2000年12月

【職業】:女優、レポーター、ダイエットカウンセラー、モデル、執筆

 

スポンサーリンク

 

鳳恵弥さんの経歴

 

東京都に生まれ育った鳳恵弥さんは大学生の時に芸能界デビューしています。

 

もともとスカウトされてデビューすると舞台女優として博品館三松座公演「午前零時三分」

に出演し、高い演技力で評価されました。

 

大学3年生の時には「ミス・インターナショナル日本」で準グランプリを獲得するなど

当時からその美貌には高い評価がありました。

鳳恵弥の画像

出典:浪速鉄工

その後女優としてだけでなくモデルとしても活動を開始し、「明治生命」「ライオン」「ヤンマー」

ポーラ化粧品」など多くのテレビCMに出演していて、2017年現在までに出演したCM本数は15本を数えています。

 

またドラマ以外のテレビ番組にも出演していて、「秘湯ロマン」に出演していたことでも知られています。

 

特技が豊富

鳳恵弥の画像

出典:しぃぼるとぷろだくしょん

主に舞台女優として活躍していた鳳恵弥さんですがその特技がすごいんです。

 

彼女の特技は水泳、詩吟、さらに茶道、華道と日本の伝統文化を得意としているのです。

また水泳は中学時代東京都大会にも出場したほどの実力だったそうです。

 

スポンサーリンク

舞台で受けた「人道にもとる行為」とは?

鳳恵弥の画像

出典:ameblo.jp

今回鳳恵弥さんが舞台の稽古中に演出の鈴木砂羽さんに受けた「人道にもとる行為」

これがどのような内容なのか非常に気になりますよね。

 

この内容が鳳恵弥さんのブログに書かれていました。

お約束をしていた時間に稽古場を出る日、まさかの事態、演出家と演出助手が揃ってふんぞり返り劇団の代表者であり、脚本家であり、プロデューサーの江頭美智留先生に頭を下げさせている姿、余りにも常軌を逸していて、言葉がありませんでした。

引用:https://ameblo.jp

劇団の代表者であった方に頭を下げさせていたのが鈴木砂羽さんだったのです。

仮にも演出家で主演だとしても、これは役者として以前に人としてどうなんですかね?

鈴木砂羽さんのネット上での評判を聞くと、この行為も納得するほど良いものがなかったです。

 

そしてその後の内容を見てみると

1回目の通し稽古が終わり、私たちは床に座ってダメ出しを受ける中、準備していたかのようにまた始まる罵倒、『2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!』尻馬に乗るように演出助手の方が『みんなも2回やりたかったよね?』、そして名指しにされる私たち、先生が後ろから駆け付けてまた頭を下げる、美千子姉さんが『すいませんでした。』と謝る姿に納得せずに『ぬるいわね』と吐き捨て更に追い込もうという演出、作品の稽古とは全く関係ないところで起こる惨状に、私は床に額を擦り付けて謝ることになりました。

この文章の中で罵倒している人物がおそらく演出の鈴木砂羽さんでしょう。

彼女は芸能生活が長いベテラン女優ですが、さすがにこの態度は酷いですよね。

 

これではさすがに数々の舞台を経験してきた鳳恵弥さんも、自らの意志で降板するというものです。

この発言には役者さんに対しての”敬意”が感じられないことを鳳恵弥さんも強調していますし

まだ演技を始めたての若手の俳優さんならともかく、芸能生活15年以上のベテランの女優さんに対する態度ではないですよね。

 

鈴木砂羽の評判の悪さ

 

今回の舞台で演出を務めていた鈴木砂羽さんは昔から評判の悪い女優として知られています、

その性格の悪さはかなり強烈で、共演がNGの俳優さんや女優さんも数多くいるそうです。

鈴木砂羽さんの評判はドラマ撮影現場でも発揮していて

「現在出演している連続ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)で、篠原涼子(42)、吉瀬美智子(40)と3人での“女子会シーン”が減ったと言われています。それも、鈴木砂羽サイドの要望で。なんでも、キャリアウーマンの彼女たちと、おしゃれではない自分の役柄の衣装を見比べられるのが嫌だからと、台本を替えさせたそうなんです」

「ドラマ撮影現場でブチ切れた」と女性誌で報じられたことを受け、「やーうるさい!この餃子野郎!(中略)一言で言うと、『マジ、ない!』ですね」と、自身のinstagramで怒りを露わにした鈴木。

引用:http://www.kijomatomelog.com

そう大女優のような振る舞いに他の女優さんも引いているのだとか。

確かに鈴木砂羽さんといえば芸能生活25年以上のベテランですが

そもそもそこまで態度がひどいのは彼女の性格が悪いせいなのかもしれませんね。

 

さて、今回鳳恵弥さんが開演の1日前に舞台を降板するという事態に見舞われたわけですが

今後どうなっていくのでしょうか?

 

1日前で代役を立てるなどの対策ができればいいですが、状況的に最悪の場合

舞台自体が中止になる可能性もありそうですね。

 

今回の舞台「結婚の条件」は鈴木砂羽さんが主演を務めている作品ですが

彼女が初めて演出を手がけている作品なんです。

 

それを考えると鈴木砂羽さんがだいぶ気合が入っていたため、周りにも厳しく当たってしまった

とも捉えられますが、ここまでの事態になってしまったからには鈴木砂羽さんにも責任があるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。