いよいよ2月7日に迫ったソチオリンピックでフィギュアスケートの金メダル候補

羽生結弦選手が倒すべきライバルは、誰なんでしょうか?

 

金メダルの可能性は?強敵揃いの海外勢の有力選手は?

大会の日程は?

 

こんな疑問に答えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

羽生結弦のライバルの紹介

 

CHAN

 

名前:パトリック・チャン

国籍:カナダ

年齢:23歳(2014年現在)

身長:173cm

■主な成績

世界選手権3連覇(2011年~2013年)

GPファイナル2連覇(2011年~2012年)

カナダ選手権6連覇(2008年~2013年)

 

■パーソナルベスト

ショート:98.52(2013年)

フリー:196.75(2013年)

トータル:295.27(2013年)

 

6種類の3回転ジャンプと4回転トウループが武器で

レベル4評価のステップ、最高レベルのスケーティング

技術は、スケーターの進化形を評されている。

ショート・フリーの世界最高得点保持者でもある。

 

スポンサーリンク

 

b0038294_20564569

 

名前:エフゲニー・プルシェンコ

国籍:ロシア

年齢:31歳(2014年現在)

身長:178cm

 

■主な成績

トリノオリンピック金メダル(2006年)

世界選手権金メダル3度(2001年、2003年、2004年)

GPファイナル優勝4度(2000年、2001年、2003年、2005年)

ロシア選手権金メダル10度(1999年~2002年、2004年~2013年)

 

■パーソナルベスト

ショート:91.30(2010年)

フリー:176.52(2012年)

トータル:261.23(2012年)

 

武器は4回転からの3連続コンビネーションである。

またステップも世界最高レベルでトリノオリンピックでは

最高難度レベル4評価をただ一人うけている。

 

スポンサーリンク

 

2011_Grand_Prix_Final_Javier_FERNANDEZ

 

 

名前:ハピエル・フェルナンデス

国籍:スペイン

年齢:22歳(2014年現在)

身長:175cm

 

■主な成績

欧州選手権金メダル(2013年)

世界選手権銅メダル(2013年)

スペイン選手権3連覇(2011年~2013年)

 

■パーソナルベスト

ショート:88.80(2013年)

フリー:186.07(2013年)

トータル:274.87(2013年)

 

4回転での安定感は随一である。2012年GPファイナルの

フリーでは、3度の4回転を成功させている。

 

 

金メダル予想

 

l1060537

 

 

このメンバーで抜けだしているのは

なんといってもパトリック・チャンと羽生結弦だろう。

パーソナルベストだけ見ても、この2人は異次元の

戦いをしている。

 

他の選手が割って入るのは、かなり難しい。

ならば日本人として羽生結弦が金メダルを

取ると予想する。

 

能力はほぼ互角。パトリックのほうが経験

の面で優位であるが、大一番でも物怖じしない

羽生結弦の勝負強さにかける。

 

さらに羽生は19歳になったばかり。

世界最高点を出した全日本でも、反省の弁ばかり

聞こえた探究心と成長力があれば

絶対王者パトリック・チャンの牙城を崩すことは

十分可能であると判断する。

 

 

気になる銅メダルだが、抜けているのは地元ロシアの

英雄プルシェンコだろう。

怪我の影響でまだ本調子まで来ていないが、

そこは一時代を築いた選手である。

 

他の若い選手もいるがまだまだ勝負はできると

判断したい。

 

 

ソチオリンピックの大会日程

 

2月7日(金)開会式

2月13日(木)男子フィギュアショート(日本時間24時~)

2月14日(金)男子フィギュアフリー(日本時間24時~)

 

今回こうは書いたが、オリンピックという独特の

空気に飲まれて、実力を出せない選手もいることから、

出場するすべての選手にチャンスがあると思う。

 

 

羽生結弦には、是非ともそのプレッシャーに打ち勝って

日本男子初の金メダルを勝ち取ってほしい。