大輪好二の画像

驚きのニュースが入ってきした。

東京法務局の職員・大輪好二(おおわこうじ)が弁護士の男性に対して、民事裁判中の相手方の資料が誤って送信されたことに便乗し、現金200万円を恐喝した容疑で逮捕されたのです。

大輪容疑者は「事務所の情報漏えいがバーと出る」などと弁護士の男性を脅し、現金を要求した模様。

東京法務局の職員の愚行に「事実関係を確認した上で、厳正に対処してまいります」とコメントしているという。

今回も例によって大輪好二の顔画像がネットに公開されているのか、Facebookやインスタ、ツイッターなどのSNSはネット上に存在するのか書いていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

事件の詳細

 

事件が起きたのは2017年12月20日と21日のことだ。

公式のニュースサイトの記事によると

 民事訴訟の相手方の代理人弁護士から現金を脅し取ろうとしたとして、東京地検特捜部は20日、東京法務局職員の大輪好二(おおわこうじ)容疑者(55)=東京都小金井市=を恐喝未遂容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、大輪容疑者が当事者の私的な民事訴訟で、相手方の代理人弁護士が別の裁判に関する資料を誤って送ってきたことにつけ込み、解決金を脅し取ろうと画策。昨年12月20、21日、この弁護士に「弁護士事務所が情報漏えいしたことが(表に)出る」「知人がインターネット上で誤送付を問題化しようとしている。200万円払わないと知人を止められない」などと現金を要求したが、未遂に終わったとしている。

東京法務局によると、大輪容疑者は訟務部所属の管理職で、国が当事者となる訴訟を担当している。秋山仁美・同局長は「事実関係を確認の上、厳正に対処する」とコメントした。

引用:https://mainichi.jp/

大輪好二の画像大輪好二の画像 大輪好二の画像

出典:https://www.fnn-news.com/

別のニュースでは大輪容疑者は「200万円を払わないとあいつを止められない」などと脅していたという情報もある。法務局の職員が一体何をやっているのか。法律のプロを相手にしてこのような幼稚な行為をする大人が国の組織に存在していることにも驚きである。

 

スポンサーリンク

顔画像は?

 

さて、今回逮捕された大輪好二の顔画像はネット上に存在しているのだろうか?調べてみたが、現時点では顔画像は公開されていないようだ。

だが、法務局の職員が恐喝まがいの行為をした今回の事件。この男は今後大きな態度を取れないように、また同じような被害者をこれ以上増やさないために、顔画像をしっかりと晒すべきである。

となれば、今後犯人の護送シーンや国からの発表で顔画像が流出する可能性は十分あると思われる。またその時に追記で書いていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

SNSの特定は?

 

大輪好二の情報を知るのに最も近道なのが、彼のFacebookやインスタ、ツイッターなどのSNSの特定であろう。彼のSNSの存在を調べてみたが、同姓同名の人物のアカウントすら発見できなかった。55歳という年齢を考えるとSNSを利用しているのか微妙なところだが、ハンドルネームで登録している可能性は十分ありそうだ。

 

だが、そうなると今回逮捕された犯人だと特定するのはかなり難しくなってしまいそうだ。

スポンサーリンク

法務局員の犯罪

 

東京法務局の職員はれっきとした公務員である。国民の税金から給料をもらっているのである。しかし、決して多いとは言えない東京法務局では過去にも犯罪者が出ている。

まだ記憶に新しい2017年9月に登記申告書に貼り付けられていた収入印紙を10年間に渡り横領し、合計4億7000万円もの横領が発覚したのである。

それ以前には法務局職員の痴漢行為も発覚しており、東京法務局の職員の程度が非常に低いことが分かる。

近年は警察官などの公務員の犯罪が増加傾向にある。公務員は普通の会社員と全く別の職種だ。サラリーマンと同じような心構えで勤務しているのは、国の職員としての意識が低すぎることと、満足な教育がされてないためだろう。

 

ネット上の声

 

  • 懲戒免職で退職金がパーになることは考えなかったのですかね?恐喝は失敗して200万は得られず、しかも退職金のうん千万も失うってアホすぎる。

 

  • こういう事件を聞いても何も驚かなくなった。真面目な公務員は多く居るのに…一部で残念な輩が

 

  • 後、5年間、真面目に勤務していたら、相当の退職金が手に入ったのに、たった200万円のために、勿体無い事件だと思う。

 

  • 法務局職員で55歳だったらそれなりの給料貰ってるわけで、リスクを冒しての200万円って割りに合わないと思うけどな。
    ニュース見てると、50代後半の人が不祥事起こして解雇されるパターンが多いけど、脳が衰えて正常な判断ができなくなってるのかな?

 

  • 逆にじゃないけど、まちがえて他の依頼者の情報漏らす事務所がどこなのかが気になるw

 

  • もしかして余罪あり???
    今までは金額も小さくしてうまくいってたから調子こいて金額上げたら訴えられたって感じなのかな。
    ま、今回みたいな情報漏えいは表に出ていないだけで多々あるのかもしれないと気づかされた事件ではあるかも。。。

 

  • しかも相手が弁護士じゃないか
    情報漏洩の線から脅すにしても
    それなら法廷で争いましょーやになるに決まってる

 

  • 弁護士から「別の裁判の資料が誤って送られてきた」ことの方が問題

 

  • 最近法務局関係までこの手の輩が出できてますね。最低だと
    思います

 

  • そもそも、弁護士が資料の送付ミスをしでかすなんて脇が甘過ぎる。諸悪の根源はこの弁護士の能力のなさじゃないのか。

 

  • 50を超えた人間の考えることか。
    いろいろな損得勘定をしたら、分かりそうなもの。
    幼稚な発想から発展した事件、騒動が最近多い気がする。

 

  • 法務局員とはいえ聖人君子では無いからね。
    この手の事件は余罪有ると思うのだが、叩けば色々出てくるかもねw。

 

  • 200万で犯罪は犯せません。とりあえず億なら考える。たぶんしないけど。

 

  • 役所というところは警察も含めて闇が多い。広島の証拠現金紛失もどうなってんだか?

 

  • 法務局に勤めてたら、こんなことしたらどうなるかくらいわかるだろうに。あほとしか言いようがないわ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。