ーチバレー選手の坂口佳穂に関して、熱愛彼氏やカップのサイズが話題になっている。

 

坂口佳穂といえば、すじ画像やポロ動画なども話題になっている。

 

また実力やベイビーレイズとの関係も話題になっているようだ。

 

そこで坂口佳穂に関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や高校大学に血液型や誕生日は?
  • 熱愛彼氏の噂ってあるの?
  • 事故画像ってあるの?
  • 動画が見たい!

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

坂口佳穂のプロフィール

 

sakagutikaho7

 

【名前】:坂口佳穂

【読み方】:さかぐち かほ

【ニックネーム】:ぐっちゃん

【出身】:宮崎県串間市

【誕生日】:1996年3月25日

【星座】:おひつじ座

【年齢】:19歳(2016年2月現在)

【血液型】:O型

【デビュー】:2015年

【所属事務所】:オフィスプライヤ

【所属クラブ】:川崎ビーチスポーツクラブ

【趣味】:水泳、バレーボール、出かけること

【学歴】:武蔵野大学

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズやカップサイズは?

 

sakagutikaho6

 

【身長】:172cm

【体重】:58kg

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Cカップ(推定)

 

少時代からバレーボールをやっていただけあって172cmとアスリート向きの高身長である。

 

水着でのグラビア撮影もしているため、スリーサイズの公表もあるのかと思ったが残念ながら公表されていないようだ。

 

カップサイズに関してはC~Dという見方が多いようだが、画像から推測するにCカップだと思われる。

 

スポンサーリンク

 

坂口佳穂の経歴

 

sakagutikaho4

 

崎県串間市で生まれ育った坂口佳穂は、

4人きょうだいの長女であり双子の弟を含め下は全員男の子である。

 

父親がバレーボールチームの監督をしていた影響で、

坂口佳穂も6歳の頃からバレーボールを始めている。

 

また中学2年生からは芸能活動を開始し「BSブランチ」のBSブランチガールとして出演していた経歴を持つ。

 

 

一時バレーボールは離れていたが、大学入学を機にビーチボールに目覚め現在も所属している「川崎ビーチスポーツクラブ」のバレーアカデミー生となり、本格的にプロを目指し始めている。

 

2015年から本格的にプロツアーに参戦すると、メディアで美人ビーチバレー選手と話題になりテレビ出演が増加した。

 

 

ビーチバレー選手としてまだ大会の優勝はないが、ビーチバレー歴がまだ2年であり今後の伸び代を考えると大いに期待ができる。

 

 

スポンサーリンク

事故画像や動画はある?

 

sakagutikaho2

 

て坂口佳穂を検索で調べて見ると「事故 画像」というワードが引っかかる。

 

露出の多いビーチバレーでそういったことを期待する方が多いのだろう。

 

早くもビーチバレー界の妖精と言われている坂口佳穂だが、残念ながら事故と呼べるほどの画像は出回っていないようだ。

 

 

テレビ番組では彼女の柔軟性をアピールするために、大股を開いてのストレッチするシーンなどがありそれらの画像や動画が人気のようだ。

 

そんな坂口佳穂の事故とまでは言えないが、過激な水着姿での画像や動画をご覧いただこう。

 

坂口佳穂のファンの方はもちろんだが、そうでない方や彼女のことをあまり知らない方も必見である。

 

坂口佳穂の過激水着画像集

 

またこちらの動画もぜひご覧頂きたい。

 

▼新ビーチバレー界の妖精坂口佳穂▼

 

 

熱愛彼氏の噂は?

 

sakagutikaho3

 

人アスリートとして今後も大注目の坂口佳穂に関して、

最も気になることといえば熱愛彼氏の情報ではないだろうか?

 

このことに関して調べてみると、

坂口佳穂が1人の男性と写っている画像を発見した。

 

その画像がこちらである。

 

sakagutikaho.karesi

 

やけに仲良さそうに写っていることから。ネット上では彼氏なのか?と騒がれたが実はそうではないようだ。

 

上の画像に写っている男性、

実は坂口佳穂の双子の弟である。

 

二卵性双生児なためそっくりという程ではないが、姉弟であるため似ている部分はある。

 

 

さてそれ以外に熱愛の噂を調べてみたが、そういった話はないようである。

 

まだ19歳という年齢を考えても、今後熱愛のニュースが出てくる可能性は十分ありそうである。

 

彼女の今後の活躍に期待したい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。